グレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレーン
grain
Gerstenkorrels Hordeum vulgare.jpg
大麦の粒
記号 gr
度量衡 ヤード・ポンド法
質量
SI 0.064 798 91 g (正確に)
定義 (1/7000)常用ポンド(正確に)
由来 大麦の種1粒の重さ
語源 古フランス語 grein(穀物)
テンプレートを表示

グレーン(grain, 記号:gr)は、ヤード・ポンド法における質量単位である。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡トロイ衡薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。

古くは、ポンドとグレーンとは別々の単位であり、その換算値は様々であったが、1574年に商人と金細工職人からなる委員会が調査して、1常用ポンドがほぼ7000グレーンに等しいことが確認された[1]。その後、1758年の法令によって1常用ポンド = 正確に7000グレーンと定められた[2]

現在は1グレーンは1959年7月1日以降、正確に 0.064 798 91グラム(64.798 91ミリグラム)である。これは、英米などの6カ国による1958年の国際協定で、常用(常衡)ポンドが7で割り切れるように、0.453 592 37 kgと定義されたからである[1]。この、国際協定で定義されたポンドは「国際ポンド」(International pound)と呼ばれている。

今日ではグレーンは、弾丸火薬の質量を量るのに用いられている。以前は錠剤の質量の計量にも用いられていた。 真珠ダイヤモンドの質量の計量には「メートル法グレーン(metric grain)」または「真珠グレーン(pearl grain)」という単位が用いられる。これは50ミリグラム(1/4カラット)に等しい。

当初は、メソポタミア地方において大麦の穂の中央からとれた種1粒の重さとして定義された。今日でも"grain"には穀物という意味がある。

参考文献[編集]

  1. ^ Watson, 68,84
  2. ^ Watson, 85
  • Watson, C.M. (1910), British Weights & Measures, London: John Murray .[2]

関連項目[編集]

質量の単位
キログラム
SI単位)
グレーン 常用オンス 常用ポンド
1 kg = 1 ≈ 15432 ≈ 35.274 ≈ 2.2046 ≈ 266.67 ≈ 1.6667 ≈ 0.26667
1 gr = 0.00006479891 = 1 ≈ 0.0022857 ≈ 0.00014285 ≈ 0.0172797 ≈ 0.000107998 ≈ 0.0000172797
1 oz = 0.028349523125 = 437.5 = 1 = 0.0625 ≈ 7.5599 ≈ 0.047249 ≈ 0.0075599
1 lb = 0.45359237 = 7000 = 16 = 1 ≈ 120.96 ≈ 0.75599 ≈ 0.12096
1 匁 = 0.00375 ≈ 57.871 ≈ 0.13228 ≈ 0.082673 = 1 = 0.00625 = 0.001
1 斤 = 0.6 ≈ 9259.4 ≈ 21.164 ≈ 1.3228 = 160 = 1 = 0.16
1 貫 = 3.75 ≈ 57871 ≈ 132.28 ≈ 8.2673 = 1000 = 6.25 = 1