タラ (通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タラ
tālā(サモア語)
ISO 4217コード WST
使用国・地域 サモアの旗 サモア
インフレ率 6%
情報源 The World Factbook, 2007年
補助単位
1/100 セネ
硬貨 セネ:5, 10, 25, 50, タラ:1
紙幣 タラ:2, 5, 10, 20, 50, 100
中央銀行 サモア中央銀行


タラサモア語: tālā)は、サモア独立国の通貨。補助単位としてセネサモア語: sene)があり、1タラ=100セネである。通貨名はドルセントサモア語読みである。そのため、サモア・ドルと呼ばれることもある[1]

タラは1967年に導入された。それまでは西サモア(当時)はニュージーランド・ポンドを使用しており、紙幣も硬貨もニュージーランドで発行されていた。タラは2タラ=1ポンドで置き換えられ、ニュージーランド・ドルに等しいとされた。ニュージーランド・ドルとの連動は1975年まで続いた。

通貨記号は従来はWS$であったが、近年はWSTやST、Tを使用することが多くなった。しかし現在でも、100タラ紙幣のようにWS$と記され、その後にタラと記されているものもある。

1967年に、1,2、5, 10, 25, 50セネ硬貨が導入された。青銅の1,2セネを除いて、他の硬貨は白銅で鋳造された。1984年には、アルミニウム青銅貨の1タラが発行された。

紙幣は、1967年に西サモア銀行によって1,2,10タラが発行され、1980年には西サモア通貨委員会によって5タラ紙幣が発行された。1985年にはサモア中央銀行によって2, 5, 10, 20タラ紙幣が発行され、 50, 100タラは1990年に発行が開始された。2008年8月1日、サモア中央銀行は5タラから100タラの5種の紙幣の新紙幣を発表した。

出典[編集]

  1. ^ 国際機関 太平洋諸島センター - 概要・トラベル情報