100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
99 100 101
素因数分解 22×52
二進法 1100100
八進法 144
十二進法 84
十六進法 64
二十進法 50
ローマ数字 C
漢数字
大字
算木 Counting rod v1.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.png

100(ひゃく、もも)は自然数、また整数において、99の次で101の前の数である。

漢字の(ひゃく、もも)は、単に100を意味する以外に、非常に多いことも表す。また、日本語の訓読みでは、百倍を意味する語尾を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)と読む(例:五百(いお)、八百(やお))。

また、日本語の大和言葉では、数としての100を「もも」といい、単位としての100を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)という(例:五百(いお)= 5 × 100 、八百(やお)= 8 × 100 )。

英語ではhundred(ハンドレッド)およびone hundred(ワン・ハンドレッド)と表記され、序数詞では100thhundredthおよびone hundredthとなる。ラテン語ではcentum(ケントゥム)。

性質[編集]

  • 100 は合成数であり、約数1, 2, 4, 5, 10, 20, 25, 50 と100である。100を除く約数の117過剰数
  • 平方数であり、102。一つ前は81、次は121
  • 100は10の平方であり、2つの平方数の和(ピタゴラス数)である。100 = 102 = 62 + 82
  • 二十進数50は、十進数では100となる。
  • 100は最初の9つの素数の和である。すなわち 100 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23
  • 26 + 62 = 100
  • 13 + 23 + 33 + 43 = 100
  • 1/100 = 0.01 整数の逆数有限小数のうち小数第2位が最後の桁になるのは他に 1/4 = 0.25 , 1/20 = 0.05 , 1/25 = 0.04 , 1/50 = 0.02 の4つ。
  • 1a = 10m×10m = 100m2(→面積の比較
    • 1ha = 100a = 100m×100m = 10,000m2
  • 次のような表示をもつ(下線部は循環節)。
    •  10 = \cfrac{100}{20 + \cfrac{100}{-20 + \cfrac{100}{20 + \cfrac{100}{-20 + \cfrac{100}{\ddots}}}}}20 ,-20。循環節の長さは2)
    •  100 = -100 + 20 \sqrt{-100 + 20 \sqrt{-100 + 20 \sqrt{-100 + 20 \sqrt{\ldots}}}}-100, 20。循環節の長さは2)
  • 次のような小町算の解答例をもつ。
    • 123 - 45 - 67 + 89 = 100
    • 12 + 3.4 + 5.6 + 7 + 8 × 9 = 100
    • 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 × 9 = 100
    • 1 × 2 × 3 - 4 × 5 + 6 × 7 + 8 × 9 = 100

その他 100 に関連すること[編集]

百を形容詞とするもの[編集]

101 から 199 までの整数[編集]

関連項目[編集]