うどんこ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うどんこ病

うどんこ病(うどんこびょう)は子嚢菌ウドンコカビ科純活物寄生菌による植物病害の総称。ブドウ、麦類(コムギオオムギ)、野菜などの重要な病害である。

概要[編集]

葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる症状で、他の病害と容易に区別できる。一箇所から始まり、広がるとともに分生子を形成して離れた所にも感染する。ウドンコカビ科自体は高緯度の冷涼地帯に分布中心がある菌であるが、分生子が過湿環境であると給水のし過ぎで破裂しやすいこともあり、高温乾燥時に蔓延しやすい。冬になると有性生殖を行って黒い粒状での子実体子嚢殻)を形成し、この形態で越冬するが、温暖地では有性生殖が起こりにくい傾向がある。後に子嚢殻の内部には子嚢と子嚢胞子を作る。子嚢殻の表面には、複雑な形の付属糸が生えており、これが分類の基準となる。

英名[編集]

英語ではPowdery mildewと呼ばれる。単にMildewというと、べと病Downy mildew)なども含めた呼び名であり、また一般のカビを指すこともある。

種類[編集]

原因菌は ウドンコカビ科英語版 (Erysiphaceae) に属する子嚢菌(一部は有性生殖が確認されていないために不完全菌に分類される)で、その種類は植物種によって異なる。たとえば

予防・防除[編集]

  • 窒素肥料は少なめにし、株・葉の間を開けて風通しをよくする。
  • 土壌の排水性を良くし、根が健全に育つように努める。
  • 麦類などでは刈り株に菌が残るので、除去する。
  • 異なる種類の作物を輪作する。
  • 殺菌剤(アゾール系や炭酸水素カリウムなど)を用いる。
  • 乾燥すると発生しやすい病気なので、水を散布する。