バンクーバーオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンクーバーオリンピック
第21回オリンピック冬季競技大会
XXI Olympic Winter Games
Van City Hall 2010 Flag.jpg
開催都市 カナダの旗 カナダ バンクーバー
参加国・地域数 82
競技種目数 7競技86種目
開会式 2010年2月12日
閉会式 2010年2月28日
開会宣言 ミカエル・ジャン総督
選手宣誓 Hayley Wickenheiser
審判宣誓 Michel Verrault
最終聖火ランナー ウェイン・グレツキー
ナンシー・グリーン英語版
カトリオナ・ルメイ・ドーン
スティーブ・ナッシュ
リック・ハンセン英語版
主競技場 BCプレイス・スタジアム
テンプレートを表示
バンクーバーオリンピック公式エンブレム"Ilanaaq"(イラナーク)のモニュメント(ウィスラー・マウンテン)。イヌイットの道しるべ、イヌクシュクをもとにしている

バンクーバーオリンピックは、カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー市2010年2月12日 - 2月28日に行われた21回目の冬季オリンピックである。

カナダでの冬季五輪開催は1988年カルガリー大会以来、22年ぶり2回目。テーマはカナダ国歌「オー・カナダ」の一節でもある "With Glowing Hearts"[1](燃える心と共に)。

概要[編集]

大会招致までの経緯[編集]

2010年冬季五輪開催地は2003年7月チェコプラハで開かれた第115次IOC総会にて投票により決定された。

総勢126名のIOC委員のうち開催候補都市の国の委員7名と不参加の委員及びIOC会長を除いた113名が最終選考に残ったバンクーバー(カナダ)、平昌(ピョンチャン/韓国)、ザルツブルクオーストリア)の3都市に投票。

1回目の投票では当初の予想を大幅に覆し平昌が51票を獲得してトップに立ち、以下バンクーバー40票、ザルツブルク16票と続いた。しかし1位の平昌が過半数の票を獲得できなかったため最下位のザルツブルクを除外しバンクーバーと平昌による決選投票が行われた。

決選投票ではバンクーバーにザルツブルクからの支持票が回り、結果56対53と僅か3票差でバンクーバーが逆転し2010年冬季五輪開催都市に決定した。

2010年冬季オリンピック開催地投票
都市 1回目 2回目
バンクーバー カナダの旗 カナダ 40 56
平昌 韓国の旗 韓国 51 53
ザルツブルク オーストリアの旗 オーストリア 16

大会の特徴[編集]

冬季・夏季を含めて史上初めて開会式が屋内で行われた五輪である。開会式と閉会式はバンクーバー市街地中心部に位置するフォーシーズンズホテルから南東約600メートルにあるBCプレイス・スタジアムで行われた。開会式の入場行進で日本は43番目であった。

サラエボ大会までの冬季五輪の閉会式は開会式で使用された会場とは別の会場で行われ、開会式会場よりも収容人員がかなり少ない屋内で行われることが普通であったが、カルガリー大会以降は開会式と閉会式は同一会場で行われるようになった。また、バンクーバー市の人口はおよそ57万人であり、歴代冬季五輪開催都市では札幌市(開催当時約100万人)、トリノ市(同約90万人)に次いで人口が多い。

地元カナダ代表は、前大会トリノオリンピックでメダル獲得数国別で初の3位になるなど、近年大会ごとにメダル獲得数を増やしていることから、地元開催のオリンピックで初の金メダル獲得とメダル獲得数の更新が期待されていたが、最終的には金メダル14個、メダル総数26個を獲得し、金メダル総数で今大会1位(冬季オリンピックとしても史上最多の獲得金メダル数)、メダル総数ではカナダの過去冬季オリンピックの記録を更新した[2](1976年の夏季モントリオール大会と1988年の冬季カルガリー大会では金メダルを獲得できていなかった)。

今大会では、アイスホッケー競技は国際アイスホッケー連盟(IIHF)が定めるサイズ(61m×31m)ではなく、ナショナルホッケーリーグ(NHL)サイズ(60m×26m)のリンクを使用した。これは、使用する会場であるGMプレイスなどのリンクが、北米で一般的なNHLルールに基づいて設計されており、IIHFルールへの面積拡張が不可能な為である。ただし試合の進行はIIHFルールに基づいて行われた。

また、五輪史上初めて「未使用の入場券を減らす」という目的で、オリンピック組織委員会による公式の転売サイトである『ファン・トゥ・ファン』が公式サイト上に設置された[3]。中には額面を遙かに超える値段で入場券を売り出す購入者もいた[4]

