ピーターマン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯65度10分 西経64度10分 / 南緯65.167度 西経64.167度 / -65.167; -64.167

ピーターマン島
ピーターマン島の遠景
地理
場所 南極大陸
座標 南緯65度10分 西経64度10分 / 南緯65.167度 西経64.167度 / -65.167; -64.167
長さ 2 km (1.2 mi)
住民
人口 0
その他
南極条約によって管理される。
ピーターマン島のペンギンのコロニー、クルーズ船、観光客
アデリーペンギンの群れ。糞によって灰色の岩肌がピンク色になっている。

ピーターマン島(Petermann Island)は、南極大陸南極半島のすぐ西にある小さなである。南緯65°10′西経64°10′に位置し、ブース島のすぐ南にある。長さ2kmの低地で、ジェンツーペンギンのコロニーの生息南限であり、アデリーペンギンも多数生息する。

この島は、1873年から1874年にドイツの探検隊によって発見され、地理学者のアウグスト・ピーターマンにちなんで名づけられた。1908年から1910年にフランスの探検隊は、この島の南西の入り江に船をつけて越冬した。1909年1月1日の主の割礼祭(Feast of the Circumcision)の日に船が着いたので、この場所は、Port Circumcisionと呼ばれた。

探検隊の建てた小屋は現存しないが、1955年にアルゼンチンが立てた避難小屋とともに石塚は残っており、また、1982年にベルナツキー基地から海氷を横断してピーターマン島を目指し犠牲となった、イギリス探検隊の3人を記念した十字架が残っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Personal photographic account of the site in March 2007: bartosik.org