L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Lは、ラテン文字アルファベット)の12番目の文字。小文字は lギリシア文字Λ(ラムダ)に由来し、キリル文字Лに相当する。

字形[編集]

大文字は、縦棒の下端から右に横棒が出た形である。フラクトゥール\mathfrak{L}である。

小文字では、横棒を欠く。従って大文字の I や数字の 1 と紛らわしい。わずかにセリフによって区別することが可能で、大文字の I は上端と下端で左右両方にセリフが出るのに対し、数字の1とLの小文字 l は、上端は右にセリフが出ない。数字の 1 の上のセリフは鋭角に下に曲がっているのに対し、Lの小文字 l は左にまっすぐである。一方で筆記体では のようであり、それらと区別することが可能である。後述する単位のリットルには印刷書体でもこの書体を使うことがある。ただし今度は e の筆記体と似ており、高さでしか区別ができない。フラクトゥールでは \mathfrak{l} となる。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素は、[l](歯茎側音)ないしその類似音である。

  • イタリア語 "gli", スペイン語 "ll", ポルトガル語 "lh" は、硬口蓋側音を表す。
    • スペイン語では方言により、さまざまに変化している。"y" と同じ音を表すことも多い。
  • フランス語"-ill-"は、"ville", "mille", "tranquille" とその派生語を除き[ʝ] - [j]を表す。
  • 音節末では英語やポルトガル語では、dark Lと呼ばれる音(ウに近い音)に変化する。
  • 朝鮮語のローマ字表記では終声のに使用され、初声の場合 (r) とは区別される。

日本語はローマ字では使わないが、語頭と「」の後のら行がこの音になりやすい。

L の意味[編集]

学術関連[編集]

交通・通信関連[編集]

スポーツ・ゲーム関連[編集]

その他[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
L U+004C 1-3-44 L
L
l U+006C 1-3-76 l
l
U+FF2C 1-3-44 L
L
U+FF4C 1-3-76 l
l
全角

関連事項[編集]