岡野敬次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡野敬次郎

岡野 敬次郎(おかの けいじろう、1865年11月9日慶応元年9月21日) - 1925年大正14年)12月23日)は、日本の官僚、政治家、法学者。男爵法制局長官(第11代、第13代、第15代)司法大臣(第25代)、農商務大臣(第33代)、文部大臣(第41代)、枢密院副議長(第9代)、東京帝国大学法学部教授、中央大学学長を務めた。

来歴[編集]

上野国生まれ。共立学校第一高等中学校等を経て、帝国大学法科大学(のちの東京帝大)を卒業した後、同大学大学院に進学。法学博士となり、教授に就任する。同時に政府に入り、農商務省官房長、内閣恩給局長、高等捕獲審検所評定官を歴任。1906年、第1次西園寺内閣で法制局長官に就任。1908年4月21日、宮中顧問官を兼任[1]。同年12月28日に貴族院勅選議員となる[2]。1911年、第2次西園寺内閣で再び内閣法制局長官に就任。1913年、第1次山本内閣で三度内閣法制局長官に就任。同年6月9日、宮中顧問官を辞任[3]。1922年、加藤友三郎内閣で司法大臣に就任し初入閣。1923年、第2次山本内閣で文部大臣兼農商務大臣として二度目の入閣を果たした。1925年10月に枢密院副議長に就任し、男爵を授けられたがその年の暮れに没した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7443号、明治41年4月22日。
  2. ^ 『官報』第7654号、明治41年12月29日。
  3. ^ 『官報』第258号、大正2年6月10日。


先代:
一木喜徳郎
安広伴一郎
一木喜徳郎
法制局長官
第11代:1906年 - 1908年
第13代:1911年 - 1912年
第15代:1913年
次代:
安広伴一郎
一木喜徳郎
倉富勇三郎
先代:
山脇玄
行政裁判所長官
第6代:1913年 - 1922年
次代:
窪田静太郎
先代:
大木遠吉
司法大臣
第25代:1922年 - 1923年
次代:
田健治郎
先代:
犬養毅
文部大臣
第41代:1923年
次代:
江木千之
先代:
田健治郎
農商務大臣
第33代:1923年 - 1924年
次代:
前田利定
先代:
穂積陳重
枢密院副議長
第9代:1925年
次代:
倉富勇三郎
先代:
穂積陳重
帝国学士院
第11代:1925年
次代:
桜井錠二