カナダドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダドル
Canadian dollar (英語)
Dollar canadien (フランス語)
カナダドル紙幣
カナダドル紙幣
ISO 4217コード CAD
公式使用国・地域 カナダの旗 カナダ
非公式使用国・地域 サンピエール島・ミクロン島の旗 サンピエール島・ミクロン島 (フランス) (ユーロも使われる)
インフレ率 3.1% (2011)
情報源 The World Factbook, 2009年
補助単位
1/100 セント
通貨記号 $ もしくは C$
セント ¢
通称 Loonie, buck (英語)
Huard, piastre (フランス語)
硬貨
広く流通 1, 5, 10, 25¢, $1, $2
紙幣
広く流通 $5, $10, $20, $50
流通は稀 $100
中央銀行 カナダ銀行
ウェブサイト www.bankofcanada.ca
紙幣製造 Canadian Bank Note Company, BA International Inc.
硬貨鋳造 Royal Canadian Mint
ウェブサイト www.mint.ca

カナダドル(英語:Canadian dollar、仏語:Dollar canadien)は、カナダ通貨である。記号は通常ドル記号「$」で示され、他のドル通貨と区別するために「C$」と記することもある。ISO 4217でのコードはCAD。1カナダドルは100セント(¢)。

2011年現在、カナダドルは国際為替取引において世界で7番目に取扱量の多い通貨となっている[1]

歴史[編集]

カナダポンドからカナダドルへ[編集]

1841年、カナダ植民地(Province of Canada)はハリファックス・レートに基づく新しい為替制度を導入した。新しく制定されるカナダポンドは4USドル92.88グレーン)と等価とし、1スターリング・ポンド(英ポンド)が1カナダポンド4シリング4ペンスと等価、になるように定めた。つまり、1カナダポンド=16英シリング5.3ペンス(スターリング)。

1850年代には、スターリング・ポンド(当時16進法)に基づく通貨制度を導入するか、USドルに基づく十進法の通貨制度を導入するかで激論が起こった。隣国アメリカ合衆国との交易が急増している現地民は実務的な理由からアメリカの通貨制度に合わせたいと主張し、本国ロンドンの当局では大英帝国全般でスターリング・ポンドに基づく通貨で統一するべきと依然として主張していた。1851年に、カナダ植民地立法評議会(Legislative Council of the Province of Canada、上院に当たる)とカナダ植民地立法議会(Legislative Assembly of the Province of Canada、下院に当たる)は、十進法の補助貨幣を持つスターリング・ポンドを導入する法律を可決。硬貨はUSドルの補助貨幣(硬貨)の額面に合わせた十進法単位の案であった。

1853年、妥協案として立法評議会と立法議会は、イギリスのソブリン金貨とアメリカ合衆国のイーグル金貨の両方に基づく金本位制をカナダに導入する法律を可決した。この際の交換レートはソブリン金貨1ポンドに対してイーグル金貨US$4.86 23であった。1853年の法律では補助貨幣についての記載はなかった。ソブリン金貨のみを法定通貨としその他の銀貨は廃止された。イギリス政府は原則的にこの十進法に基づく通貨制度を承認したが、にもかかわらず、スターリング・ポンド制度の導入への望みを捨てなかった。しかし1857年にはアメリカ合衆国の十進法に基づく通貨制度に合わせた「カナダドル」貨幣制度導入が決まった。この「カナダドル」通貨の導入は1858年になったが、これでカナダの通貨制度はアメリカの通貨と連携したものとなった(但しUSドルと英ポンドの交換レートは、この時から1990年代後半まで1英ポンド=4.86 23USドルと言うレートで続くこととなった)。1859年に、カナダで初めて十進法の額面の郵便切手が発行された。

1861年、ニューブランズウィックノバスコシアが、カナダ植民地の決定に合わせてUSドルに合わせた十進法の通貨(ドル)制度を導入し、翌年カナダにおいてもドル・セント表記の郵便切手が発行された。

