空気マグネシウム電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

空気マグネシウム電池マグネシウム・空気電池、またはマグネシウム燃料電池(MAFC)空気電池および燃料電池の一種であり、負極に金属マグネシウムを使用し、正極空気中の酸素を使用する。電解液としては食塩水が利用される[1]

研究および市販化の技術はMagPower Systemsにより公開されており、90%の効率および-20~55℃の環境下での動作が可能としている[2]

国内では埼玉県産業技術総合センターの栗原英紀博士が活物質重量比90%以上の実容量での放電に成功している[3]。 負極の放電容量は2000Wh/kg。

放電の反応式[編集]

  • 正極: O2 + 2 H2O + 4e → 4OH (E0 = 0.4 V)
  • 負極: 2 Mg + 3OH → 2 Mg2+ + 4e (E0 = -2.36 V)

実用化への課題[編集]

  • 自己放電を防ぐために電解液をアルカリ性にすると、マグネシウムの表面と反応して不動態になってしまう。また余分な熱も発生する。
    • 発生する水酸化マグネシウムが電解液に溶解しやすくするための補助剤を加えることで回避する[3](記事上では具体的な物質名は公表されていない)
    • 小濱泰昭率いる東北大学エアロトレイン開発チームはエアロトレインに使った難燃性マグネシウム合金(マグネシウムにカルシウムを混ぜた合金)を海水に浸して電池を作る実験をしたところ、従来よりはるかに長く電気が発生する事を発見した。これはマグネシウムとカルシウムが不動態の原因となる水酸化物イオンを奪い合い続けるため、水酸化物イオンが結びつく相手を変えた瞬間に電極のマグネシウムが溶け出す現象が起こるからである[4]
  • 現状で反応(放電)速度を制限しているのはマグネシウムのイオン化速度ではなく酸素の吸収速度であり、大電流を取り出すためにはより高効率な酸素の吸収を行える空気極の開発が必要である。

使用済みマグネシウムの再生[編集]

  • 電池の放電によって生成される水酸化マグネシウムは安定した物質であるため金属マグネシウムにリサイクルすることは容易ではない。触媒とともに真空中で約2200℃に加熱することにより還元できるため、小濱教授は太陽炉によるマグネシウムリサイクルを提案している[5]
  • このような太陽熱によるマグネシウムの再生は、ピジョン法に代わるマグネシウムの生産方法として、昔から研究されてきており、すでに1995年にMurrayらは[6]太陽熱と炭素還元剤を使用した実験を行っている。彼らは2234度の高温を30分間持続させて、マグネシウムの再生に成功しているが、生成マグネシウムの割合はわずか9%であった。このように、太陽だけを利用する場合には、あまりにもマグネシウム生産量が少なく、実用には無理であるとの試算もあり[7]、実用化に至っていない。大量に発生するマグネシウム蒸気の、光を導入する窓への付着や、炭素還元剤を使用した場合に発生する二酸化炭素等々の問題により、単純な太陽炉でのエネルギー循環は、まだ未解決の部分が多い。
  • これに対して、東京工業大学の矢部教授らは、太陽光から生成されたレーザーや、自然エネルギーから得られる可能性のある半導体レーザーを用いたマグネシウム再生を提案しており[8]、従来のピジョン法の約4倍の効率を実験により実現している[9][10]
  • ここで、このような巨大なエネルギーがどうして必要なのかを示す。1gの酸化マグネシウムを4000度にするために必要なエネルギーは4kJだ。これに対し、ピジョン法では、1gのマグネシウムを作るために10gのコークスを使っている。この熱量は300kJである。逆に、1gのマグネシウムが発するエネルギーは25kJなので、このエネルギーを与えないとマグネシウムができないことも当然である。これからも、ピジョン法がいかにエネルギー効率が悪いかわかるだろう。もっと大事なことは、マグネシウムを再生するためのエネルギーは酸化マグネシウムを4000度にする4kJよりもはるかに巨大なエネルギーが必要なことである。これは、酸化マグネシウムをマグネシウムに分解するエネルギー、マグネシウムを蒸発するエネルギーが余分に必要だからである。だから、4000度に加熱した後も、その5倍以上のエネルギーを与えないとマグネシウムが生成できないのである。

マグネシウム循環社会構想[編集]

マグネシウムを用いてエネルギーを貯蔵し、これを電池や発電に使い使用済み燃料を太陽光等の自然エネルギーを用いて元のマグネシウムに戻すことにより、自然エネルギーを貯蔵するという「マグネシウム循環社会」構想は、2006年に東京工業大学の矢部教授によって提案された[8][11]

