常衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

常衡(じょうこう、avoirdupois system)は、ヤード・ポンド法における質量単位の系統の一つである。

通常使われるのは常衡であり、他の2つ(トロイ衡薬衡)は特定の分野でしか用いられない。「常衡」という日本語の名称は、常用される質量単位()という意味である。英語のavoirdupoisは、古フランス語aveir de peis(英語で直訳すれば"goods of weight"の意)に由来するもので、量り売りされる物が常衡によって計量されていたことによる。

常衡のすべての単位はポンドを基準している。ポンド分量オンスグレーンについてはそれぞれの項目を参照のこと。オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、南アフリカ、イギリス、アメリカの6カ国は、1958年に国際協定を締結し、1959年7月1日以降、1ポンドを(近似値ではなく)正確に0.453 592 37キログラムと定めた[1]

元々、フランスで使用されていたころの常衡の単位は以下のようになっていた。

イギリスでは、この系統に14ポンドに相当するストーンという単位が加えられた。そのため、クォーター、ハンドレッドウェイト、トンがそれぞれ28ポンド、112ポンド、2240ポンドとなった。しかし、北アメリカのイギリスの植民地では、ストーンの入っていない本来の常衡が使われた。そのため、アメリカではクォーター、ハンドレッドウェイト、トンが25ポンド、100ポンド、2000ポンドのままとなっている。アメリカの常衡は"short"、イギリスの常衡は"long"と呼ばれる。

ストーンが入った後のイギリスの常衡の単位は以下のようになる。

  • 16ドラム = 1オンス(oz)
  • 16オンス = 1ポンド(lb)
  • 14ポンド = 1ストーン(st)
  • 2ストーン = 1クォーター(qtr)
  • 4クォーター = 1ハンドレッドウェイト(cwt)
  • 20ハンドレッドウェイト = 1トン(t)

関連項目[編集]