ニューファンドランドも1865年に十進法貨幣(ドル)に基づく金本位制を導入。但しカナダ植民地、ニューブランズウィック、ノバスコシアのケースと異なり、USドルではなくスペインドルに基づく通貨とし、少し為替レート等も差異があった。そもそもUSドルは1792年にすり減ったスペインドル硬貨を元に算出されたので、スペインドルはUSドルに比べ少し安く、ニューファンドランド・ドルも存在している間はカナダドルに対しその分少しだけ価値が低かった。ニューファンドランドは大英帝国の中で唯一独自の金貨を持つ植民地であった。ニューファンドランドの2ドル金貨は、ニューファンドランド金融危機の起きる直前の1894年にカナダドルが導入されるまで、断続的に鋳造された。

カナダ植民地、ニューブランズウィック、ノバスコシアは1867年に統合し、カナダ連邦(Dominion of Canada)が成立。カナダドル、ニューブランズウィック・ドル、ノバスコシア・ドルが融合し、カナダドルに統一された。

1871年、プリンスエドワードアイランドがドル通貨を導入、1セント硬貨を発行したが、まもなくプリンスエドワードアイランドがカナダ連邦に参加したためカナダドルに統合された。

カナダで使用された通貨
通貨 年代 英ポンドでの価値 カナダドルでの価値
カナダポンド 1841年–1858年 16シリング5.3ペンス $4
カナダドル 1858年–現在 4シリング1.3ペンス $1
ニューブランズウィック・ドル 1860年–1867年
ブリティッシュコロンビア・ドル 1865年–1871年
プリンスエドワードアイランド・ドル 1871年–1873年
ノバスコシア・ドル 1860年–1871年 4シリング $0.973
ニューファンドランド・ドル 1865年–1895年 4シリング2ペンス $1.014
1895年–1949年 4シリング1.3ペンス $1

1871年4月に連邦議会で可決された統一通貨法(Uniform Currency Act)[2]により、各地方ごとの通貨の流通を終了し全国共通のカナダドルに置き換えることとなった。第一次世界大戦中には金本位制を一時的に停止し、1933年4月10日には完全廃止となった。第二次世界大戦勃発にあたり、USドルとの交換レートはC$1.10 = US$1.00に固定された。1946年に等価(C$1 = US$1)に改定され、1949年に英ポンドが下落しカナダドルの価値も合わせて下落することとなったため、C$1.10 = US$1.00のレートに再改定された。その後、1950年にカナダ政府はカナダドルを変動相場制に移行し、1962年にはC$1.00 = US$0.925のレートでUSドルにペッグした固定相場制に戻した。この固定相場制は1970年まで続き、その後再び変動相場制に移行し現在に至る。

紙幣[編集]

2011年 ポリマーシリーズ[編集]

2011年11月に発行された100ドル札を皮切りに、新紙幣「ポリマー」シリーズ[3]への移行を開始すると発表になった。その理由として2004年の統計では100万枚に対して470枚の偽造紙幣が発覚したのが大きな理由であった。2010年には、偽造紙幣の比率は100万枚に対して35枚に減少したが、ポリマー紙幣に移行の準備が進んでいた為、最初の方針通り、すべての紙幣をポリマー化することが決定された。100ドル紙幣に続いて50ドル紙幣が2012年3月に発行され、その後20ドル紙幣が2012年11月に、10ドル・5ドル紙幣は2013年11月に発行された[4]

このシリーズはカナダで初めてのポリマー素材の紙幣となる。透かしの部分には、半透明のメイプルリーフと透明の窓という視覚的に2つの新しい工夫がある。メイプルリーフは背景に点光源を置いて目を近づけると額面の数字が浮かび上がるというセキュリティー機能がある。透明の窓はメイプルリーフで縁取られ、上には人物の小さい写真、下には国会議事堂の一部のメタル風ホログラム。人物の顔は紙幣の中心に来ており、従来より版画風と言うよりさらに写実的になっている。裏面はカナダの技術革新フロンティアをモチーフにしている。今回のポリマー紙幣でもカナダの旅シリーズから続く立体部分がある[5]。なお、この紙幣のポリマー素材はオーストラリアのセキュレンシー社の物を使用しているが印刷はカナダの紙幣印刷会社が行っている。