さらに、2007年には、矢部らによって自動車等の利用に燃料取り換え可能のマグネシウム電池が提案され、これはマグネシウム燃料電池と名付けられている[8]

2012年には、この燃料型マグネシウム電池の特許が成立し[12]、実用化に向かって大きく前進している。この電池はフィルム型マグネシウム電池と呼ばれており、蒸着されたマグネシウムフィルムを、テープレコーダーのように巻き取りつつ発電してゆくものである。

フィルム型の利点は、高効率であること、使用していない状態でのマグネシウムの劣化がなく、長時間の停止状態からすぐに再開できること、熱暴走などにより電池全体が損傷したり火災の危険などの問題のないことなど、多くの特徴を持っている。現在、この電池は実用化に向かって進んでいるようであるが、実際に採用している大手企業名等は企業側の要望により秘密とされている[13]


実用化に向けた取り組み[編集]

ただ、このときの走行はリチウムイオン電池で行われており、マグネシウム電池はリチウムイオン電池を充電しただけであるとの一部報道もあるが事実は不明である[16]

  • 2013年12月20日東工大の矢部孝教授らのグループと藤倉ゴム工業が共同で開発したフィルム状のマグネシウムをロール状に巻き、テープレコーダーのような仕掛けで少しずつ送り出して塩水と持続的に反応させ、塩水を交換しなくても長時間使える電池を用いて、この電池を動力とする車の走行試験に成功[17][18]。従来のマグネシウム電池には大量の塩水を数時間おきに交換する必要があるなどの問題があったが、開発されたフィルム型マグネシウム電池はその部分が解決され、スマホ用充電池として使った場合、「1カ月間は充電せずに使用できる」と発表されている[17][18]


二次電池化[編集]

正極活物質を工夫する必要があるが、酸化物は構造が安定しているものの、マグネシウムイオンが正極にトラップされやすいため充電が難しく、硫化物は構造が不安定で電解液中に溶解する等の問題があった。そこで両者を併用することで特性の向上が図られている[3]。 現在のところ容量は250Wh/kgであり、10サイクル後の維持率は90%である。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Messina, John (2010年4月23日). “Magnesium: Alternative Power Source”. 2010年6月7日閲覧。
  2. ^ MAFC verses HFC (Hydrogen Fuel Cell)”. 2010年6月7日閲覧。
  3. ^ a b c WIRED VISION. “次世代電池レースで脚光を浴び始めた「マグネシウム電池」”. 2010年6月9日閲覧。
  4. ^ サイエンスZERO 2013年3月10日放送内容より
  5. ^ a b 世界初「高性能マグネシウム燃料電池」を共同開発(東北大学) (PDF)
  6. ^ Murray,J.P., Steinfeld,A. and Fltcher,E.A., "Energy" 20, 1995, p.695
  7. ^ Abu-Hamed, Karni,J. and Epstein,M., "Sol. Energy" 81, 2007, p.93
  8. ^ a b c 矢部他、"太陽光レーザーが拓く新エネルギー"、日経サイエンス2007年11月号,p.30-40
  9. ^ Mohamed,M.S., et.al., Journal of Applied Physics, vol.104, (2008)113110
  10. ^ Liao,S.H., et.al.,Journal of Applied Physics,vol.109, (2011) 013103
  11. ^ 矢部他,"太陽エネルギーと蓄積", 学術月報 2006年2月号Vol.59-2 p.125-129
  12. ^ 特開2012-15013号公報
  13. ^ "夢のマグネシウム電池ってなんだ!?"、プレイボーイ2013年3月11日号p.134-135
  14. ^ “マグネシウム電池搭載 3輪EV、100キロ走破”. 河北新報. (2012年12月12日). http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121212t72015.htm 2012年12月17日閲覧。 
  15. ^ タンデムstyle2013年5月春の特大号 ASIN: B00BPWK6RY 2013年3月23日発売
  16. ^ 軽金属通信 2013年1月18日 第4304号"共に世界初、日本はいわき・仙台市間百km"
  17. ^ a b “新型電池、実用化にメド 携帯電話なら1カ月 東工大など、マグネシウムを電極に”. 日本経済新聞. (2013年12月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20062_R21C13A2CR8000/ 2014年1月18日閲覧。 
  18. ^ a b “インタビュー:マグネシウム電池の開発に本腰=藤倉ゴム常務”. ロイター. (2014年2月5日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1404O20140205?pageNumber=1&virtualBrandChannel=14173 2014年1月18日閲覧。