理念[編集]

今大会の理念は「先住民の参加」「環境への配慮」「持続可能な発展」の三つである。

大不況下での五輪[編集]

2008年の9月に始まった世界同時不況は今大会の運営にも影響を及ぼした。選手村は大会後には分譲住宅として販売される予定だが、買い手がなかなかつかない情況になるなどした。そのため赤字、すなわち「商業五輪」として失敗が危惧されたが、IOCは黒字になるだろうという見解を示した。しかし3月1日には赤字になったことが明らかになった。

実施競技と日程[編集]

前回トリノオリンピックの実施競技に加えて男女のスキークロスが公式種目に追加されており、リュージュ2人乗りが男子種目から混合種目に変更になっている。各競技の詳細については、それぞれの競技のリンク先を参照のこと。

日付 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
開・閉会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
フリースタイルスキー
スノーボード
スケート スピードスケート
フィギュアスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスホッケー
ボブスレー ボブスレー
スケルトン
バイアスロン
カーリング
リュージュ

国・地域別メダル獲得数、メダリスト[編集]

国・地域
1 カナダ カナダ(開催国) 14 7 5 26
2 ドイツ ドイツ 10 13 7 30
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 9 15 13 37
4 ノルウェー ノルウェー 9 8 6 23
5 韓国 韓国 6 6 2 14
6 スイス スイス 6 0 3 9
7 中国 中国 5 2 4 11
スウェーデン スウェーデン 5 2 4 11
9 オーストリア オーストリア 4 6 6 16
10 オランダ オランダ 4 1 3 8

競技会場[編集]

バンクーバー市内及び郊外のリッチモンドにある屋内競技場の他に、ウェストバンクーバーウィスラー・ブラッコムにあるいくつかの会場に分かれて開催される。

なお、ウィスラー以外はすべてバンクーバーを中核自治体とした広域都市圏・メトロバンクーバー(バンクーバー都市圏)に属している市・地区である。

大会マスコット[編集]

バンクーバーオリンピックのマスコットキャラクターは、オルカシロクマをモチーフにした女の子「ミーガ」(Miga) と、未確認動物であるサスクワッチ現地先住民の言葉で「毛深い巨人」の意味)をモチーフにした男の子「クワッチ」(Quatchi)。バンクーバーパラリンピックのマスコットでサンダーバードの翼との脚を持つ「スーミ」(Sumi)とともに3種類のマスコットが2007年11月に発表された。これに加えて、バンクーバーマーモットをモチーフとした「マクマク」(Mukmuk)がマスコットに対する「サイドキック」(応援団)と位置づけられた。マクマクは他のマスコットより人気となり、マクマクをマスコットに昇格させよという抗議活動も行われた[5]

メダル[編集]

夏季オリンピックのメダルと違って冬季オリンピックのメダルはデザインが自由であるが、バンクーバーオリンピックのメダルは「環境五輪」の理念に則り、不用になった家電製品やPCなどの産業廃棄物から取り出した金属で作られることになった[6]。製造は王立カナダ造幣局。同じ模様のものはなく、全てのメダルのデザインが違う[7]

波を打った形状と、先住民アートを取り入れた模様で、すべてのメダルを合わせると、一つの絵になる。パラリンピックも同様のコンセプトで作成されている。

開会式[編集]

バンクーバースタンレーパークにあるトーテム。トーテムは先住民文化の象徴として開会式のアトラクションなどで紹介された。

開会式は史上初の室内で行われた。会場の中央には氷でできた4体の巨大なトーテムが大会のシンボルとして建てられ、カナダ全土から招待された先住民の代表約300人がそれぞれの部族の民族衣装を着て開会式のアトラクションに参加した。

開会式直前にグルジアのリュージュの選手ノダル・クマリタシビリ選手が練習中に死亡したことを受け、式の冒頭に「ノダルに捧げる」と献辞がなされた。また、オリンピック讃歌演奏の後に1分間の黙祷が捧げられ、カナダ国旗と五輪旗が半旗として掲揚された。開会宣言はミカエル・ジャン総督によって行われたが、これは五輪史上初めての黒人による開会宣言であった。

