カソード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カソード: Cathode: Kathode)は、外部回路へ電流が流れ出す電極のこと。外部回路から電子が流れ込む電極とも言える。

真空管電気分解では陰極、電池の場合は正極 (+) とも呼ばれる。

電気分解や電池においては、カソードは電気化学的に還元が起こる電極である。

カソードという語はマイケル・ファラデーにより命名され、ギリシア語下り口を意味するCathodosに由来する。

カソードと逆の電極はアノードである。カソードとアノードの区別は、電流(電子)の向きによって決まるのであり、電位の高低によらないことに注意を要する。

陽極陰極の区別は電位の高低によるとする流儀(電圧による違い)と、アノードカソードの直訳(電流による違い)とする流儀がある。電気分解のように電気的な負荷となる場合は問題ないが、電源となる場合(電池など)では混乱する。正極負極という用語は、電位の高い・低いで区別する用語として定着しているので、電位を表す場合は正極負極の用語を、電流の方向を表す場合はカソードアノードという用語を用いるのが望ましい。

関連項目[編集]