ハラパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハラパ
Xalapa de Enríquez
Escudoxalapa.gif
市章
愛称 : La Ciudad de las Flores
位置
ハラパの位置の位置図
ハラパの位置
座標 : 北緯19度32分24秒 西経96度55分39秒 / 北緯19.54000度 西経96.92750度 / 19.54000; -96.92750
歴史
建設 1313年
建設 1772年
行政
メキシコの旗 メキシコ
  ベラクルス州
 基礎自治体 ハラパ
 市 ハラパ
地理
面積  
  市域 118.45km2
標高 1,460m
人口
人口 (2005年現在)
  市域 387,879人
その他
等時帯 中部標準時UTC-6
夏時間 中部夏時間UTC-5
郵便番号 91000
市外局番 228
公式ウェブサイト : http://www.xalapa.gob.mx/

ハラパ (Xalapa) は、メキシコ合衆国ベラクルス州州都である。

概要[編集]

ハラパはベラクルス州の中央付近に位置している。面積は118,45 km²である。人口は2005年の人口調査によると413,136人であり、ベラクルス州の都市としてはベラクルスに次ぐ人口を持つ。

ハラパの名前は、ナワトル語で「砂の中の泉」を意味するXallapanに由来する。また、ハラパはトウガラシの品種の一つハラペーニョの語源となっている。

歴史[編集]

現在公園となっているMacuiltepetl(「5つの丘」の意味)に、トトナカ人が最初に居住していた。 14世紀には、現在のハラパの土地に4つ種族が住んでいた。 彼らはそれぞれ小さな村を建設した。 トトナカ人はXalitic(「砂の中」の意味)を、チチメカ人Techacapan (「廃棄物の川」の意味)を、トルテカ人は北西地域にTecuanapan(「獣の川」の意味)を、テオチチメカス人(Teochichimecas)はTlalnecapanをそれぞれ設立した。

1313年頃、4つの村は発展し、ハラパン(Xallapan)という名の一つの大きな村を形成した。第5代アステカ王のモクテスマ1世(Moctezuma Ilhuicamina)は、15世紀後半にこの領土に侵入し、以後スペイン人のコンキスタドールがやって来るまで、アステカ帝国の一部となった。

1519年エルナン・コルテステノチティトランへの途上で、ハラパを通った。1555年ヌエバ・エスパーニャで二番目に重要な事項であった、フランシスコ会修道院の最終建設が行われた。

スペイン人が到着した時、ハラパにはほとんど人が住んでいなかった。スペインによる征服の後、メキシコ-オリザナ(Orizaba)-ベラクルスを結ぶ道ができ、交通のハブとしてのハラパの重要性は低下し、17世紀の間人口は停滞していた。しかし、1720年から商品を売買するためにユカタン半島より到着した数多くの新大陸の商人との貿易により、ハラパの重要性は徐々に増していった。当時、近郊の町に家族と共に住んでいた多くのスペイン人居住者が、ハラパにやって来て、1760年までにスペイン人とメスチソの人口は1000人を超えた。ハラパの人口が増加したことで、町の文化的、商業的な重要性が18世紀に急激に高まった。その結果、地域住民の要望に答えて、スペイン国王カルロス4世は、1791年12月18日に公式に、ハラパを町(Town)の昇格させた。

1772年に、ハラパ大聖堂の建設が開始され、1784年5月18日に完成した。

文化[編集]

ハラパ人類学博物館に展示されているオルメカ文明の巨石人頭像

ハラパはベラクルス州立大学、ハラパ大学、アナワク大学ハラパ校などの教育機関の影響を強く受けており、文化活動が盛んである。ベラクルス州立大学附属のハラパ人類学博物館にはオルメカ文明の巨石人頭像が展示されている。

市役所の近く、繁華街のフアレス公園にあるディエゴ・リベラ美術館には、ディエゴ・リベラの絵画作品のメキシコ国内最大のコレクションが展示されている。

外部リンク[編集]