フィンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィンランド語
suomi / suomen kieli
発音 IPA: /ˈsuo.mi/
話される国 フィンランドの旗 フィンランド
エストニアの旗 エストニア
イングリアの旗 ロシア連邦イングリア
カレリア共和国の旗 ロシア連邦カレリア共和国
ノルウェーの旗 ノルウェー
スウェーデンの旗 スウェーデン
トルネ谷
地域 北ヨーロッパ
話者数 500万
話者数の順位 100位以下
言語系統
公的地位
公用語 フィンランドの旗 フィンランド
欧州連合の旗 欧州連合
統制機関 Kotimaisten kielten tutkimuskeskus[1]
言語コード
ISO 639-1 fi
ISO 639-2 fin
ISO 639-3 fin
テンプレートを表示

フィンランド語(フィンランドご、suomi, suomen kieli)は、ウラル語族フィン・ウゴル語派フィン・ペルム諸語英語版フィン・ラップ諸語英語版に属すバルト・フィン諸語の一言語。主にフィン人が使用する。

原語名称からスオミ語(Suomi)、またフィン語ともいう。この言語は膠着語であり、15を有する。また同じバルト・フィン諸語にはエストニア語サーミ語カレリア語などが挙げられる。

概要[編集]

約600万人の人々が同言語を話し、その内の93%がフィンランド国内の人々である。フィンランドのうちオーランド諸島と一部の地域ではスウェーデン語を用いているか、もしくはフィンランド語とスウェーデン語を併用している。フィンランド国外の使用者は、冬戦争継続戦争で失った現ロシア連邦カレリア共和国に多く話者はおよそ7万人とされる。表記にはラテン文字を採用している。

フィンランド語はウラル語族であるため、話者グループの居住地が地理的に近いスウェーデン語デンマーク語など他の北ヨーロッパの言語や、英語ドイツ語などのインド・ヨーロッパ語族とは大きく異なる。

歴史[編集]

紀元前[編集]

中世[編集]

近世以後[編集]

文字と発音[編集]

アルファベットの文字は A~Z までの26文字にÅ、 Ä、Ö を加えた全29文字だが、B・C・F・Q・W・X・Z はほとんど使用されない。シャ行を表すš が使用されることもある。例は、šekki(シェッキ、切手)など。尚、特殊文字が表記できないワープロソフトの場合、ドイツ語スウェーデン語では、ä を ae と表記する事もあるが、フィンランド語においては ää のように連続して同じ母音が使用されることがあるので、このような措置は採られず、通常通り aa と表記して、単語や母音調和で読む時に判断する。

R は歯茎ふるえ音で、舌先を振動させて発音される。J はドイツ語などと同じく /j/ である。

Å はスウェーデン語のものを表す時稀に使われる程度である。

音韻[編集]

フィンランド語の音韻構造を、国際音声記号 (IPA) を用いて示す。

母音[編集]

フィンランド語における短母音には、次表に記すものがある。各枠の左方に文字を、右方にその発音方法を IPA でそれぞれ記す。

前舌 中舌 後舌
非円唇 円唇 非円唇 円唇
i i y y u u
半狭 e e ö ø o o
半広
ä æ a ɑ

フィンランド語においては、日本語にはない母音があるので注意が必要である。

  • "u" は、日本語の「う」よりももっと唇を円くして、尖らせて発音する。
  • "y" は、"i" の舌の位置のまま、唇の形を "u" にして発音する。
  • "ö" は、"e" の舌の位置のまま、唇の形を "o" にして発音する。
  • 日本人の「あ」は "ä" と "a" の区別をしていないものなので注意が必要である。"ä" は、唇を若干横長にした「あ」である。それに対し、"a" は、アメリカ英語の "hot" の "o" に近く、唇を縦長に大きく開け、さらに舌面を下方に押し下げて「あ」と発音する。

フィンランド語の母音は上の8つの短母音と、それを全て長母音化した8つの長母音、そして異なる短母音を2つ以上組み合わせた重母音(多くは二重母音)が全てである。長母音は、短母音字を2つ続け書きして表す:ii, ee, uu, yy, oo, öö, ää, aa。フィンランド語では、母音の長短が意味の区別に大きく影響する。例:tili 口座 / tiili レンガ。

子音[編集]

フィンランド語の子音をIPA にて示す。

両唇 唇歯 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋 声門
鼻音   m       n           ŋ    
破裂音 p (b)     t d         k (g)    
摩擦音     (f) v s   (ʃ)           h  
破擦音         ʦ              
ふるえ音           r            
接近音                   j        
側面接近音           l            

