西周 (啓蒙家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amane Nishi.jpg

西 周 (にし あまね、文政12年2月3日1829年3月7日) - 明治30年(1897年1月31日) は江戸時代後期から明治時代初期の幕臣官僚啓蒙思想家、教育者貴族院議員、男爵錦鶏間祗候勲一等瑞宝章1897年)。周助ともいう。

生涯[編集]

石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家柄。父・西時義(旧名・森覚馬)は森高亮の次男で、川向いには西周の従甥(森高亮の曾孫)にあたる森鷗外の生家がある。西の生家では、彼がこもって勉学に励んだというが保存されている。

漢学の素養を身につける他、天保12年(1841年)に藩校養老館蘭学を学んだ。安政4年(1857年)には蕃書調所の教授並手伝となり津田真道と知り合い、哲学ほか西欧の学問を研究。文久2年(1862年)には幕命で津田真道・榎本武揚らとともにオランダに留学し、フィセリングに法学を、またカント哲学経済学国際法などを学ぶ。オランダ留学中の1864年ライデンフリーメイソンリーに入会している。

慶応元年(1865年)に帰国した後、目付に就任[1]徳川慶喜の側近として活動する。王政復古を経た慶応4年(1868年)、徳川家によって開設された沼津兵学校初代校長に就任。同年、『万国公法』を訳刊。明治3年(1870年)には乞われて明治政府に出仕、以後兵部省文部省宮内省などの官僚を歴任し、軍人勅諭軍人訓戒の起草に関係する等、軍政の整備とその精神の確立につとめた。

明治6年(1873年)には森有礼福澤諭吉加藤弘之中村正直西村茂樹・津田真道らと共に明六社を結成し、翌年から機関紙『明六雑誌』を発行。啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くことに尽力した。

東京学士会院(現在の日本学士院)第2代及び第4代会長[2]獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長を務めた。

明治17年(1884年)頃から右半身が麻痺しはじめ、明治20年(1887年)、健康上の理由により文部省陸軍省学士会院会員の公職を辞職した。明治23年(1890年)には貴族院議員に任じられ、同年10月20日、錦鶏間祗候となる[3]。明治24年(1891年)、体の衰弱が著しくなり貴族院議員を辞職した。明治25年(1892年)、大磯の別邸に移った。歩行は不自由で外出は不可能であったが、学問の研究は続けられ、西洋の心理学と、東洋の儒教・仏教の思想を統一した新しい心理学の体系を書き続けた。その著『生性発蘊』は、遂に未完に終わった。明治30年(1897年)、明治天皇は西の功績に対し勲一等瑞宝章男爵の位を授けた。同年1月31日に死去。享年68。墓所は東京都港区青山霊園

人物[編集]

獨逸学協会学校[編集]

明治14年(1881年)、獨逸学協会の創立に参画し、2年後の開校にあたり初代校長に就任した。西は獨逸学協会学校開校式の演説において「そもそも、学をなす道はまず志を立つるにあり」「志を立てて学問に従事すれば、これに次ぐものは勉強にあり」と述べている。

親族[編集]

著作・主な論考[編集]

『西周全集(全4巻)』宗高書房、1960~1971年に刊行完結。 編集委員は大久保利謙

  • 第1巻【哲学篇】
    • 百一新論 (1874)
    • 復某氏書 (1870年頃執筆)
    • 致知啓蒙 (1874:日本初の形式論理学解説書)
    • 知説 (1874:知識論)
    • 美妙学説 (執筆年不明:美学の解説)
    • 教門論 (1874:宗教論)
    • 人世三宝説 (1875:道徳論)
    • 心理説ノ一斑 (1886:心理学についての講演)

伝記[編集]

[編集]

  1. ^ 小川恭一編著 『寛政譜以降旗本家百科事典』第4巻、東洋書林、1998年5月、2063頁。ISBN 4-88721-306-9
  2. ^ 初代会長は福澤諭吉である。
  3. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  4. ^ 「百一新論」[1](PDF-P6)[2]。「百一新論」は東京の山本覚馬(ヤマモトカクマ)により明治7年3月に出版されたもの(近代デジタルライブラリーで閲覧可能[3])。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]