欧州通貨単位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

欧州通貨単位 (おうしゅうつうかたんい)は、通貨単位ユーロに先立ち、1979年3月13日から1998年12月31日までの間、ヨーロッパ共同体 (EC) および欧州連合 (EU) で使われていたバスケット通貨である。通貨記号はEとCを合成した (U+20A0)、ISO 4217通貨コードはXEU。

英名European Currency UnitからECU(エキュ、エキュー)と略されるが、フランス革命前まで使われていた銀貨エキュ (écu) に似ており(多くの言語では発音は同じ)、またEC Unitとも読むことができる名称となっている。

概要[編集]

1979年3月13日、欧州通貨制度 (EMS) に基づき、加盟国の為替レートを固定し、将来的には通貨統合をおこなう目的で導入された。

1989年ベルギーが発行したECU金貨銀貨を最初として、ジブラルタルセント・トーマス・プリンセスフランスボスニア・ヘルツェゴビナマルタなどでECU貨幣が発行された。

1999年1月1日、ユーロに取って代わられた。レートは1 ECU = 1ユーロである。ただし、ECUバスケットに参加していたイギリスデンマークユーロ圏には加わらず、ECUバスケットに参加していなかったフィンランドオーストリアが新たにユーロ圏に加わった。

当初は通貨統合後の統一通貨もまたECUと仮称されていたが、1995年マドリードでのEU首脳会議で、ユーロとすることが決定された。先述したフランスの銀貨「エキュ」と酷似した名称にドイツが難色を示したためである。

記号の符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20A0 - ₠
₠
欧州通貨単位