東カリブ諸国機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東カリブ諸国機構(ひがしカリブしょこくきこう、Organisation of Eastern Caribbean States, OECS)は、1981年に設立された、東カリブ海諸国の経済統合などを目的とした政府間組織である。1983年には米国と共にグレナダに侵攻した。また、ハリケーンなどの天災が発生した場合には、救援を行うことがある。東カリブ・ドルを発行している。OECSの事務局はセントルシアカストリーズに設置されている。

加盟国[編集]

但しアンギライギリス領ヴァージン諸島、およびモントセラトは国ではなくイギリスの植民地である。