ハシグロアビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシグロアビ
Common Loon with chick.jpg
ハシグロアビ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: アビ目 Gaviiformes
: アビ科 Gaviidae
: アビ属 Gavia
: ハシグロアビ G. immer
学名
Gavia immer
Brunnich, 1764
和名
ハシグロアビ
英名
Great Northern Diver(英)
Common Loon(北米)

ハシグロアビ(嘴黒阿比、学名:Gavia immer)は、アビ目アビ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

北アメリカ大陸北部とグリーンランド沿岸で繁殖し、冬季は北アメリカ沿岸、アリューシャン列島アイスランドイギリススカンジナビア半島沿岸に渡り越冬する。

日本では迷鳥として、岩手県[1]青森県で観察記録がある。

Gavia Immer-map-localisation.svg

黄色:繁殖地、橙色:越冬地、緑色:留鳥

形態[編集]

体長約80cm。体色はハシジロアビとよく似ているが、嘴の色の違いで区別できる。

成鳥夏羽は、頭部から頸にかけては光沢のある黒色で、喉と側頸に白と黒の縦じま模様がある。体の上面は黒く白斑が点在し、体の下面は白い。嘴の色は黒く、まっすぐ伸びている。成鳥冬羽は、体の上面がやや灰色みをおびた黒色で、体の下面は白い。幼鳥は体の上面が灰色みをおびた褐色で、体の下面は褐色がかった白色である。雌雄同色である。

生態[編集]

非繁殖期は海上に生息する。

川や湖の岸辺の地上に少し窪みを作り植物を敷いて営巣する。1腹2-3個の卵を産む。抱卵期間は約29日で、雌雄協同で抱卵する。

人間との関わり[編集]

ミネソタ州の州鳥である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初野謙「迷鳥大図鑑」『BIRDER』25巻10号、文一総合出版、2011年、21頁

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』、平凡社2000年
  • 荒俣宏 『世界大博物図鑑 別刊1 絶滅・希少鳥類』、平凡社1993年、34-35頁
  • マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、2006年、34頁

関連項目[編集]