上の表において、1つの枠に2つの小枠がある部分は、左が無声音、右が有声音であることを表す。また、( ) に囲まれた音素は通常外来語にのみ現れる。

フィンランド語の子音文字の発音は、おおむねそれと同じ字形の国際音声字母の示す音を表す。2, 3 ほど注意を付け加えると、

  • "-nk-" は [ŋk] 、"-ng-" は [ŋŋ] と発音される。
  • "ts" は(外来語を除き)必ず語中に現れ、[tʦ] と発音される([ʦ] とはならないことに注意)。
  • "š" は外来語にのみ使用され、[ʃ] の音を表す。しかし外来音であるために [s] で発音されることが多く、また表記にも反映され、"sh" または "s" で書き換えられることも多い。
  • "j" はドイツ語スウェーデン語などと同じく、日本語の「や行」の子音 [j] をあらわす。英語の「ヂュ」やフランス語の「ジュ」の子音のような発音は(外来語でない限り)しない。
  • "r" は巻き舌での発音。

フィンランド語の子音について特徴的なこととして、-tt-, -ll-, -mm- など、同じ子音を重ねた重子音が多く使われることが挙げられる。例:kukka [kukkɑ] 「クッカ」(花)、ammatti [ɑmmɑtti] 「アンマッティ」(職業)。このような重子音(日本語で言うところの促音)の存在は、ヨーロッパではイタリア語が有名であるが、フィンランド語における重子音の頻度はイタリア語よりもさらに多い。フィンランド語においては子音が重なっているか否かで異なる意味になることがかなり多く、きちんと区別して発音しなければならない。kuka(誰)- kukka (花)、pula(欠乏)- pulla (菓子パン)、kisa(競技)- kissa(猫)など。-rr-, -ll- を除けば日本人には慣れた発音である(綿[wata] - 割った[watta]、未開[mikai] - 密会[mikkai]、加盟[kamei] - 感銘[kammei])が、一般的に外国人(例えばアメリカ人やフランス人など)にとってこの類の発音や聞き取りの区別はかなり難しく、フィンランド語習得における難所の1つといわれる。

アクセント[編集]

フィンランド語のアクセントは、英語などの西欧言語と同じく強弱アクセントであり、日本語のように母音の音程が上下する高低アクセント(ピッチアクセント)とは異なる。さらに、フィンランド語では(外来語,間投詞を除き)必ず各単語の語頭の音節に(ピッチの高い)アクセントが付く。2語以上からなる合成語の場合は、その各要素の第1音節に副アクセントが置かれる。

母音調和[編集]

フィンランド語の音韻構造に基づく形態論的特徴の1つとして母音調和が挙げられる。音韻の節で取り上げた母音 A・E・I・O・U・Y・Ä・Ö の8文字の内、 Y・Ä・Ö は前母音、 A・O・U は後母音と呼ばれ、それぞれ別のグループに属する。また E と I は中立母音と呼ばれどちらのグループとも一緒になることが出来る。母音調和が影響するのは、人称変化や格変化の時である。例えば、名詞の接格形(「~のところ(上、表面)に/で」の意)を作る格語尾 -lla があり、sohva(ソファ)を接格形にする場合は sohvalla とそのまま付ければよいのであるが、名詞 Venäjä(ロシア) の場合の接格形は venäjällä のように -llä に変化させなければならない(前母音 Ä と後母音 A が共存できないため)。

名詞の曲用[編集]

フィンランド語の名詞や形容詞は格変化(曲用)する。格変化とは、例えば日本語で「家」という語に「家で」、「家から」、「家へ」などと助詞を付けるのと同じように、格語尾と呼ばれるものを単語の後ろに付けることだと考えられる。例えば talo「家」という単語に語尾を付けて talosta とすると「家から」という意味になる。格変化の際には母音調和、また子音階程交替という事柄を知っておくことが必要である。

母音調和とは、あるグループの母音と別のグループの母音は同じ語の中に現れることが出来ないという法則である。例えば Ä と A は別のグループに属するので、フィンランド語には tämä(これ)という単語はあるが、tamä という語はない。また子音階程交替とは、名詞や動詞が変化する時に単語の中の k・t・p という3つの文字の関連する音が変化をする現象である。例えば kirkko(教会)という語に -ssa という語尾を付けて「教会の中に/で」という意味にすると kirkossa となり、語中の k は1つ減る。この kk → k の他、下表のとおり全部で17通りの子音階程交替がある。変化する前を強階程、変化後を弱階程という。

