オゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オゾン
識別情報
CAS登録番号 10028-15-6
特性
化学式 O3
モル質量 47.998 g mol−1
外観 淡青色気体
密度 2.144 g L−1 (0 ℃), 気体
融点

80.7 K, −192.5 ℃

沸点

161.3 K, −111.9 ℃

への溶解度 0.105 g / 100 mL (0 ℃)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo +142.3 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 237.7 J K−1 mol−1
危険性
EU分類 酸化剤 (O)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オゾン(ozone)は、3つの酸素原子からなる酸素の同素体である。分子式はO3で、折れ線型の構造を持つ。腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒な気体である。大気中にもごく低い濃度で存在している。

性質[編集]

常温常圧では薄青色の気体である。沸点−111.9 (161.25 K) で紺色の液体となり、凝固点−197.2 ℃ (75.95 K) で濃紫色の固体となる。中心の酸素原子と両端の酸素原子の結合は2本とも等価であり、オゾン分子は O=O+−O と O−O+=O の2つの極限構造からなる共鳴混成体であると考えられる。

オゾンはフッ素に次ぐ強い酸化力を持つため、高濃度では猛毒である。吸い込むと内臓が酸化され糜爛(びらん)状になる。

発見[編集]

オゾンは、ドイツスイス化学者であるクリスチアン・シェーンバインによって1840年に発見された。彼は雷雨の中でオゾンが現れることに注目し、そしてその奇妙なにおいから、ギリシア語で「臭い」を意味する ὄζειν (Ozein) に因み Ozon と名付けた。

発生[編集]

一般に空気中での紫外線照射、または酸素中での無声放電など高いエネルギーを持つ電子と酸素分子の衝突によって発生する。オゾンの発生は主に以下の化学式で表せる。

\rm \, 3O_2 \longrightarrow 2O_3

またオゾンは不安定な分子であるため、放置しておくと以下の化学式で酸素に変化する。

\rm \, 2O_3 \longrightarrow 3O_2

この反応は温度圧力が上昇するほど速くなる。

いくつかの電気機器は人間が臭いを感じる程度のオゾンを発生させる。特にブラウン管テレビやコピー機など高電圧を用いる装置で起こる。ブラシによって整流する電気モーターは機器内で繰り返される火花によってオゾンを発生させる。エレベーターポンプなどに使われる大型モータは小さいモータよりもオゾン発生量が多い。なお、これは整流子電動機特有の現象で、整流子のない誘導電動機同期電動機ではオゾンは発生しない。

オゾンの生産[編集]

工業的にオゾンを用いる場合、一般に水銀灯による短い波長の紫外線照射や高電圧による低温放電によって生産される。低温放電装置は二枚の電極板によって構成され、電極表面を、高い誘電率をもつホウケイ酸ガラス(パイレックスガラス)や雲母のような絶縁体で覆う。交流高電圧を電極にかけると無声放電が起こり、平板間に流した酸素分子が解離し、他の酸素分子と再結合することによってオゾンが発生する。また、陰極に黒鉛電極、陽極白金電極を用い、希硫酸電気分解することによって陽極からオゾンが酸素との混合気体として生成される。同様に固体高分子電解質膜を、白金を用いた陰極と二酸化鉛を用いた陽極で挟み、を電気分解することでも陽極からオゾンが酸素との混合気体として生成される。

オゾンによる酸化反応[編集]

オゾンが水に対して酸化剤として働くときの半反応式は次のように表される。

\rm \, O_3 + H_2O + 2 \mathrm{e}^- \longrightarrow O_2 + 2 \mathrm{OH}^-

酸性溶液中では溶液内の水素イオンが直接反応し、生成した水酸化物イオンが溶液内の水素イオンと反応して水ができる。半反応式は次のようになる。

\rm \, O_3 + 2 \mathrm{H}^+ + 2 \mathrm{e}^- \longrightarrow O_2 + H_2O

オゾン酸化[編集]

オゾンを用いた有機合成反応の例としてオゾン酸化が挙げられる。アルケンをオゾンで酸化すると-C-O-O-C-O-という並びの5員環構造を持つオゾニドが生じ、還元的な後処理をすることによりケトンまたはアルデヒドが得られる。一方、酸化的な後処理をするとケトンまたはカルボン酸が得られる。

