西アフリカ・ポンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西アフリカ・ポンド(West African pound)は主に西アフリカのイギリス植民地保護領信託統治領で使用されていた通貨である。 UKポンドと等価であった。現在では全て他の通貨に置きかえられている。

歴史[編集]

西アフリカ・ポンドは1907年にナイジェリアゴールド・コースト(現在のガーナ)、ガンビアシエラレオネにて流通が開始された。1912年より西アフリカ通貨連盟(West African Currency Board)により発行される。1907年に、リベリアでもリベリア・ドルに替わって西アフリカ・ポンドが導入された。リベリアでは1943年にUSドルに切替られた。1916年、それまでドイツ領であった英領カメルーンにも西アフリカ・ポンドが導入された。

1958年から1968年の間に、新しく独立した国々において、別の通貨に置き換えられた。交換レートは次の通り。

新通貨 交換レート
対ポンド
ガーナ 1958 ガーナ・ポンド 1
ナイジェリア 1958 ナイジェリア・ポンド 1
英領カメルーン 1961 CFAフラン 700
シエラレオネ 1964 レオン 2
ガンビア 1968 ガンビア・ポンド 1

関連項目[編集]