ポルトガル領ティモール・パタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポルトガル領ティモール・パタカ1894年から1958年までポルトガル領ティモール(現在の東ティモール)で流通していた通貨単位である。ただし第二次世界大戦中の日本軍がこの地域を占領していた1942年から1945年の間はオランダ領インド・ギルダーおよびオランダ領インド・ルピアが通用していた。

導入当初はマカオ・パタカが使用されていたが、1910年以降にティモール用の紙幣が発行された。ポルトガル領ティモール・パタカは1958年ポルトガル領ティモール・エスクードに、1パタカ=5.6エスクードのレートで置き換えられた。