尾崎行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
尾崎 行雄
おざき ゆきお
Yukio Ozaki.jpg
大礼服勲一等旭日大綬章を着用した尾崎行雄
生年月日 1858年12月24日
安政5年11月20日
出生地 日本の旗 相模国津久井郡(現・神奈川県相模原市
没年月日 1954年10月6日(満95歳没)
死没地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 慶應義塾大学中退
工学寮中退(現・東京大学
所属政党 立憲改進党→)
進歩党→)
憲政党→)
(憲政本党→)
政友会→)
猶興会→)
(政友会→)
中正会→)
憲政会→)
革新倶楽部→)
立憲国民党→)
(政友会→)
無所属
称号 正三位(1946年返上)
勲一等旭日大綬章(1946年返上)
衆議院名誉議員
東京都名誉都民
世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長
親族 四男・尾崎行輝
配偶者 妻・尾崎テオドラ

日本の旗 第20代 司法大臣
内閣 第2次大隈内閣
任期 1914年4月16日 - 1916年10月9日

日本の旗 第14代 文部大臣
内閣 第1次大隈内閣
任期 1898年6月30日 - 1898年10月27日

選挙区 (三重県第5区→)
三重県第2区
当選回数 25回(史上最多)
任期 1890年7月2日 - 1953年3月14日
テンプレートを表示

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日安政5年[注釈 1]11月20日) - 1954年昭和29年)10月6日)は、日本政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等1946年(昭和21年)5月4日付返上)[1]伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神[2]

は咢堂(がくどう。最初学堂。愕堂を経て咢堂)。称号は衆議院名誉議員東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

1858年12月24日安政5年11月20日)、相模国津久井県[注釈 2]又野村(現・神奈川県相模原市緑区又野)生まれ。

幼名は彦太郎。

行雄の父・行正の生家は漢方医を業とし、漢学者・藤森弘庵の私塾に桂小五郎(木戸孝允)の先輩として学んだ。尾崎家の先祖は今川義元の家来で、武田信玄に攻め立てられて没落した。尾崎家は天正18年(1590年)に後北条氏が滅びてから又野に移り、累世相続いて里長となる。掃部頭行永以前の尾崎家先祖が住んでいたといわれる伏馬田城というのは現在の相模原市緑区牧野(まぎの)にあったが、その城跡一帯は現在尾崎ヶ原といわれている。

尾崎行正(彦四郎)は、戊辰戦争の際、官軍土佐藩迅衝隊総督板垣退助の徳を慕って馳参じ、隊長美正貫一郎の率いる断金隊(旧武田家臣の子孫たちで構成された部隊)に加わって会津戦争を戦い抜き、貫一郎の討死後は、断金隊の二代目隊長に任ぜられ、維新後は弾正台の役人となった正に忠勇の亀鑑たる人であった。

行雄は11歳まで又野村で過ごした後、父・尾崎行正に従い1868年明治元年)に番町国学者平田篤胤の子・鉄胤が開いていた平田塾にて学び、一家も1871年(明治4年)に高崎に引越し、地元の英学校にて英語を学ぶ。その後、1872年(明治5年)に度会県山田(現・三重県宇治山田)に居を移す。行雄も宮崎文庫英学校に入学した。父は熊本転任が予定されていたため、東京遊学を許し行雄に弟を同行させて慶應義塾へ向かわせた。

1874年(明治7年)に弟と共に上京し、当時「日本一の学校」との名声を得ていた慶應義塾童児局に入学するやいなや塾長の福澤諭吉に認められ、十二級の最下級から最上級生となる。1875年(明治8年)のクリスマスに聖公会のカナダ人宣教師で英語教師のA・C・ショーよりキリスト教の洗礼を受ける。[3]その後、直ちに世の中で役に立つ学問を求めた尾崎は、反駁する論文を執筆して慶応義塾を退学し、福沢の友人で工学寮の校長・ダイヤーと大鳥圭介に紹介文を書いてもらい、染物屋になるため1876年(明治9年)に工学寮(のちの工部大学校。現・東京大学工学部)に再入学するも学風の違いや理化学へのいやけから『曙新聞』などに薩摩藩の横暴を批判する投書を始め、それがいずれも好評を博したため、一年足らずで退学。その後、慶應義塾に戻り、朝吹英二が経営した『民間雑誌』の編集に携わり、共勧義塾で英国史を論じたり、三田演説館で演壇に立つなどした[4]1879年(明治12年)には福澤諭吉の推薦で新潟新聞の主筆となる。