オゾン酸化

有機高分子をオゾンにさらすと劣化が起こり、ときに亀裂が生じる。この現象をオゾンクラッキングと呼ぶ。

オゾン層[編集]

大気の中で成層圏に存在するものはオゾン層を形成し、生命にとって有害な紫外線が地表に降り注ぐ量を和らげている。一方、地表付近では、オゾンは光化学オキシダントなどとして生成し大気汚染の原因となる。成層圏中のオゾン量はドブソン単位で表される。工業で用いられる場合、ppm容量パーセント濃度または重量パーセント濃度で表される。

利用法[編集]

オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌ウイルスの不活化・脱臭脱色有機物の除去などに用いられる。

日本およびアメリカ合衆国[1]では、食品添加物として認可されている。

水道水殺菌塩素の代わりにオゾンが用いられる国も多い。オゾンは有機塩素化合物を生成しないため、処理後の水にも残留せず、塩素と比較して味や匂いの変化が少ない。従って、いくつかのシステムでは配管での細菌増殖を防ぐために少量のオゾンを添加することがある。日本では近年、東京都水道局大阪市水道局阪神水道企業団大阪広域水道企業団等で水道水の殺菌の一環として用いられており、追随する自治体等も増えてきている。

気体としてのオゾンは、その毒性により高度な濃度管理が求められるため、オゾンガスをミキシング又はバブリングと呼ばれる手法で水に溶け込ませたり、電気分解により水に含まれる酸素を利用して作る「オゾン水」として活用される例が増えている。オゾンの不安定な性質により数十分で酸素と水に戻るので残留性のない殺菌水として使えるほか、塩素系殺菌剤やエタノール系殺菌剤が使えない場合にも使用される。

ヨーロッパでは医療への活用が多数試され、その効果が発表されている。近年は日本でも医療、介護食品酪農を主とする農業などの分野で殺菌・消臭・廃棄物処理目的で使われることが多くなった。

医療[編集]

日本では、1923年に小川正彦により医療用オゾンガス発生器が発明され、ヨーロッパではドイツ1957年に発明されている[2]

ヒトでは、難治性の疾患では、感染症皮膚病免疫不全がんの補助療法、老人病、慢性リウマチアレルギーなどに有効性が示されている[3]獣医学分野では、に対し腫瘍やがんに対するオゾン療法に十分な効果がありクオリティ・オブ・ライフの改善が見られるとされる[2]

歯科医療においては、虫歯の治療においてオゾンガスを患部に当てるヒールオゾンという治療法がある。

薬事法に基づく医療用具として、オゾン水手洗い機が認可されている[4]

食品[編集]

日本では食品添加物として認められている。主流の殺菌料である次亜塩素酸ナトリウムと比較して、そのままオゾンガスを溶かすのではなく単に水道水を電解し陽極にできたオゾン水によってオゾンの濃度を高めることで殺菌力を高くすることができ、使用後の洗浄が不必要で安全性が高く食品の味を損ねにくく、クロロホルムを生成しないという点が特徴的である[4]アメリカ合衆国では、1997年6月に食品の殺菌剤として安全性に問題がないGRAS(一般安全認定)に分類され、FDA2001年6月に食品添加物として安全であると発表している[4]

農業[編集]

農薬の代わりとして、病害対策に用いられる。噴霧することで多くの病害菌を殺菌できるため、農作物に残留しない病害防除として利用することができ、収穫時にも収穫した農産物の殺菌に利用できる[5]。キュウリのうどんこ病などの病害対策ができるため、農薬の低減が期待される[4]大麦人参の発芽率の向上、カイワレダイコンハツカダイコントマトの生育促進効果も確認されている[5]

畜産[編集]

畜産においては、消臭・殺菌に用いられる。畜舎にオゾンガスを噴霧することで硫黄系の臭気を分解することができる。従来は殺菌力があまり高くなかったが、平均5000 nmであった気泡径を5 nmにすることで、サルモネラ菌や鳥インフルエンザウイルスなどへの殺菌効果が見られ、また、残留農薬等に関するポジティブリスト制度にも対応できる[6]

洗浄[編集]

半導体部品の洗浄において、主流のRCA洗浄ではアンモニアや塩酸フッ化物が用いられるが、オゾンガスを溶解させたオゾン水は排水処理の面で環境負荷が低く[7]、代替として半導体の基板表面の有機物や金属の除去・洗浄に用いられている[8]

