×

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
×

×は、記号の一つ。読み方は「かける」「ばつ」「ぺけ」「ばってん」「ちょめ」「クロス」「バイ」など。読み物等を音読する上では「スラー」と読むこともある。

代用として、ラテン文字「x」や「X」が使われることもある。例えば、寸法表記の「100cm x 100cm」など。

形が似た記号に「」(Ballot X, X mark, cross)があるが、日本語では「×」と「」を使い分けず共に「×」を使うことが多い。なお欧米[どこ?]では「×」に否定の意味はなく、その意味では「」を使う。

文字実体参照は「×」。TeXでは「\times」。timesは「かける」を意味する英語である。

用法[編集]

[編集]

「かける」と読むが、複数の乗算を区別する必要があるときは「クロス」と読む。

対応する和には「+」が使われる。

この記号の起源は聖アンデレの斜め十字架であるとされ乗法の記号としてこの記号が使われだしたのは17世紀に入ってからであり、最初に使ったのはウィリアム・オートレッドの著書『数学の鍵』(1648年)だった[1]

カップリング[編集]

カップリング。原則として「×」「男性×女性」の形で表す。

「かける」、「クロス」などと読む。

  • 結婚交配
  • 雑種。たとえばDianthus caryophyllus × Dianthus plumariusは、Dianthus caryophyllusの雄とDianthus plumariusの雌の雑種という意味。またこの雑種の場合、雑種自体にも学名が付いており、Dianthus ×allwoodiiとも表せる。
  • カップリング (同人)。たとえば「太郎×花子」は太郎と花子がカップルとなる物語。「(攻め)×(受け)」として書かれることもある。
  • 共著コラボレーションなどを表すことがある。
野毛山公園柳宗理のデザイン)

バツ・ペケ[編集]

否定的な意味を表す。この場合は「バツ」「ペケ」と読む。「ペケ」は横浜の外国人居留地の俗語で、マレー語の語彙から、また「べからず」の訛りともいう(言海)。逆の意味の記号は「」。

欧米ではこの意味では「」を使う(逆は「」)。

  • 不正解、不可、否定、無い。
  • 公営競技の予想では、穴(勝つ可能性があると見られている中では最も見込みが薄い選手)を表す。

その他[編集]

  • 野球ソフトボールなどでは、最終回の表で、または裏の途中で、試合が終了した場合に、スコアボードの最終回裏部分にこの記号を書く。ただし本来は、「最後まで試合を続ければ何点入ったかわからない」ということから、「未知数」を表す「X」(エックス)である。
  • 伏字。「○」「●」「」「」などと同じだが、「×」を使ったときに限り「チョメ」「チョメチョメ(複数文字の場合)」と読むことがある。また、X指定(XX指定、XXX指定)との連想からか、性的な意味あいを持つことがある。
  • 図表中の1点を示すのに使う。他の記号も使われるが、「○」等では中心が目立たず、「+」では格子線などに紛れやすい。
  • 紙のチェックボックスから選択するのに「×」を書く(本来は「」)。「」や「」や塗りつぶしと同じ。
  • カレンダーなどで、済・終了した日を上から消す際に使う。
  • 歌詞などで、「 - ×2」という言葉は、「その部分を2回くりかえす」という意味。例えば「LOVEマシーン」ならば「日本の未来は(Wow×4)」という様に「Wow wow wow wow」と言う。
  • 家紋では「筋違紋(すじかいもん)」という。
  • 特捜戦隊デカレンジャーで、有罪(デリート許可)を表す。
  • ゲーム機・PlayStationシリーズコントローラーのボタンの一つ。

×を含む言葉[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 安藤洋美、『中学数学精義』、現代数学社、2005年、73頁。ISBN 978-4-7687-0292-5 C3041

関連項目[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
× U+00D7 1-1-63 ×
×
×
乗算記号
U+2715 - ✕
✕
MULTIPLICATION X
U+2716 - ✖
✖
HEAVY MULTIPLICATION X
U+2717 - ✗
✗
Ballot X
U+2718 - ✘
✘
Heavy Ballot X
U+274C - ❌
❌
CROSS MARK