リエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リエル
រៀល
ISO 4217コード KHR
使用国・地域 カンボジアの旗 カンボジア
インフレ率 19.7%
情報源 The World Factbook, 2008年
補助単位
1/10 kak
1/100 sen
通貨記号
硬貨
流通は稀 50, 100, 200, 500 リエル
紙幣
広く流通 100, 200, 500, 1000, 2000, 5000, 10 000 リエル
流通は稀 50, 20 000, 50 000, 100 000 リエル
中央銀行 カンボジア国立銀行
ウェブサイト nbc.org.kh


リエル

リエル (Riel) は、カンボジアの公定通貨[1]

概要[編集]

ポル・ポト政権下の1978年[1]一旦廃止されたが、同政権崩壊後の1980年[1]カンボジア国立銀行が設立されリエルも復活[2]。但し民主カンプチアにおいても貨幣が存在していたという説もある[3]

カンボジア経済の実態と比較してリエルの為替レートが高めに設定されており、特に輸出においては不利な状況におかれるため、カンボジア国内であっても中産階級や富裕層の間では一般に、もっぱら米ドルが使用されているのが実状[2]だが、農村部では一般に現金所得の低い人々が多いこともあって、リエルのほうが広く利用されている。また、公務員の給与はリエル払いが原則である。買い物時に米ドルで支払い、おつりが1米ドル未満の場合はリエルで戻ってくる。

  • 1米ドル=4001リエル(2012年)→市中では便宜的に1ドル=4000-4500リエルで換算。コンビニエンスストアなどではカウンターに「当店では1ドルを4100リエルとします」のような但し書きが貼られていることが多い。

歴史[編集]

リエル(1953年-1975年)[編集]

1953年に「カンボジア・ラオス・ベトナム国立発券局(Institut d'Émission des États du Cambodge, du Laos et du Vietnam)」カンボジア支店が仏領インドシナ・ピアストルリエルの両通貨(ピアストルとリエルは等価)で紙幣を発行した[4]。当時、発券局は南ベトナムにおいてはドンで、ラオスではキープで同様の発券を行なった。リエルは当初、補助貨幣を1リエル=100サンチームとしたが、1959年に100セン (សេន)に置き換えた。導入後数年はピアストルも流通していた。

クメール・ルージュ時代(1975年-1980年)[編集]

クメール・ルージュは紙幣を印刷したが、それらは貨幣として流通することはなかった。政権奪取後は貨幣自身を廃止した。

リエル(1980年-)[編集]

1978年のベトナム軍の侵攻後、1980年4月よりリエルがカンボジアの通貨として復活、当初は1米ドル=4リエルの為替レートで導入された。補助通貨は1リエル=10カク(កាក់) 及び100セン (សេន)。発行時、国の荒廃と経済破綻のため貨幣自体が市中に存在しておらず、使用を推奨するため政府は新紙幣を無償配布した。

記号の符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+17DB ៛
៛
リエル記号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c "カンボジア" Microsoft Encarta Online Encyclopedia 2009, http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_761570298_3/content.html#s10 1997-2009 Microsoft Corporation, 2009-08-28閲覧. 'IV 経済 3 通貨と外国貿易'
  2. ^ a b 工藤剛 (2007), カンボジア通信: 合気道事始めイン・カンボジア, 文芸社, pp. 102-104, ISBN 9784286032313 
  3. ^ http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/poru00.html
  4. ^ A Brief History of Cambodian Currency