K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K k K k

Kは、ラテン文字11番目の文字。小文字は kフランス語イタリア語などでは使用せず、主に外来語で使われる。

ギリシア文字の Κ(カッパ)に由来し、キリル文字の К に相当する。

字形[編集]

1本の縦棒の途中から右上と右下に斜線が出た形である。大文字では、2本の斜線の合計の高さは縦棒と同じであるが、小文字では、半分になる。またフラクトゥールでは\mathfrak{K\ k}のようである。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素は、/k/ ないしその類似音である。フランス語やイタリア語でこの音を表すには、c や qu を用いる。音声記号として小文字は無声軟口蓋閉鎖音を表す。英語では ke, ki, ky の綴り以外では通常 c を使い、子音の前に来ることはほとんどない。また、ku はほとんど外来語にしか使わない。

使用されない言語も多いが、非ラテン文字を使用する言語をラテン文字に転記する際には /k/ またはその類似音を表すためにkが用いられることが多い。

Kの意味[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
K U+004B 1-3-43 K
K
k U+006B 1-3-75 k
k
U+FF2B 1-3-43 K
K
U+FF4B 1-3-75 k
k
全角

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]