グアディクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'Guadix'

Escudo de Guadix (Granada).svg

Guadix. Plaza de la Constitución.jpg
アンダルシア州
グラナダ県 (スペイン)
面積 317km²
標高 949m
人口 20,395人(2009年)
人口密度 64.34人/km²
住民の呼称 accitano/-a, guadijeño/-a
LocationGuadix (municipality).png
位置
北緯37度18分 西経03度08分 / 北緯37.300度 西経3.133度 / 37.300; -3.133

グアディクスGuadix)は、スペインアンダルシア州グラナダ県の都市。歴史的にアクシタニア地方(Accitania)と呼ばれる地域にある。

地理[編集]

シエラ・ネバダ山脈北麓にある。海からの影響は山に阻まれ、気候は大陸性の地中海性気候で、夏は暑く、冬は寒い。

歴史[編集]

洞窟住居

レヴァンテ地方とヒスパニア・バエティカの間にある自然の通商路が通っていた。かつてアウグスタ街道が通っていた。カエサルによって植民地とされ、紀元45年にはユリア・ゲメラ・アッキ(Julia Gemela Acci)と呼ばれていた。ローマ師団はこの地に入植して、原住民から妻を娶った。時が経ち、その後、この植民地は独自の通貨を鋳造するようになった。

西ゴート王国時代、グアディクス市はトレド教会会議において最も顕著な教会としての特性を獲得していた。ヒスパニアの王が重要な決定を下す、首都としての特徴も持っていた。

アルアンダルス時代、都市はアラビア語でワジ・アシュ(Wadi Ash)と呼ばれた。Wadiは川、AshとはAcciのアラビア語表記である。ナスル朝時代はシタデルを持つ33のマディーナの一つであった。

1489年にスペインに降伏し、レコンキスタ完了も、宗教的・文化的な争いが頻発した。シエラ・ネバダ山脈南山麓で起きたアルプハラス反乱は、最も大規模なものだった。フェリペ2世時代の1570年代、王はグラナダ王国の残党であるイスラム教徒を追放して、ラ・マンチャエストレマドゥーラへ入植させた。しかし、追放された人々の中には密かに舞い戻る者もおり、彼らは山肌の粘土を掘ってそこに住居を作った。スペイン・ハプスブルク家は、過酷な懲罰を加える一方で、アンシャン・レジーム体制下での都市憲章をグアディクスに授けていた。

交通[編集]

  • 道路 - A-92(グラナダ=アルメリア間)
  • 鉄道 - アルマンソラ鉄道が1985年に廃止され、現在はAdif(es)が鉄道を運営している。

外部リンク[編集]