庵点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
庵点

庵点(いおりてん)「〽」は、日本語で、歌のはじめなどに置かれる約物のひとつ。歌記号ともいう。古来の謡本や連歌などにおいて目印として使われていた。ユニコードではU+303Dのコードを、JIS X 0213では1-3-28のコードを持つ。

形態については、図のように山が二つあるものを庵点、山が一つの「へ」のような形のものを合点(がってん)と呼ぶという説もある。

井筒の謡本

謡曲本(謡本)においては、能の役柄であるシテ、ワキ、地謡などの役割がかわるところで、語句の頭に使われる。少なくとも明治時代以降の謡曲本では「へ」の字型のものが使われ、2008年現在もそれを踏襲している。「庵点」と「合点」の使い分けがされていたのか、同じものを「合点」「庵点」と呼んでいたのかは、明らかではない。

現代文では、散文中に歌詞を記述する際に、歌詞部分の冒頭に配置して散文との区分とする用法が一般的。ただし、コンピューター上では、庵点が文字コード規格のJIS X 0208に含まれなかったことから、ウェブ電子メールなどにおいて、JIS X 0208に含まれている「」が歌記号として用いられることが多い。

庵点は近代になって『「』(始め鉤括弧)の元になったといわれている。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+303D 1-3-28 〽
〽
歌記号、庵点