聖火台は氷柱をイメージした4本の柱が交差する形で組まれた台座の上に載せられた大聖火台と柱にも付属した小聖火台の5基からなり、それが、エンジンで床下からせり上がり、点火直前に組まれるようになっていた。そして小聖火台に点火されると大聖火台に引火する仕掛けになっており、史上初の4人による同時点火のはずであった。しかし聖火台を本番ではカタリオナ・ルメイ・ドーンが点火するはずの小聖火台の一本がエンジントラブルで稼動しなくなり、3人が点火した。ドーンは突然のトラブルにうろたえうることなく一人堂々とトーチを掲げその場をしのいだ。

閉会式[編集]

閉会式も開会式と同じ会場で行われた。

開会式で聖火台のひとつがうまく稼動しなかったことによって、全員の点火が失敗したトラブルを逆手にとって、電気工事作業員に扮したピエロが動かなかった小聖火台を動かし、開会式で点火できなかったカタリオナ・ルメイ・ドーンが改めて聖火の点火を行った。

MC[編集]

MCには、カナダ出身の俳優・女優がユーモアを交えながら、カナダの現代文化を紹介した。

ライヴパフォーマー[編集]

閉会式のラストには、ニール・ヤングアヴリル・ラヴィーン、そしてsum 41等、カナダ出身の世界的アーティスト達が登場した。登場順に記載。さらにsum 41の出演後に大会初のアンコール現象が起こった。

テレビ放送[編集]

オーストラリア[編集]

オーストラリアではそれまでのSeven Networkに代わり、Nine Networkで放映された[8][9]

イタリア[編集]

イタリアもRAIに代わって、スカイ・イタリアで放映された。

アジア&インド[編集]

ESPN STAR Sportsが汎アジアの衛星チャンネルとしては初めての放映。

カナダ[編集]

カナダ国内ではCTVグローブメディアロジャース・メディアが共同で放映権を獲得した。CTVをはじめ、TSN、RDS、ロジャース・スポーツネットオムニ・テレビジョンなどで放送された[10]。CTVでのオリンピック放送は1994年のリレハンメル大会以来である。また、2012年ロンドン大会も放映権を獲得している。ただし五輪期間中は例外的にアメリカン・アイドルCSI:科学捜査班をはじめとするアメリカからのネット番組はAで放送された。

韓国[編集]

それまでの五輪中継はKBSMBCSBSの3社共同による中継だったが、今大会からSBS単独で中継した。SBSはもちろん、SBSプラスやSBSゴルフ、SBS CNBCSBS ESPNでも放送された。SBSは2024年夏季大会まで放映権を獲得している[11]

日本[編集]

今回も、NHK民放連で構成されるジャパンコンソーシアムが放映権を獲得。WOWOWなど一部を除いた加盟民放とNHKとで費用を分担して放送。映像はオリンピック・ブロードキャスティング・サービス(OBS、IOCの国際放送機構)が提供した。

NHKはNHK総合で放送された競技についてNHKオンデマンドの「見逃し番組サービス」にて有料で3月30日まで配信した[12][13]。全部で85番組を配信し、3月24日時点で合計約5万2000回視聴されている[14]。また日本国内で放送されなかった競技の一部を、NHKのオリンピック特設サイトでライブストリーミングで配信し、合計で25万件を超えるアクセスがあった[15][16]

民放連は前回の夏季北京オリンピック時に続き、民放各局による共同情報サイト『gorin.jp』を立ち上げ、同サイト内で競技動画の配信をおこなった[17]

日本とバンクーバーの時差(現地時間は日本時間より17時間遅れ=7時間早め-まる1日遅れ)の関係上、日本時間に換算すると開会式は2月13日午後に、閉会式も3月1日午後になるため、競技の大半は早朝から午後にかけて放送された(ただしフィギュアスケートシングルスケーティングは男女とも民放でプライムタイムハイライトを放送)。

夏・冬を通してアナログテレビ放送時代最後の大会となった。全編HDTVハイビジョン)方式での制作が基本となり、地上デジタルテレビジョン放送の生中継についてはすべて5.1サラウンドステレオ放送になり、多くの地上波テレビジョン放送の生中継でリアルタイム字幕放送を実施した。アナログテレビジョン放送ではフジテレビ系列が放送する一部の競技[注釈 1]の生中継が16:9レターボックスで放送した。

日本時間 現地時間 日本メディアの対応
0時 前日7時
2時 前日9時 生中継
(概ね日本時間15時まで)
5時 前日正午
10時 前日17時
正午 前日19時
17時 0時
19時 2時 録画放送
23時 6時