子音階程交替
強階程 pp p mp tt t nt ht lt rt kk k nk lke rke hke uku yky
弱階程 p v mm t d nn hd ll rr k 消失 ng lje rje hje uvu yvy

格変化の内訳は主格(基本形)、属格対格分格様格変格内格出格入格所格向格離格欠格共格具格の15種類だが、共格と具格は複数形にしか見られない。なお、この内弱階程の形を取るものは単数属格、単・複数対格、単・複数変格、単・複数内格、単・複数出格、単・複数接格、単・複数向格、単・複数奪格、単・複数欠格、複数主格、複数具格の19種類である。

katu(通り)の格変化
格の名称 単数 複数
主格 katu kadut
属格 kadun katujen
対格 kadun (katu) kadut
分格 katua katuja
様格 katuna katuina
変格 kaduksi kaduiksi
内格 kadussa kaduissa
出格 kadusta kaduista
入格 katuun katuihin
所格(接格) kadulla kaduilla
向格 kadulle kaduille
離格(奪格) kadulta kaduilta
欠格 kadutta kaduitta
共格 katuine-
具格 kaduin

動詞の活用[編集]

名詞の後ろに格語尾が付くのと同様、フィンランド語では動詞の後に主語を表す人称語尾が付く。例えば ostaa「買う」という動詞で、ostan は「私が買う」という意味だが、ostat は「あなたが買う」、ostamme は「私達が買う」という意味になる。単数と複数併せて6つの人称を区別する(3人称の彼/彼女の区別はない)ので、6つの人称語尾を覚えることになる。動詞の形としては現在形現在完了形過去形過去完了形条件法現在形、条件法完了形、可能法現在形、可能法完了形に1~3人称までの単数・複数で6個ずつ形がある。その他受動態現在、受動態過去、受動態現在完了、受動態過去完了、受動態の条件法現在、受動態の条件法完了、受動態の可能法現在、受動態の可能法完了、命令形、第一不定詞長形、第二不定詞第三不定詞第四不定詞現在分詞過去分詞行為者分詞動名詞など全て併せると1つの動詞に100以上の変化形があることになる。

puhua(話す)の活用・直説法
人称 現在形 現在完了形 過去形 過去完了形
1人称単数 puhun olen puhunut puhuin olin puhunut
2人称単数 puhut olet puhunut puhuit olit puhunut
3人称単数 puhuu on puhunut puhui oli puhunut
1人称複数 puhumme olemme puhuneet puhuimme olimme puhuneet
2人称複数 puhutte olette puhuneet puhuitte olitte puhuneet
3人称複数 puhuvat ovat puhuneet puhuivat olivat puhuneet


puhua(話す)の活用・条件法
人称 現在形 完了形
1人称単数 puhuisin olisin puhunut
2人称単数 puhuisit olisit puhunut
3人称単数 puhuisi olisi puhunut
1人称複数 puhuisimme olisimme puhuneet
2人称複数 puhuisitte olisitte puhuneet
3人称複数 puhuisivat olisivat puhuneet


puhua(話す)の活用・可能法
人称 現在形 完了形
1人称単数 puhunen lienen puhunut
2人称単数 puhunet lienet puhunut
3人称単数 puhunee lienee puhunut
1人称複数 puhunemme lienemme puhuneet
2人称複数 puhunette lienette puhuneet
3人称複数 puhunevat lienevät puhuneet

※他、受動態・命令法・第1~第4不定詞・分詞・動名詞は省略

フィンランド語由来の言葉[編集]

フィンランド語由来の日本語の単語にはサウナサルミアッキカンテレ、(そりの)アキオなどがある。逆にフィンランド語は日本語からsushi、tsunami、animeなどの単語を借りている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kotimaisten kielten tutkimuskeskus // Etusivu” (フィンランド語). 2007年9月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 青木エリナ『旅の指差し会話帳 フィンランド』(情報センター出版局、ISBN 4-7958-2153-4
  • 荻島崇『フィンランド語日本語小事典』(大学書林、ISBN 4-475-00093-9
  • 荻島崇『基礎フィンランド語文法』(大学書林)
  • 尾崎義『フィンランド語四週間』
  • 小泉保『フィンランド語文法読本』
  • 山下泰文、吉田欣吾他『北欧のことば』(東海大学出版会)
  • 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』(文化出版局→講談社文庫→猫の言葉社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]