バーティカルバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
|
¦

バーティカルバー(英語: Vertical bar)は、約物のひとつで、「|」と書き表される。縦線とも呼ばれる。

バーティカルバーの中央が切断されている記号はブロークンバー(英語:Broken bar)といい、「¦」と書き表せる。 この文字はラテン文字の「I(アイ)」や「l(エル)」などとの区別のために作られた文字で、バーティカルバーの代わりにブロークンバーが用いられることがある。破断線とも呼ばれる[要出典]

特に、コンピュータ言語数学などで主に使用され、手紙や一般的な書物で使用されることは少ない。

数学における用途[編集]

  • |x|の形で、絶対値の記号として用いる。
  • {x|x<2}の形で、定義を表す。
  • P(A|B)の形で、「Bという条件のもとでAとなる確率」という条件付き確率を表す。

コンピュータにおける用途[編集]

プログラムにおける用途[編集]

多くのプログラム言語ではビット和の演算子や論理和の演算子として用いる。

発音記号における用途[編集]

国際音声記号で歯吸着音を表す。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
| U+007C 1-1-35 &#x7C;
&#124;
縦線
U+FF5C 1-1-35 &#xFF5C;
&#65372;
縦線(全角)
¦ U+00A6 1-9-5 &brvbar;
&#xA6;
&#166;
破断線
U+FFE4 1-9-5 &#xFFE4;
&#65508;
破断線(全角)