マクマード基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯77度51分 東経166度40分 / 南緯77.850度 東経166.667度 / -77.850; 166.667

マクマード基地の位置
マクマード
基地の位置
上空から見たマクマード基地

マクマード基地(マクマードきち、McMurdo Station)は、アメリカ合衆国南極観測基地。南緯77度51分、東経166度40分のロス島ハットポイント半島南端部に位置する[1]

概要[編集]

1956年にアメリカ海軍が当地に設営した拠点 (Naval Air Facility McMurdo) が基になっている。現在はレイセオン・ポーラー・サービス社によって運営されており、南極点にあるアムンゼン・スコット基地への補給中継点となっている。

マクマード基地は南極の観測基地の中でも特に規模が大きいものの一つで、100以上の建物から構成されている。滞在人員は夏季には1000人以上にのぼり、冬季でも200人ほどが常駐している。アクセスも容易で、船舶の接岸が可能であるほか、以下の3本の滑走路を備えている:

  • ペガサス・アイスランウェイ (ICAO: NZPG) - 大陸氷河上滑走路(恒久施設、ブラックアイランドにある)
  • シー・アイスランウェイ (ICAO: NZIR) - 氷結海面上滑走路(冬季のみ、これが基地に一番近い)
  • ウィリアムズ・フィールド (ICAO: NZWD) - 雪原上滑走路(恒久施設)

基地に電力や暖房を安価にかつ安定して供給するため、1962年には小型の原子力発電所が建設されその後10年ほど稼働していたが、基地へのアクセス向上に伴って燃料輸送が年間を通じて可能となったため、1972年に撤去された。

脚注[編集]

  1. ^ ロス島はニュージーランド が領有権を主張しているロス海属領に含まれるが、アメリカはニュージーランドの主張を承認していない。また、ニュージーランドの領有権は南極条約により凍結されている。

外部リンク[編集]