「カナダの旅シリーズ」同様に、視覚障害者が各紙幣を触覚で判別出来るよう、左上に点字表示がある。但し正式にはブライユ式点字と違った表記である[6]

旧デザインや1,2ドル紙幣は現在でも使用可能であり、まれに見かけることがある。

2011年「ポリマー」シリーズ
画像 額面 主要色 デザイン 発行
[6] [7] 5ドル ウィルフリッド・ローリエ; カナダ国会議事堂西ブロック カナダアーム2デクスター 、カナダ人宇宙飛行士 [7] 2013年11月
[8] [9] 10ドル ジョン・A・マクドナルド; カナダ国会議事堂図書館 大陸横断鉄道カナディアン号カナダの旅客鉄道網の地図[7] 2013年11月
[10] [11] 20ドル エリザベス2世女王; カナダ国会議事堂「平和の塔」 カナダ国立ヴィミ記念塔と戦没者慰霊の象徴である赤いケシの花[7] 2012年11月
[12] [13] 50ドル ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング; カナダ国会議事堂中央部 北極海でのカナダ沿岸警備隊砕氷船アムンゼン、北部カナダの地図、イヌクティトゥット語で「北極」 2012年3月
[14] [15] 100ドル ロバート・ボーデン; カナダ国会議事堂東ブロック 医療研究:顕微鏡と研究者、DNAの二重らせん構造、インシュリンの薬瓶、心電図 2011年11月

2001年版 カナダの旅シリーズ[編集]

2004年11月17日に新50ドル紙幣が発行され、新紙幣「カナダの旅」シリーズへの移行が完了した。これらの新紙幣はホログラムストライプ、透かし紫外線インクなどのセキュリティ対策が施され、大きさは同じだが、アメリカドルと異なり、額面により色が違うので間違えることはない。5ドル紙幣と10ドル紙幣は、ホログラムストライプや透かしを採用していなかったが、10ドル紙幣は2005年5月に、5ドル紙幣は2006年11月に、高額紙幣と同じセキュリティ対策が施されたものが発行された。

視覚障害者が各紙幣を触覚で判別出来るよう、右上に点字表示がある。

2001年「カナダの旅」シリーズ
画像 額面 主要色 デザイン 日付
透かし 印刷 発行
[16] [17] 5ドル ウィルフリッド・ローリエ; カナダ国会議事堂西ブロック アイスホッケースケートソリをする子供達; ロッシュ・キャリアの小説「ホッケー・セーター(The Hockey Sweater)」の一節 2001年 2002年3月27日
[18] [19] 5ドル 肖像画 2005年 2006年11月15日
[20] [21] 10ドル ジョン・A・マクドナルド; カナダ国会議事堂図書館 平和維持軍と戦争記念碑、戦没者慰霊の象徴である赤いケシの花; ジョン・マクレーの詩「フランドルの野で(In Flanders Fields)」の一節 2000年 2001年1月17日
[22] [23] 10ドル 肖像画 2005年 2005年5月18日
[24] [25] 20ドル エリザベス2世女王; カナダ国会議事堂中央部 ビル・リードの彫刻「ワタリガラスと最初の人類(Raven and the First Men)」等、ガブリエル・ロワの小説「隠れた山々(The Hidden Mountain)」の一節 肖像画 2004年 2004年9月29日
[26] [27] 50ドル ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング; カナダ国会議事堂「平和の塔」 ザ・フェイマス・ファイブ("The famous 5" - 最高裁に女性の権利を問うた女性5人組)」とテレーズ・キャスグレン; 世界人権宣言からの引用 肖像画 2004年 2004年11月17日
[28] [29] 100ドル ロバート・ボーデン; カナダ国会議事堂東ブロック カナダの地図(新旧)、人工衛星カヌーコンパス; ミリアム・ワディントンの詩「トロントジャック・カルティエ」の一節 肖像画 2003年 2004年3月17日
上記の画像は1ミリ当たり0.7ピクセル。