なおNHKは、テレビデジタル化に伴いBS hiを廃止することにしており、今回は総合テレビとBS 1、及びラジオ第1の3波だけで放送することになった。そのほか、BS 2では総合テレビと同時放送される「NHKニュース おはよう日本」の番組枠の中で一部競技を同時放送。また、NHKワールド・ラジオ日本(ラジオ国際放送)では一部時間帯を除きラジオ第1で放送される中継の同時放送を実施。[注釈 2]

参考
地震・津波による放送の中断
  • 2月27日(大会15日目)午前5時31分ごろ沖縄地方で震度5弱の地震が発生し、津波警報が発令された。そのためスピードスケート女子チームパシュート準決勝を放送していたNHK総合では中継を中断し、ニュースと緊急警報放送を行った[18]
  • 翌2月28日(大会16日目)にはチリ大地震の影響で日本の太平洋側に大津波・津波警報、津波注意報が発令。フィギュアスケートエキシビジョンを中継していたBS1では一時放送を中断し緊急警報放送を行った。約10分程で中継は再開したものの、その後画面右下に日本列島の地図を表示した。
  • 当日16:00 - 18:00に総合テレビで録画中継予定だったが、教育テレビで深夜0:45 - 2:45に振り替えられ(なお、3月5日夜にBS1、同月7日深夜に総合で再放送された。総合テレビ『ベストセレクション』の放送も、19:30 - 20:00放送分は『ニュース7』の拡大によって休止、21:50 - 22:39放送分は、放送時間を10分繰り下げて22:00 - 22:49に放送した。

大会の出来事[編集]

記録的暖冬

例年なら1月の平均気温は3.3度程度のバンクーバーだが2010年度はエルニーニョ・南方振動の影響で平均7.2度と例年を4度も上回った上に、雪が降らずフリースタイルスキーの会場にはヘリコプターで雪が運び込まれた。市内ではすでにウメが咲いているほどである。

リュージュ事故

2月12日グルジアノダル・クマリタシビリ選手が開会式前にリュージュ男子1人乗り公式練習をウィスラーのスライディングセンターで行ったところ、コースから外れて周囲の壁や鉄柱に激突、病院で死亡が確認された。IOCのジャック・ロゲ会長は記者会見を開き「すべてのオリンピック関係者が悲しみにうちひしがれ、今オリンピックに暗い影を落とすだろう」と述べた。なお、冬季オリンピックでの事故死例はアルベールビル以来で5人目という[19][20]。この事故を受けて開会式では、グルジア選手団が喪章を着け旗手は弔旗を持って入場し、カナダ国旗と五輪旗半旗を実施して、ロゲ会長が開会の挨拶の冒頭で哀悼の意を読み上げた。また、リュージュ競技では出場選手全員がヘルメットに喪章をつけて競技に臨んだ。

2月12日深夜、国際リュージュ連盟とバンクーバー五輪大会組織委員会は事故について合同声明を出した。それによると「クマリタシビリ選手が事故のおきたカーブに進入したときにそれまでの滑走の乱れを『適切に処理しなかった』のが事故の原因であり、コースに欠陥はなかった」と結論づけた。

これに対し、バンクーバーに滞在していたグルジアのサーカシビリ大統領は「技術的なことはわからないが、間違いなくいえることは、選手のミスが死につながることはあってはならない」と合同声明に不快感を示した。同大統領に随行していたルルアスポーツ文化相も「選手の経験不足が事故の原因だとほのめかすやり方は不公平かつ不正確だ」と反論した。
米紙『ニューヨーク・タイムズ』は、この合同声明を「無神経」と批判し「大会主催者は事故を悲劇ではなく、大会運営の邪魔だと捉えている」と非難した。
米紙『ウォールストリート・ジャーナル』は、グルジアのクマリタシビリ選手の実家を取材し、同選手が「コースが怖い」という内容の電話を家族にしていた事実を報じた。
米紙『フィラデルフィア・インクワイアー』は、この事故について競技の内容変更や中止を恐れて、選手たちの間にも人為的なミスが原因だという意見が支配的であること指摘し「サーカシビリ大統領のような健全な意見は選手たちの中にはない」と嘆いた。

事故を受け、リュージュ競技はスタート位置が本来より176m下げられたほか、コースの壁の部分の氷が垂直になるように削られるなど安全対策が行われた上で実施された。これにたいして『ニューヨーク・タイムズ』は「でっち上げ」と非難している。

