アゼルバイジャン・マナト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゼルバイジャン・マナト
Azərbaycan manatı(アゼルバイジャン語)
1マナト紙幣(表面) 1マナト紙幣(裏面)
1マナト紙幣(表面) 1マナト紙幣(裏面)
ISO 4217コード AZN
使用国・地域 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
ナゴルノ・カラバフを除く)
インフレ率 20.2%
情報源 アゼルバイジャン国立銀行
(2008年1 - 6月期/前年比)
指数 CPI
補助単位
1/100 ケピック
通貨記号 Azeri manat symbol.svg, m, man. もしくは ман.
硬貨 1、3、5、10、20、50ケピック
紙幣 1、5、10、20、50、100マナト
中央銀行 アゼルバイジャン国立銀行
ウェブサイト www.nba.az


マナトアゼルバイジャン語: manat)はアゼルバイジャン通貨単位。ISO 4217コードはAZNである。補助通貨はケピック(アゼルバイジャン語: qəpik)で、1マナト=100ケピックである。マナトとはロシア語で硬貨を意味するモネタ(ロシア語: монета、Moneta)からの借用語である。旧ソ連時代には、ルーブル紙幣の裏側にトルクメン語アゼルバイジャン語でマナトと書かれていた。

アゼルバイジャン・マナトの記号であるAzeri manat symbol.svgは、Unicode 7.0で規定された。mやman.ман.などの文字で代用されることもある。

第1期:1919年 - 1923年[編集]

アゼルバイジャン民主共和国アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国によって、1919年から1923年の間に独自の通貨が発行された。この通貨はアゼルバイジャンではマナト、ロシアではルーブルと呼ばれた。後にアゼルバイジャンがザカフカース・ソビエト連邦社会主義共和国の一部となると、ザカフカース・ルーブルに替わった。この時期のアゼルバイジャン・マナトには補助通貨がなく、また紙幣しか発行されなかった。

紙幣[編集]

民主共和国は25、50、100、250、500マナト紙幣を、社会主義共和国は5、100、1000、5000、10000、25000、50000、100000、250000、100万、500万マナト紙幣を発行した。

第2期:1992年 - 2006年[編集]

第2期のマナトは1992年8月15日に導入された。ISO 4217コードはAZMだった。流通していたロシア・ルーブルと10ルーブル=1マナトで交換された。2002年初頭から2005年初頭までマナトの為替レートは1アメリカ合衆国ドル=4770 - 4990マナトとほぼ一定に推移してきた。しかし2005年春頃から、原油価格の上昇とオイルマネーの流入によりマナトの価値が上がり続け、2005年末には1ドル=4591マナトとなった。100マナト以下の紙幣は2005年に廃止された。

硬貨[編集]

旧マナトの硬貨

1992年と1993年に5、10、20、50ケピックの硬貨が発行された。1992年に発行された硬貨には真鍮白銅が使われていたが、その後はアルミニウム製になった。

紙幣[編集]

次の種類の紙幣が発行され、流通した。

  • 1、5、10、250マナト(1992年発行)
  • 50、100、500、1000マナト(1993年発行)
  • 10000マナト(1994年発行)
  • 50000マナト(1996年発行)

1マナトから250マナトの紙幣には、バクーにあるメイデンタワーが描かれている。

第3期:2006年 -[編集]

2006年1月1日、かつての5000マナトを1とする新しいマナトの流通が始まり、ISO 4217コードもAZNと改められた。2005年10月1日以降、価格は新旧のマナトで表示されるようになった。ISO 4217コードがAZMの旧マナトは2006年12月31日に廃止された。

硬貨[編集]

1、3、5、10、20、50ケピックの硬貨が発行された。

紙幣[編集]

1、5、10、20、50、100マナトの紙幣が流通している。デザインしたのは、ユーロの紙幣のデザインも担当したオーストリア人のロバート・カリーナである。紙幣はユーロ紙幣と似ており、モチーフの選択も類似している。

第3期マナトで発行された紙幣
額面 大きさ 図柄
テーマ 表面 裏面
1 マナト 120 × 70 mm 文化 アゼルバイジャンのフォークソングの楽器 古代のアゼルバイジャンのカーペットの飾り
5 マナト 127 × 70 mm オレンジ 文学 アゼルバイジャンの古代の作家、詩人、本 ゴブスタンの岩画、突厥文字
10 マナト 134 × 70 mm 歴史 旧バクーのメイデンタワー、シルヴァンシャー宮殿 古代のアゼルバイジャンのカーペットの飾り
20 マナト 141 × 70 mm カラバフ地方 力の印 平和の印
50 マナト 148 × 70 mm 歴史と未来 若者、椅子(進歩の象徴)、太陽(力と光の象徴)、化学と数学(科学の象徴) 古代のアゼルバイジャンのカーペットの飾り
100 マナト 155 × 70 mm 経済と発展 マナトの記号Azeri manat symbol.svg 古代のアゼルバイジャンのカーペットの飾り

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20BC ₼
₼
アゼルバイジャン・マナト記号[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Google Noto Fontsで入手できる「Noto Sans Symbols」、Unicode Fonts for Ancient Scriptsで入手できる「Symbola」や、Quiviraで入手できる「Quivira」(4.1以降)、和田研細丸ゴシック2004フォントの公開で入手できる「和田研細丸/中丸ゴシック2004絵文字」、にしき的フォントで入手できる手書きのポップ体「Nishiki-teki」、sil.orgで入手できる「Doulos SIL」が対応している。

関連項目[編集]