ペセタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペセタ (peseta) は、1998年12月31日まで発行されていたスペイン、およびアンドラ通貨単位。国際通貨コード(ISO 4217)は、ESP。通貨記号は、

200ペセタ硬貨

1999年からスペインはユーロを通貨単位として使用することになり、2002年1月に紙幣とスペイン独自のユーロ硬貨が発行された。対ユーロのレートは1ユーロ=166.386ペセタとされた。2002年3月1日に、ペセタは通貨単位として使用停止になった。ペセタのユーロへの交換に期限は設けられていない。スペインの500ペセタ硬貨は発行当初約700円の価値を有し、スイスの5フラン硬貨と並んで流通硬貨では世界で最高額の硬貨であった。

語源は、カタルーニャ語で小さな物を意味するペセタ (peceta) である。

対ドル為替レート(1996年-1998年)
対円為替レート(1996年-1998年)

記号の符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20A7 ₧
₧
ペセタ記号

関連項目[編集]