1986年版 カナダの鳥類シリーズ[編集]

  • 2ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:コマツグミ(American Robin)
  • 5ドル(旧紙幣)
表面:ウィルフリッド・ローリエ、裏面:アメリカヤマセミ(Belted Kingfisher)
  • 10ドル(旧紙幣)
表面:ジョン・A・マクドナルド、裏面:ミサゴ(Osprey)
  • 20ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ハシグロアビ(Common Loon)
  • 50ドル(旧紙幣)
表面:ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング、裏面:シロフクロウ(Snowy Owl)
  • 100ドル(旧紙幣)
表面:ロバート・ボーデン、裏面:カナダガン(Canada Goose)
  • 1,000ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ギンザンマシコ(Pine Grosbeak、カナダに生息する鳥)

1969年-1979年版 カナダの風景シリーズ[編集]

  • 1ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:オタワの国会議事堂とオタワ川木材輸送
  • 2ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ノースウェスト準州バフィン島イヌイット狩猟風景
  • 5ドル(旧紙幣)
表面:ウィルフリッド・ローリエ、裏面:ブリティッシュコロンビア州ジョンストン海峡の漁鮭業
  • 10ドル(旧紙幣)
表面:ジョン・A・マクドナルド、裏面:オンタリオ州サーニアの石油精製所
  • 20ドル(旧紙幣)
表面:エリザベス2世女王、裏面:アルバータ州ロッキー山脈モレーン湖
  • 50ドル(旧紙幣)
表面:ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング、裏面:王立カナダ騎馬警察(RCMP)の音楽隊
  • 100ドル(旧紙幣)
表面:ロバート・ボーデン、裏面:ノヴァスコシア州ルーネンバーグ(Lunenburg)の風景

硬貨[編集]

現在、5、10、25、50セント、1ドル、2ドル硬貨が発行されている。このうち50セントはほとんど流通していない。また1セント硬貨は現在でも市場で一部流通されている。

2013年2月4日に1セント硬貨の流通が廃止された。現金取引の場合のガイドラインは、1セント単位は「二捨三入、七捨八入(スウェディッシュ・ラウンディング)」で0か5へ切り上げ、または切り下げされる。なお、クレジットカードやデビットカードなどの電子決済、ならびに小切手で決済する場合はこの限りではなく、切り上げ、切り下げは行われない[8]

  • 2ドル (Toonie)[9]
表面:エリザベス2世女王、裏面:白熊
  • 1ドル (Loonie)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ルーン(国鳥)
  • 50セント:通常ほとんど流通していない。
表面:エリザベス2世女王、裏面:カナダの国章
  • 25セント (quarter)
表面:エリザベス2世女王、裏面:カリブー(トナカイ)
  • 10セント (dime)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ブルーノーズノヴァスコシアスクーナー船。帆船の一種)
  • 5セント (nickel)
表面:エリザベス2世女王、裏面:ビーバー
  • 1セント (penny):現在は廃止されている。
表面:エリザベス2世女王、裏面:メイプル(サトウカエデ)の葉

エリザベス女王の面にあるD.G. REGINAとは、女王の称号のラテン語「神の恩寵による女王(Dei Gratia Regina)」の略。

硬貨の肖像画[編集]

カナダの硬貨には過去から継続してカナダの国家元首であるイギリス国王の肖像画が使われている。特に2003年まではイギリスの硬貨と同じ肖像画(すなわちイギリス人画家による)が使用されていたが、カナダでは2004年よりカナダ人画家の作品が初めて採用された。下記はその変遷。