また、水を使わずに(あるいはあまり使わずに)オゾン気流によって除菌や洗濯を行う洗濯機の例がある[9]。また、その後継機種では風呂の残り湯を使用する際、オゾンで除菌・浄化したり、オゾン水そのものを洗濯のすすぎに利用するものもある[10]

毒性[編集]

オゾンには急性・慢性双方の中毒症がある。

急性中毒では呼吸器が刺激され、高濃度になるにつれてめまいが引き起こされ、さらに高濃度になると呼吸困難麻痺、および昏睡状態になり、放置しておけば死亡する。 慢性中毒では倦怠感や神経過敏など神経の異常や、呼吸器の異常を来たす。

オゾンを発生させる可能性のある場ではたとえ低濃度であろうと活性炭入りのマスクをつけることが望まれるが、目の粘膜も保護できる全面マスクの使用がより好ましい。より高濃度(10 ppm以上)の場合はガスマスクの使用が必須になる。[11]

その他[編集]

オゾンは光化学オキシダントの主成分である。近年、日本では、光化学オキシダント注意報を発令する都道府県の数が増加しているが、これは、中国大陸からの越境大気汚染によって広域化していると考えられている。また、オゾンの強力な酸化性のため、植物や農業に対する悪影響が憂慮されている。

オゾンは酸素を含む酸化力の高い化学種で、広義の活性酸素の一つとされる。活性酸素は、狭義ではスーパーオキシドアニオンラジカルヒドロキシルラジカルを指し、オゾンを含まないが、水中での分解過程では、オゾンの一部が狭義の活性酸素の一つであるヒドロキシラジカルを経て分解することも知られている。

自動車等のタイヤを保管する際は電気機器の近くを避けるようにという説明がタイヤメーカーからなされているが[12]、その理由は、#発生の節で述べられているとおり、モーターなどから発生するオゾンがタイヤの主成分である合成ゴムを侵すからである(オゾンクラッキング)。

注・出典[編集]

  1. ^ [1] (FDA)
  2. ^ a b 清水無空、清水紀子「小動物におけるオゾン療法」『日本伝統獣医学会誌』16(1) [2008.05]、37-42頁。
  3. ^ Renate Viebahn-Haensler 『ヨーロッパにおける最新のオゾン療法 (PDF)[リンク切れ]、日本医療・環境オゾン研究会訳、2002年
  4. ^ a b c d 吉田幸一「高濃度オゾン水による食品分野での適応」『食品加工技術』26(1)[2006]、1-10頁。
  5. ^ a b 草刈眞一「オゾン水による病害防除技術 養液栽培と農業分野へのオゾン水利用技術」『農業技術』63(8)[2008.8]、337-344頁。
  6. ^ ネイチャーズ株式会社「ナノピコバブルオゾン水の特性および効果 世界最小ナノバブルを超えた超微細気泡オゾン水(ポジティブリスト、HACCPに対応した新しい消毒技術)」『養豚の友』(通号 463)[2007.10]、40-42頁。
  7. ^ 「水の活性化と機能水-表面処理における各種対策について」『鍍金の世界』41(4)[2008.4]、52-56頁。
  8. ^ 黒部洋(栗田工業株式会社)「機能水の製造方法および洗浄効果 オプト・半導体デバイスにおけるウェットプロセスの技術トレンド(薬品・機能水編)」『マテリアルステージ』7(10)[2008.1]、40-43頁。
  9. ^ 2006年3月、内部でオゾンを発生させ、水を使わずに(あるいはあまり使わずに)除菌や洗濯を行う洗濯機が三洋電機から発売された。
  10. ^ 三洋、“オゾンすすぎ”で洗浄力がアップした三代目「AQUA」(家電Watch、2008年1月21日)
  11. ^ オゾン利用に関する安全管理規準 (PDF) - 経済産業省・省エネルギー技術開発プログラム「省エネルギー型廃水処理技術開発」高濃度オゾン利用研究専門委員会(平成17年(2005年)3月作成;平成25年(2013年)6月18日閲覧…外部サイトにて現存)
  12. ^ 例: タイヤの保管の仕方 - ダンロップ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]