カナダの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダの国章
Coat of Arms of Canada rendition.svg
国章に描かれているの部分。全体は英語版を参照。
詳細
使用者 カナダ
採用 1921年11月21日

カナダ国章(カナダのこくしょう The Royal Coat of Arms of Canada)は、1921年11月21日カナダで正式に公認され、1957年1994年に修正が加えられたカナダ国王紋章であり、またすなわち国としてのカナダの紋章である。植民地時代以来のイギリスとの歴史的関係により、イギリスの国章に則し、イギリスの独自部分を削除しカナダ的な要素を加え制定された。正式名称は「the Arms of His/Her Majesty in Right of Canada」(カナダ統治者国王陛下の章)とされる。

デザイン[編集]

カナダの国章は、他のイギリス連邦諸国と同様、イギリスの紋章の伝統に則したデザインになっている。

イギリスの国旗を掲げたライオンと、ブルボン朝のフランス王旗を掲げたユニコーンを支えている。盾の上にもライオンが描かれ、カナダを象徴するサトウカエデの葉を持っている。盾の下部にもカエデの葉は描かれている。

盾の中の紋章は左上が3頭のライオンで、リチャード1世の頃からのイングランドの国章。右上が2重枠に入った赤いライオンでウィリアム1世獅子王の頃からスコットランドの国章。左下が金のハープのアイルランドの国章、右下がフルール・ド・リスフランス王家の紋章である。その下にはカナダを象徴するサトウカエデの葉が置かれている。この葉は以前は緑色であったが1957年に赤に変更された。この盾のデザインは1921年から1965年まで使用されたレッド・エンサインの旧国旗にも見られた。このデザイン要素はカナダ国王旗(王旗)にも使用されている。

なぜフランス王旗が描かれているか[編集]

カナダの国章に、フランス王家の紋章が描かれている理由にはいくつかの説がある。

  • 過去に、フランスの植民地だったことがあるため。
  • 過去に、カナダ先住民とフランスが仲が良かったため。
  • カナダの名付け親がフランスの探検家であったため。
  • 英仏戦争が終結し、おたがいが友好関係となったことを記念した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]