福岡孝弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 福岡孝弟
  • 福岡孝悌
日本の旗 日本の政治家
福岡 孝弟
Fukuoka Takachika.jpg
生年月日 1835年3月3日
天保6年2月5日
出生地 土佐国高知
没年月日 1919年大正8年)3月7日
死没地 日本の旗 日本 東京府
前職 Japanese crest Tosa kasiwa.svg 土佐藩家老
称号 勲一等旭日桐花大綬章
子爵

日本の旗 第6代 文部卿
在任期間 1881年(明治14年)4月7日 - 1883年(明治16年)12月12日
テンプレートを表示

福岡 孝弟[1](ふくおか たかちか、天保6年2月5日1835年3月3日) - 大正8年(1919年3月7日)は、日本の幕末から明治時代の土佐藩士、政治家。五箇条の御誓文を起草した人物である。通称は藤次、雅号は南蘋。栄典勲一等子爵

来歴[編集]

幕末[編集]

生誕地(高知県高知市升形)

天保6年(1835年)、土佐藩士・福岡孝順(180石)の次男として生まれる。安政元年(1854年)、吉田東洋の門下生として後藤象二郎板垣退助らと共に師事し、その薫陶をうけた。安政5年(1858年)、吉田の藩政復帰に伴って大監察に登用され、後藤らと若手革新グループ「新おこぜ組」を結成して藩政改革に取り組む。反主流派の土佐勤皇党を弾圧するなどしたが、文久2年(1862年)の吉田暗殺によって失脚する。

文久3年(1863年)、藩主・山内豊範の側役に就任して公武合体運動に尽力する。他方で坂本龍馬海援隊陸援隊と提携するなど、前藩主・山内容堂を中心に藩営商社・開成館を通じて殖産興業政策を推進した。

慶応3年(1867年)、参政に就任。幕府を中心とする公議政体論を藩論とし、大政奉還の実現に向けて薩摩藩との間に薩土盟約を締結する。同年、後藤とともに将軍徳川慶喜に大政奉還を勧告し、武力討幕派の薩摩藩や長州藩に対抗した。

明治以降[編集]

明治維新では、後藤や板垣らと共に徴士参与として新政府に出仕。越前藩由利公正とともに五箇条の御誓文を起草した[2]

明治4年(1871年)、王政復古の功を賞されて賞典禄400石を授けられる。議事政体取調所御用係を経て藩の少参事、権大参事。政府内では土佐の一人として、司法大輔に任ぜられた。司法大輔時代の明治5年(1872年)11月23日、司法卿江藤新平と共同で、法律でを持つことを禁止すべきとの建白書を提出する。しかし、蓄妾は旧来の慣習であったため、建白はいつしか立ち消えとなって採用されることはなかった。その後、元老院議官文部卿参議枢密顧問官宮中顧問官などの要職を歴任した。明治17年(1884年)、子爵を授けられる。

大正8年(1919年)3月7日、薨去。享年85。墓は、東京都豊島区染井墓地にある。

栄典[編集]

著作[編集]

記録・回顧録
  • 「大政奉還始末 並昔日談」(『旧幕府』第2巻第1号、冨山房雑誌部、1898年1月)
  • 「実歴史伝(第三) 福岡孝弟子」(『太陽』第5巻第4号、博文館、1899年2月)
  • 「五事御誓文起草始末」(坪谷善四郎編 『当代名流 五十家訪問録』 博文館、1899年11月)
  • 「大政奉還前後の事情(明治四十三年十一月十四日)」(『温知会速記録 第壱号』)
  • 「余の文部卿当時」(『教育時論』第982号、開発社、1912年7月)
  • 『子爵福岡孝弟談話筆記』 維新史料編纂会、1912年12月談話
  • 「壬戍事 自文久元年六月至文久二年十月」(岩崎英重編輯 『維新日乗纂輯 第一』 日本史籍協会、1925年11月)

脚注[編集]

  1. ^ 墓碑、戸籍謄本などによる。「福岡孝弟の墓」
  2. ^ 由利の文章と、孝弟の文章を混ぜて作成された。
  3. ^ 『官報』第307号、「叙任及辞令」1884年07月08日。
  4. ^ 『官報』第7194号、「叙任及辞令」1907年06月24日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。

関連文献[編集]

  • 大島更造 「故福岡子の偉功」(『土佐史壇』第4号、土佐史談会、1919年8月)
  • 福岡孝弟 「五箇条御誓文ト政体書ノ由来ニ就イテ」(国家学会編輯 『国家学会創立満三十年記念 明治憲政経済史論』 国家学会、1919年4月)
    福岡自身が寄稿したものではなく、既出文献の編集物。神川彦松 「子爵福岡孝弟「五箇条御誓文と政体書の由来に就いて」の由来」(明治文化研究会編 『明治文化全集 第二十八巻別冊』 日本評論社、1968年6月)参照。
    • 国家学会編 『国家学会創立満三十年記念 明治憲政経済史論』 宗高書房、1974年9月
    • 国家学会編 『国家学会創立満三十年記念 明治憲政経済史論』 原書房〈明治百年史叢書〉、1976年2月
    • 国家学会編 『国家学会創立満三十年記念 明治憲政経済史論』 日本図書センター、1977年9月
  • 学習院大学史料館編 『旧華族家史料所在調査報告書 本編4』 学習院大学史料館、1993年3月
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編 『平成新修 旧華族家系大成 下巻』 霞会館、1996年11月、ISBN 9784642036719
  • 福岡孝弟」(国立公文書館所蔵 「枢密院文書・枢密院高等官転免履歴書 明治ノ一」) - アジア歴史資料センター Ref. A06051173500

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
河野敏鎌
日本の旗 文部卿
第6代:1881年4月7日 - 1883年12月12日
次代:
大木喬任