チルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
~
チルダ
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

チルダ (tilde) は、チルドともいい、記号「~」のこと。スペイン語ではティルデ (tilde)、ポルトガル語ではティウ (til) と呼び、鼻音に関する音をあらわすダイアクリティカルマークの一種として使われる。もともと、字母の上に N を小さく書いたことから生じた記号である。

また、単独で用いられるチルダ (freestanding tilde) は、例えば数学においては「ほぼ等しい (similar to)」を表す記号として、UNIXオペレーティングシステム上ではホームディレクトリを示す記号などとして用いられる。

JIS X 0213の名称は、チルド

各言語における用法[編集]

スペイン語、バスク語など
ñ は硬口蓋鼻音 /ɲ/ を表す。詳しくは Ñ を参照。
ポルトガル語
ã, õ は鼻母音を表す。
エストニア語ヴォロ語
õ は非円唇後舌半狭母音[ɤ]を表す。
グリーンランド語
1973年以前の旧正書法には ã, ĩ, ũ があり、母音が長く、かつ後続する子音が長子音であることを示していた。現在は母音字と後続する子音字を重ねることで表す。
クリミア・タタール語
ñ は 軟口蓋鼻音 /ŋ/ を表す。
リトアニア語
正書法上は使用しない。上昇調の高低アクセントを持つ長い音節を表すのに用いられる。母音のほか l, m, n, r の上にもつけられる。辞書や学習書・研究書・およびアクセント記号なしではあいまいになる語を区別する目的で使用される。
ラトビア語
正書法上は使用しない。平板調の声調を表す声調記号として学術書で用いられる。
ベトナム語
ガーという声調を表す。ã, ẫ, ẵ, ẽ, ễ, ĩ, õ, ỗ, ỡ, ũ, ữ, ỹ がある。

音声記号[編集]

国際音声記号の補助記号として使われる。

  • 母音の上部に付されると、母音の「鼻音化」をあらわす。
  • 文字の下部に付されると、きしみ音をあらわす。
  • 文字に重ねると、軟口蓋化または咽頭化をあらわす。

単独に用いられるチルダ[編集]

単独で用いられるチルダ (freestanding tilde) は、数学においては「≒」などと同様に近似や「ほぼ等しい (similar to)」を表す記号として使われる[1]

  • 「ほぼ等しい」例:x \sim 0
  • 「確率変数が特定の確率分布に従う」例:\boldsymbol{w}_k \sim \mathcal{N} (\boldsymbol{0}, Q_k)

また、X-SAMPAにあっては鼻音化を表す記号として使われている。

コンピュータ[編集]

単独のチルダはASCIIに含まれ、キーボードから容易に入力できることから、コンピュータ上においては非常に頻繁に使われる。また、多くのプログラム言語などで特定の役割を与えられている。以下はその例。

  • UNIXオペレーティングシステムでは、チルダはホームディレクトリを表す文字として用いられる(“~”単体で自身のホームディレクトリ、“~ユーザ名”でそのユーザのホームディレクトリ)。また、URLではしばしばユーザ別ホームディレクトリを表す記号として用いられる(例: http://www.example.com/~username/)。
  • C言語、およびそれに影響を受けた言語の多くでは、ビットごとのNOTを取る単項演算子として定義されている。
  • C++では、クラス名の頭に付けることでデストラクタを表す。
  • D言語では、クラス内で ~this と表記することでC++と同様デストラクタを表し、2つの配列~ で繋ぐと配列を連結する働きを持っている[2]
  • awkPerlなどいくつかの言語においては、正規表現マッチングを行う =~ 演算子(awk では ~)と、その否定として !~ 演算子が用意されている。

なお、コンピューター上におけるこの文字の字形は、ダイアクリティカルマークとしての伝統に則って上方に寄せてデザインされている場合と、ハイフンなどと同様に中央の高さにデザインされている場合とがある。また、上に寄せた場合には波打たない直線の形にデザインされるものもある。

符号位置[編集]

チルダとされるUnicode上の文字および文字参照は次の通り。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
~ U+007E 1-2-18 ~
~
チルド
TILDE
˜ U+02DC - ˜
˜
˜
SMALL TILDE
˷ U+02F7 - ˷
˷
LOW TILDE
̃ U+0303 1-11-93 ̃
̃
チルド(合成可能), 鼻音化
COMBINING TILDE
̰ U+0330 1-11-83 ̰
̰
下チルド(合成可能), きしみ音
COMBINING TILDE BELOW
̴ U+0334 1-11-85 ̴
̴
チルドオーバーレイ(合成可能), 軟口蓋化あるいは咽頭化
COMBINING TILDE OVERLAY
U+223C - ∼
∼
∼
TILDE OPERATOR
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
à U+00C3 1-9-26 Ã
Ã
Ã
ã U+00E3 1-9-57 ã
ã
ã
ポルトガル語グリーンランド語ベトナム語
U+1EAA - Ẫ
Ẫ
U+1EAB - ẫ
ẫ
ベトナム語
U+1EB4 - Ẵ
Ẵ
U+1EB5 - ẵ
ẵ
ベトナム語
U+1EBC - Ẽ
Ẽ
U+1EBD - ẽ
ẽ
ベトナム語
U+1EC4 - Ễ
Ễ
U+1EC5 - ễ
ễ
ベトナム語
Ĩ U+0128 - Ĩ
Ĩ
ĩ U+0129 - ĩ
ĩ
グリーンランド語、ベトナム語
U+2C62 - Ɫ
Ɫ
ɫ U+026B 1-10-84 ɫ
ɫ
国際音声記号
Ñ U+00D1 1-9-40 Ñ
Ñ
Ñ
ñ U+00F1 1-9-71 ñ
ñ
ñ
スペイン語など多数
Õ U+00D5 1-9-44 Õ
Õ
Õ
õ U+00F5 1-9-75 õ
õ
õ
ポルトガル語、ベトナム語、エストニア語
U+1ED6 - Ỗ
Ỗ
U+1ED7 - ỗ
ỗ
ベトナム語
U+1EE0 - Ỡ
Ỡ
U+1EE1 - ỡ
ỡ
ベトナム語
Ȭ U+022C - Ȭ
Ȭ
ȭ U+022D - ȭ
ȭ
U+1E4C - Ṍ
Ṍ
U+1E4D - ṍ
ṍ
U+1E4E - Ṏ
Ṏ
U+1E4F - ṏ
ṏ
Ũ U+0168 - Ũ
Ũ
ũ U+0169 - ũ
ũ
グリーンランド語、ベトナム語
U+1EEE - Ữ
Ữ
U+1EEF - ữ
ữ
ベトナム語
U+1E78 - Ṹ
Ṹ
U+1E79 - ṹ
ṹ
U+1E7C - Ṽ
Ṽ
U+1E7D - ṽ
ṽ
U+1EF8 - Ỹ
Ỹ
U+1EF9 - ỹ
ỹ
ベトナム語

全角チルダ[編集]

この文字の全角 (fullwidth tilde) は「~」であり、UnicodeにおけるコードはU+FF5Eである。この文字は波ダッシュ」(すなわち範囲などを表す「波線」)と字形が似ているが、UnicodeやJIS X 0213では別の文字である。Windows OSでは波ダッシュの代用として全角チルダが使われるので混乱の元となっている。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+FF5E 1-2-18 ~
~
fullwidth tilde
全角チルダ
U+301C 1-1-33 〜
〜
wave dash
波ダッシュ

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]