セント (通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セント (cent) は、アメリカ合衆国ユーロ圏など多くの国で使われている補助通貨

ラテン語で「100」を意味するcentum(ケントゥム)が語源で、基本通貨の名称は違ってもどの国でも基本通貨の1/100である。

記号[編集]

通貨記号¢、またはc。基本的にどちらも使えるが、どちらが多いかは国によって違い、たとえばアメリカ合衆国やカナダでは¢、ユーロ圏やオーストラリアニュージーランドではcが多い。なお、¢はセント以外にセンターボなどでも使う。

基本通貨の通貨記号を「$10」のように数字の前に書くか後に書くかは国によって違うが、¢やcは原則として「10¢」のように数字の後に書く。

¢やcを使わず、「$0.10」のように基本通貨と2桁の小数で表すこともある。特にユーロ圏では「€0.10」のようにすることが多い。€と¢ともに形状がCに似ているため、セントを記号で表記するとかえって判読しにくくなる為。

各国のセント[編集]

エストニアセント以外はつづりはcent。

類似の補助通貨[編集]

似た名称で基本通貨の1/100の補助通貨を挙げる。

多くはセントと同じくラテン語のcentumもしくは同じ語源の100を意味する言葉か、あるいは直接にはセントに由来する。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
¢ U+00A2 1-1-81 ¢
¢
¢
CENT SIGN
U+FFE0 - ¢
¢
FULLWIDTH CENT SIGN
U+3323 1-13-44 ㌣
㌣