ブレーヴェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
˘
ブレーヴェ
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

ブレーヴェは、ダイアクリティカルマークのひとつ。ルーマニア語トルコ語ベトナム語などのラテン文字を用いる言語や、ロシア語などのキリル文字を用いる言語で使用される。

JIS X 0213ではブリーブと呼んでいる。

概要[編集]

元来はラテン語の学習時に短母音であることを示すために使われた補助記号であった。 名称は「短い」を意味するラテン語 brevis に由来する。 こうした由来から、日本語では短音記号と呼ぶこともある。 とはいえ、実際には必ずしも「短音」を表すものとなってはいない。

なお、ブレーヴェと対をなす“長音記号”は、マクロンと呼ばれる。 また、類似のダイアクリティカルマークに「ハーチェク」あるいは「カロン」と呼ばれるもの(ˇ)[1]があるが関連性はなく、混同してはならない。

各言語における用法[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

ルーマニア語
ă は、非円唇中舌母音 /ə/ を表す。
トルコ語
ğ が使用されるが、実際にはほとんど発音されない。
ベトナム語
ă は、短い /a/ を表す。
エスペラント
ŭ は、/w/ を表す。

キリル・アルファベット[編集]

ロシア語ウクライナ語ベラルーシ語ブルガリア語など、キリル文字を使用するスラブ系言語の一部では、ラテン文字の i に相当する и にブレーヴェを添えた й があり、上向き二重母音 ай, ой などの後半にもっぱら使用され、/j/ を表す。 また、ソビエト連邦時代以来キリル文字を採用している中央アジアやシベリアの諸言語でもこれに準ずるほか、こうした非スラブ系言語の場合は、йӕ, йӧ などのように母音の前に置かれたりもする。

й 以外には以下のものがある。

ベラルーシ語
ў が使われ、/w/ を表す。
ルーマニア語(キリル文字表記、沿ドニエストル共和国で現在も公式に使用)
ӂ が使われ、/dʒ/ を表す。
チュヴァシュ語
ă, ӗ が使われる。

音声記号[編集]

国際音声記号では、「きわめて短い音」を意味する補助記号である。

その他の用法[編集]

h に下つきのブレーヴェを加えた は、セム諸語ヒッタイト語などの翻字に用いられる。

朝鮮語のローマ字表記法のうち、マッキューン=ライシャワー式では ŏ, ŭ を使用する。

符号位置[編集]

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アキュート・アクセントが付いた各種文字)が含まれています詳細
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
˘ U+02D8 1-10-2 ˘
˘
ブリーブ
BREVE
̆ U+0306 1-11-55 ̆
̆
ブリーブ(合成可能), 超短
COMBINING BREVE
̮ U+032E - ̮
̮
COMBINING BREVE BELOW
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ă U+0102 1-10-26 Ă
Ă
ă U+0103 1-10-41 ă
ă
ルーマニア語
ベトナム語
ブルガリア語の音写
U+1EAE Ắ
Ắ
U+1EAF ắ
ắ
ベトナム語
U+1EB0 Ằ
Ằ
U+1EB1 ằ
ằ
ベトナム語
U+1EB2 Ẳ
Ẳ
U+1EB3 ẳ
ẳ
ベトナム語
U+1EB4 Ẵ
Ẵ
U+1EB5 ẵ
ẵ
ベトナム語
U+1EB6 Ặ
Ặ
U+1EB7 ặ
ặ
ベトナム語
Ĕ U+0114 Ĕ
Ĕ
ĕ U+0115 ĕ
ĕ
U+1E1C Ḝ
Ḝ
U+1E1D ḝ
ḝ
Ğ U+011E Ğ
Ğ
ğ U+011F ğ
ğ
トルコ語
U+1E2A Ḫ
Ḫ
U+1E2B ḫ
ḫ
Ĭ U+012C Ĭ
Ĭ
ĭ U+012D ĭ
ĭ
Ŏ U+014E Ŏ
Ŏ
ŏ U+014F ŏ
ŏ
Ŭ U+016C 1-10-62 Ŭ
Ŭ
ŭ U+016D 1-10-68 ŭ
ŭ
エスペラント
古代教会スラブ語の音写

脚注[編集]

  1. ^ 形状に丸みのあるブレーヴェとは違い、下中央が尖っている。