£

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
£

£(ポンド、リラ)は、通貨記号ポンドリラで使う(あるいは使った)。

由来は、古代ローマの通貨リーブラ (libra) の頭文字 L。リーブラは本来は天秤を意味し、そこから、質量の単位、質量1リーブラのの価値と変化した。

$の縦棒や¥の横棒のように、横棒が1本のときと2本のときがあるが、意味は同じである。

使用状況[編集]

個々の国の通貨によって使用頻度には差があり、まったく使わない通貨もある。

イギリス・ポンドイタリア・リラアイルランド・ポンド(プント)には、よく使う(使った)。これらの国では、「£100」のように、数字の前にスペースを入れずに使う(使った)。

イスラエル・リラ(イスラエル・ポンド)には、イスラエルの頭文字を添えた I£ を使うことがあった[1]エジプト・ポンドにも同様に、エジプトの頭文字Eを添えた E£ や £E を使うことがあるが希で、LE を使うことが多い。

トルコ・リラ新トルコ・リラにはほとんど使わず、それぞれ TL、YTLを使う(使った)。

コンピュータでの扱い[編集]

イギリスの古い文字コードであるBS 4730ISO/IEC 646 GB)は、0x23に £ を割り当てていた。0x23はASCIIなら「#」なので、£ のないASCIIでは代用として#を使うことがある。

HTML文字参照では、£ で £ を表示できる。

Unicodeでは、ポンド記号とは別にリラ記号が定義されているが、リラの意味でもポンド記号を使うべしとなっている。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
£ U+00A3 1-1-82 £
£
£
ポンド記号
U+FFE1 - £
£
ポンド記号(全角)
U+20A4 - ₤
₤
リラ記号

参考文献[編集]

  1. ^ イスラエル銀行による貨幣カタログ・1リラ札