交通結節点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交通結節点(こうつうけっせつてん)は、人や物の輸送において、複数の同種あるいは異種の交通手段の接続が行われる場所、複数の交通モード間の不連続点のことである[1]ハブとも呼ばれる。英語では、transportation nodeないしtraffic nodeと呼ぶ。交通工学都市工学の分野では単に結節点とよばれることもある[2]

概要[編集]

交通結節点は、「交通機関の乗り換え・乗り継ぎ」としての機能をもつほか、地域の中心拠点エリアを形成する「拠点形成」や「ランドマーク」などの機能も有する[3]

またそのあり方は、都市と郊外などの地域特性によっても異なっている[3]

さらに乗り換え機能は、人の乗り換えだけでなく、物の積み替えも含まれる。人流と物流では、交通結節点の特性は異なっている[3]

主な種類[編集]

交通結節点としての交通施設の主なものに以下のものがある。

など

脚注[編集]

  1. ^ 『道路用語辞典第3版』で定義されている。
  2. ^ 例:大森宣暁・都市交通システムの概要
  3. ^ a b c 都市交通計画会議(PDF)2013年4月閲覧
  4. ^ 国土交通省道路局・交通結節点改善

参考文献[編集]

関連項目[編集]