大浦兼武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大浦 兼武
大浦兼武
生年月日 1850年6月15日
出生地 日本の旗 薩摩国薩摩郡宮之城郷[1]
没年月日 1918年9月30日
死没地 日本の旗 日本
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
子爵

日本の旗 第28・31代 内務大臣
内閣 第3次桂内閣 (28)
第2次大隈内閣 (31)
任期 1912年12月21日 - 1913年2月20日 (28)
任期 1915年1月7日 - 同7月30日 (31)

日本の旗 第22・26代 農商務大臣
内閣 第2次桂内閣 (22)
第2次大隈内閣 (26)
任期 1908年7月14日 - 1911年8月30日 (22)
任期 1914年4月16日 - 1915年1月7日 (26)

日本の旗 第14代 逓信大臣
内閣 第1次桂内閣
任期 1903年9月22日 - 1906年1月7日

その他の職歴
宮城県の旗 第6代 宮城県知事
1898年7月28日 - 同8月9日
熊本県の旗 第4代 熊本県知事
1896年12月1日 - 1898年7月28日
山口県の旗 第4代 山口県知事
1895年3月26日 - 1896年12月1日
島根県の旗 第10代 島根県知事
1893年3月21日 - 1895年3月27日
テンプレートを表示

大浦 兼武(おおうら かねたけ、嘉永3年5月6日1850年6月15日) - 大正7年(1918年9月30日)は、幕末薩摩藩士明治警察官僚政治家

島根県知事(第10代)、山口県知事(第4代)、熊本県知事(第4代)、宮城県知事(第6代)、警視総監(第12・14代)、貴族院議員勅選)、逓信大臣第14代)、農商務大臣(第2226代)、内務大臣(第2831代)、大日本武徳会会長を歴任した。

経歴[編集]

薩摩藩主島津家分家である宮之城島津家の家臣として生まれる。戊辰戦争では薩摩藩軍に参加し、奥羽方面に出征。

明治維新後は警察官となり、邏卒から累進して明治8年(1875年)、警視庁警部補に昇任。明治10年(1877年)、西南戦争抜刀隊を率いて功績を挙げた。このとき陸軍中尉兼三等小警部となる。

明治14年(1882年)、大阪府警部長(現在の警察本部長)に就任。明治17年(1884年)に起きた松島事件(陸軍兵士と警察官の乱闘事件)に際しては、軍服姿で双方の上官として現場を鎮定し、評価を高めた。明治21年(1888年)、警保局次長に就任。

明治26年(1893年)以降、島根県山口県熊本県宮城県知事を歴任。明治31年(1898年)、警視総監に就任。明治33年(1900年)3月19日、貴族院議員勅選される[2]

明治36年(1903年)、第1次桂内閣逓信大臣として初入閣。その後も第2次桂内閣農商務大臣第3次桂内閣内務大臣第2次大隈内閣の農商務大臣・内務大臣を歴任。立憲同志会の創立にも加わる。

しかし、大隈内閣の内相時代に選挙違反の嫌疑で取り調べを受けることになり、そこからかつて第2次桂内閣で農商相だったときに二個師団増設案を通過させるために議員を買収していたことが発覚。これで内相を辞任することになり、政治生命を絶たれることとなった(大浦事件)。

大正4年(1915年)8月3日に貴族院議員を辞職し[3]、翌日に隠居した[4]

大正7年(1918年)死去。享年68。

大日本武徳会会長、日英博覧会総裁も務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大浦兼武とは - コトバンク、2013年7月28日閲覧。
  2. ^ 『官報』第5012号、明治33年3月20日。
  3. ^ 『官報』第902号、大正4年8月4日。
  4. ^ 『官報』第911号、大正4年8月14日。
  5. ^ 『官報』第7072号、「叙任及辞令」1907年01月28日。
  6. ^ 『官報』第7578号・付録、「辞令」1908年09月28日。

参考文献[編集]

  • 香川悦次、松井広吉編『大浦兼武伝』、大浦氏記念事業会

外部リンク[編集]


公職
先代:
原敬
大隈重信
日本の旗 内務大臣
第28代:1912年12月21日 - 1913年2月20日
第31代:1915年1月7日 - 1915年7月30日
次代:
原敬
大隈重信
先代:
松岡康毅
山本達雄
日本の旗 農商務大臣
第22代:1908年7月14日 - 1911年8月30日
第26代:1914年4月16日 - 1915年1月7日
次代:
牧野伸顕
河野広中
先代:
曾禰荒助
日本の旗 逓信大臣
第14代:1903年9月22日 - 1906年1月7日
次代:
山縣伊三郎