南極ドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南極ドル
ISO 4217コード AQD
使用国・地域 南極大陸 (法定通貨ではない)
通貨記号 A$
硬貨 なし
紙幣 1, 2, 3, 5, 10, 20, 50, 100 A$
中央銀行 南極海外両替事務所
ウェブサイト www.bankofantarctica.com
紙幣製造 British American Banknote Company (2001年まで)

南極ドル(Antarctican dollar)は、有限会社南極海外両替事務所(Antarctica Overseas Exchange Office)が発行している、南極大陸通貨を模した土産物である。南極大陸やその他の大陸や国の法定通貨ではないが、発行元の企業は「有効期限を通じて額面分の光栄が得られる」としている[1]Antarctica Overseas Exchange Office websiteで実物のイラストを見ることが出来る。

南極海外両替事務所は、南極ドルの収益の一部を南極地域での調査や人道主義活動を行う組織の基金にすると表明している[2]

紙幣[編集]

1996年発行[編集]

1996年発行
額面 サイズ 表面 裏面 印刷日 発行日 有効期限
A1 177.8 x 88.9 mm (7 x 3.5 in.) ピーターマン島のペンギン ポーレット島アデリーペンギン 1996年3月1日 1996年3月2日 2001年12月31日
A5 浮氷の上のカニクイアザラシ アホウドリシャチ
A10 ロバート・スコット 南極大陸の地図
A20 ノルウェーの国旗の前のロアール・アムンセン 1911年12月14日のアムンセンの南極点への到達
A50 マクマード基地 南極条約
A100 オゾンホールの検出 ドブソン単位で計測したオゾン, 気象衛星

1999年/2001年発行[編集]

1999年/2001年発行
Image 額面 サイズ 表面 裏面 印刷日 発行日 有効期限 備考
[1] [2] A1 160 x 80 mm ピーターマン島のペンギン ポーレット島アデリーペンギン 1999年4月22日 (アースデー) 2008年12月31日 1996年のA1と類似
[3] [4] A2 岩の上のペンギン ニュージーランドの航空機事故, AOEOに認められた南極大陸の旗 1999年11月28日
[5] [6] A5 ノルウェーの国旗の前のロアール・アムンセン アホウドリ 2001年1月1日 2001年1月2日 2010 1996年のA20と類似
A10 ロバート・スコット 南極大陸の旗 1996年のA10と類似
[7] [8] A20 浮氷上のカニクイアザラシ オオウミガラス 1996年のA5と類似
[9] [10] A50 マクマード基地 南極条約 1996年のA50と類似
[11] [12] A100 オゾンホールの検出 ドブソン単位で計測したオゾン, 気象衛星 1996年のA100と類似
These images are to scale at 0.7 pixels per millimeter, a standard for world banknotes.

出典[編集]

  1. ^ Antarctica Overseas Exchange Office Website”. 2010年12月19日閲覧。
  2. ^ Peter Symes Review”. 2010年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]