若い頃の女王と成長した女王の二種類の肖像がある
リースをかぶった女王。メアリー・ギリック(Mary Gillick)作。
ティアラ(Girls of Great Britain and Ireland Tiara [30])をかぶった女王。アーノルド・マチン(Arnold Machin)作。このティアラは結婚祝いに祖母であるメアリー王妃(ジョージ5世の妃)に貰ったもの。
ジョージ4世王冠(George IV State Diadem [31])をかぶった女王。ラファエル・マクルーフ(Raphael Maklouf)作。この王冠はイギリス議会開会の際に使われるもの。
  • 2004年-現在 エリザベス2世
王冠をかぶっていない女王。初めてカナダ人による、カナダ・オリジナルの肖像画が採用された。スザンナ・ブラント(Susanna Blunt)作。

記念硬貨[編集]

カナダの硬貨には、コレクター用のみならず実際に流通している特別版が過去にいくつか発行されている。また下記の他にも毎年、通常の硬貨と同様に流通される記念硬貨が発行されている。

新技術[編集]

王立カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)はさまざまな新技術を使用した新しい硬貨を導入している。

  • 世界最初の流通用カラー硬貨:2012年現在、カナダ造幣局は通常流通用のカラー硬貨を発行した世界最初(で唯一)の造幣局。2004年、赤いヒナゲシの記念25セント硬貨を発行。その後も2006年にピンクリボンをあしらった乳がん撲滅キャンペーン記念25セント硬貨を発行した。
  • 世界最初の非対称流通用カラー硬貨:2009年の冬季オリンピック選手記念25セント硬貨、2011年のカナダの伝説上の動物記念25セント硬貨(3種)を発行した。

変遷[編集]

  • 1996年2月:2ドル硬貨発行
  • 2001年1月:新10ドル札を発行
  • 2002年3月:新5ドル札を発行
  • 2004年3月:新100ドル札を発行
  • 2004年9月:新20ドル札を発行
  • 2004年11月:新50ドル札を発行
  • 2005年5月:新10ドル札の偽造防止強化版を発行
  • 2006年11月:新5ドル札の偽造防止強化版を発行
  • 2012年4月:1ドル硬貨、2ドル硬貨の偽造防止強化版を発行[10]
  • 2012年5月4日:1セント硬貨製造終了
  • 2013年2月4日:1セント硬貨を廃止[11]

為替レート[編集]

2007年9月20日、アメリカドルとカナダドルが等価となった。これは1976年11月25日以来の出来事である。

対アメリカドル 対円
対アメリカドル
対円

ニューヨーク連邦準備銀行Foreign Exchange Rates Historical Searchを元にした。

現在のCADの為替レート
Yahoo!ファイナンス: AUD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Google Finance: AUD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OzForex: AUD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE.com: AUD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA.com: AUD CHF EUR GBP HKD JPY USD

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ World’s Most Traded Currencies”. therichest.org. 2012年5月12日閲覧。
  2. ^ 1871 – Uniform Currency Act”. Canadian Economy Online, Government of Canada. 2008年2月18日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ Polymer series”. Bank of Canada. 2011年6月20日閲覧。
  6. ^ Polymer Series Fact Sheets - Bank of Canada [3]
  7. ^ a b c Harrison, Jeremy. “Bank of Canada Unveils Polymer Bank Note Series: Celebrating Canada’s Achievements at the Frontiers of Innovation”. Bank of Canada. 2011年6月20日閲覧。
  8. ^ 王立カナダ造幣局 "Phasing out the Penny" [4]
  9. ^ Loonie and Toonie have evolved
  10. ^ [5]
  11. ^ “1セント硬貨は不要? カナダが廃止、米国は存続派が優勢か”. CNN (CNN). (2013年2月5日). http://www.cnn.co.jp/usa/35027858.html 2013年2月5日閲覧。 

外部リンク[編集]