ウィリアム・ヒューウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ヒューウェル
人物情報
生誕 1794年5月24日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 ランカスター
死没 1866年3月6日(満71歳没)
イギリスの旗 イギリス ケンブリッジ
出身校 ケンブリッジ大学
学問
研究分野 科学哲学神学
研究機関 ケンブリッジ大学
主な業績 英語において「科学者」および「物理学者」という言葉を発明
影響を
与えた人物
オーガスタス・ド・モルガン
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ウィリアム・ヒューウェル(William Whewell、1794年5月24日 - 1866年3月6日)は、イギリスの科学者、科学史家、科学哲学者、司祭、神学者。科学哲学の黎明期においてカント流の合理主義的科学哲学を展開し、後の科学哲学に大きな影響をあたえた。英語において「科学者」(scientist) という言葉を発明した人物としても知られる。

生涯と業績[編集]

ヒューウェルはイングランドランカスターの貧しい家庭に生まれ、奨学金を得てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ。彼は同カレッジで鉱物学の教授(1828年 - 1832年)と道徳哲学の教授(1838年 - 1855年)を歴任した。

主要著作[編集]

  • 1833 Astronomy and General Physics considered with reference to Natural Theology (ブリッジウォータートリーティーズの一冊)
  • 1837 History of the Inductive Sciences
  • 1840 The Philosophy of the Inductive Sciences, Founded Upon Their History

文献[編集]

執筆の途中です この「ウィリアム・ヒューウェル」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。