減極剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

減極剤(げんきょくざい)は、電池あるいは電解槽英語版内において、分極が起こるのを防止する物質である[1][2]。おもに酸化剤が用いられる理由は、分極が陰極(負極)から陽極(正極)へ流れてきた電子水素イオンが結びつくことで起きるからで、これを酸化する働きをもつ[1][2][3]二酸化マンガン過酸化水素水二クロム酸カリウム、あるいは酸素など[1]

消極剤(しょうきょくざい)、復極剤(ふっきょくざい)[3]活物質(かつぶっしつ)ともいう[2]。冒頭のような一般的な活性物質を正極活物質(せいきょくかつぶっしつ)と呼び、逆に陰極まわりで作用する、還元剤を用いた負極活物質(ふきょくかつぶっしつ)も存在する[2]

略歴・概要[編集]

電池あるいは電解槽内において「分極」が起きるのが不都合なのは、反対方向の起電力を生じるからである[4]。減極剤は、発生した水素を酸化(あるいは還元)して解消し、正方向の起電力を保つ[1][2][3]

おもな減極剤[編集]

一次電池二次電池における減極剤の一覧である[5]

電池 構成
正極活物質
(減極剤)
電解質 負極活物質



マンガン乾電池 二酸化マンガン電解 塩化亜鉛塩化アンモニウム 亜鉛
アルカリマンガン電池 二酸化マンガン電解 水酸化カリウム 亜鉛
酸化銀電池 酸化銀(I) 水酸化カリウムあるいは水酸化ナトリウム 亜鉛
水銀電池 酸化水銀(II) 水酸化カリウムあるいは水酸化ナトリウム 亜鉛
酸化水銀(II)+二酸化マンガン 水酸化カリウム
空気電池 酸素 塩化アンモニウム、塩化亜鉛 亜鉛
水酸化カリウム
リチ
ウム
電池
二酸化マンガン系 二酸化マンガン(β) 炭酸プロピレン等の有機溶媒過塩素酸リチウム英語版 リチウム
フルオロカーボン フルオロカーボン((CF)n 同上+四フッ化ホウ酸リチウム英語版
酸化銅(II) 酸化銅(II) 同上+ジオキソラン
塩化チオニル 塩化チオニル 塩化チオニル+塩化リチウム三塩化アルミニウム
固体電解質 ヨウ素 ヨウ化リチウム
塩化チオニルリチウム電池 炭素 塩化チオニール、塩化リチウム、三塩化アルミニウム
超薄型 CF2 二酸化マンガン



鉛蓄
電池
開放形 二酸化鉛 硫酸
密閉形






ニッケル
カドミ
ウム電池
密閉形 オキシ水酸化ニッケル 水酸化カリウム カドミウム
開放形
酸化銀・亜鉛蓄電池 酸化銀(I) 水酸化カリウム(酸化亜鉛飽和) 亜鉛
ニッケル・亜鉛蓄電池英語版 水酸化ニッケル 水酸化カリウム(酸化亜鉛飽和) 亜鉛
酸化銀・カドミウム電池 酸化銀(I) 水酸化カリウム カドミウム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉「減極剤」、コトバンク、2012年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 電機大、p.99.
  3. ^ a b c デジタル大辞泉『消極剤』 - コトバンク、2012年1月19日閲覧。
  4. ^ デジタル大辞泉『分極』 - コトバンク、2012年1月19日閲覧。
  5. ^ 電機大、p.100-101.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]