死亡事故発生後、ウィスラーのスライディングセンターではボブスレーの公式練習も行われたが、2月17日には日本を含む8件もの転倒事故が発生した。翌18日にボブスレー公式事故多発を受けて、男女のボブスレー4人乗り、ボブスレー女子2人乗りについて各種目6回の滑走回数だが、公式練習を実施していないチームは希望があれば2回追加できるように配慮された。なお、スタート位置の変更は無かった[21]

なお、改修前の最終コーナーのスピードは、リュージュの場合155km/hにもなり、高速化への疑問およびそれに伴う危険度の向上に対して無配慮だったことへの疑問も呈されることになった。

コース問題

アルペンスキーでは、特に女子や男子回転でコース途中に転倒する選手が続出した。このため、コース難易度に無理があったのではないかという指摘がされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ BSフジで時差中継を行った競技
  2. ^ 以前は夏・冬にかかわらず「BSは、ぜんぶやる。」を合言葉に、BS 1とBS hiで全競技をカバーしていた。冬季は競技数が少ないこともあるが、2012年のロンドンオリンピックは中継権を獲得した場合、完全デジタル化後の新生BS 1だけでの放送が基本のため、そのテストを兼ねた編成であった。NHKは経営計画などで、再編後のBSの姿について次のような案を示している。
    • 新生BS 1…ニュース・スポーツ中継中心の編成を予定。24時間放送を継続
    • 新生BS 2…文化・エンターテインメント系中心の編成を予定。これにより24時間放送を止め、空いた時間に次世代放送の技術実験を行うことも想定されている
    再編時期がアナログ完全終了時か、それ以前の新年度かはまだはっきりしていないが、NHKでは2010年に入った途端、BS再編を暗示させる「NEXT BS」というキャッチコピーの使用を開始した。
    2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会のハイビジョン専用チャンネルでの放送は、NHKが放映権を持っている日本戦の2試合と優勝決定戦の3試合のみである

出典[編集]

  1. ^ Canadians to welcome the world’s best winter athletes in 2010 “With Glowing Hearts” - News Releases : Vancouver 2010 Winter Olympics
  2. ^ メダル総数で米国首位に カナダ史上最多の金14 - 47NEWS 2010年3月1日
  3. ^ バンクーバー五輪:チケット転売市場創設 「有効活用」へ組織委が公式サイト - 毎日jp 2009年12月22日
  4. ^ 決勝入場券218万円の値段も 組織委の転売サイト - 47NEWS 2010年2月23日
  5. ^ Wall Street Journal Blog, 2010年2月26日"Mukmuk for mascot"
  6. ^ バンクーバー冬季五輪メダルにリサイクル金属--廃棄テレビやPCなどから取り出し利用 (CNET-JAPAN)2009年10月19日
  7. ^ バンクーバー五輪メダルデザインを発表-「世界で一つだけのメダル」に
  8. ^ [1], Foxtel Olympic Winter Games Coverage
  9. ^ [2], Nine and Foxtel Win Olympic Coverage
  10. ^ CTV’s Hit Programs Join /A\ for a Special Two-Week Run, February 12 – 28, During Vancouver 2010, CTV press release, 2010-01-12
  11. ^ “IOC awards TV rights in Germany, Korea, France”. USA Today. (2011年7月5日). http://www.usatoday.com/sports/olympics/2011-07-04-216502944_x.htm 2011年7月5日閲覧。 
  12. ^ NHK INFORMATION「トップトーク (会長 2009/12/3)」 - NHKオンライン 2009年12月3日
  13. ^ バンクーバー冬季五輪 NOD見逃し番組サービスで30日間配信 - NHK会長会見資料(PDF) 2009年12月3日
  14. ^ NHKオンデマンド2月の動向 - NHK放送総局長会見資料(PDF) 2010年3月24日
  15. ^ バンクーバーオリンピック“3-Screens”展開について - NHK会長会見資料(PDF) 2010年1月7日
  16. ^ NHK INFORMATION「トップトーク (会長 2009/12/3)」 - NHKオンライン 2010年3月4日
  17. ^ (報道発表)バンクーバーオリンピック 民放テレビ放送枠について - 民放連公式サイト 2010年1月18日
  18. ^ 沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も - MSN産経ニュース
  19. ^ 【リュージュ】練習で大事故 グルジア選手が死亡 - バンクーバー冬季五輪 - MSN産経ニュース 2010年2月13日
  20. ^ 選手・関係者の死亡事故、冬季五輪で過去4件 : 運営・話題 : ニュース : バンクーバー五輪 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2010年2月13日
  21. ^ ボブスレーで転倒多発 死亡事故のそり競技会場 - 47NEWS(よんななニュース)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]