官吏・新聞記者・政界へ[編集]

当時海軍省の長谷川貞雄相手に講演した強兵論『尚歩論』が機縁となり矢野文雄に誘われ1881年(明治14年)に統計院権少書記官という官職に就任する。しかし明治十四年の政変でわずか2ヶ月あまりで下野。

1882年(明治15年)、報知新聞の論説委員となり、立憲改進党の創立に参加するが、大隈重信の奇妙な脱党に不信感を覚えた。翌年東京府会の改選で日本橋から推薦されて最年少で府会議員となり、常置委員に選出される。政府の条約改正案に対して強い反対運動が起こると、尾崎は反欧化主義の急先鋒となり、後藤象二郎を担ぎ出し、大同団結運動を進めた。相談した結果、後藤を正装させて、宮内省にむかわせたが明治天皇と会うことは許されず、クーデターを計画し始めた尾崎は、1887年(明治20年)、保安条例により東京からの退去処分を受けた。尾崎は「道理が引っ込む時勢を愕く」と言い、号を学堂から愕堂に変えた(後に心身の衰えを感じて”愕”のりっしんべんを取り咢堂とした)[注釈 3]星亨林有造らの土佐派と友好を結び、知己の間を廻った。

父が神風連の乱で九死に一生を得て伊勢で余生を楽しんでいた縁故をたどり、1890年(明治23年)の第1回衆議院議員総選挙で三重県選挙区より出馬し当選、以後63年間に及ぶ連続25回当選という記録をつくる(これは世界記録でもある)。伊勢では投票用紙に「尾崎行雄」としか書いたことのない選挙人が二代・三代に渡って少なくない。この時代の選挙はまさに戦争同然であり、尾崎も何度も刺客に襲われそうになっているが、地元の猪狩鉄砲隊を組織してこれを追い返したりしている。

政界の麒麟児[編集]

尾崎行雄の揮毫。中国の文人鄭板橋の詩の一節、「直陳血性為文章 筆墨之外有主張」

第1次松方内閣の第3議会における軍艦製造費削除問題などで活躍し、朝野新聞などから絶賛される。

第2次伊藤内閣では第6議会で、民党六派は内閣弾劾上奏文を提出し尾崎がその説明に当たった。第一に政府の不当解散、第二に政府の軟弱外交、第三に政府の議会軽視、第四に伊藤の事ごとに袞竜の袖に隠れる行為を批判し、伊藤博文は顔色を変えたといわれる。この採決は149対144というわずか5票の差で否決された。

日清戦争が始まると東亜の大計を立てるべきとの論文を次々に執筆し世論の指導に務めた。日清戦争後の第4回総選挙後は各派とも従来の恩怨を忘れ、挙国一致して外敵に抗する議決を広島大本営で可決した。伊藤博文が後に幾多の障害を排して自ら政党の組織に乗り出し、立憲政友会を創ったのは日清戦争における各派の協力ぶりを見て政党敵視の観念を放棄したからだといわれている。三国干渉に伊藤が屈すると対外強硬派の先頭に立って「政友有志会」を組織して演説した。

この間、進歩党憲政党に属した。時局便乗派の徳富蘇峰国民新聞などが松方正義と大隈の近接が最上の時局救治策であるとの主張を盛んに唱導したこともあってか、第2次松方内閣が成立すると、その外務大臣に就任した大隈重信の推挙で外務参事官に就任するが、「二十六世紀事件」や樺山資紀の食言などで、現職の尾崎自身も倒閣に動いたので、大隈と首相の松方正義が対立し辞任した。

自由党・進歩党両党合同による憲政党を結成し、初の政党内閣である1898年(明治31年)、隈板内閣において40歳の若さで文部大臣として入閣した。この頃には「政界の麒麟児」といわれ、のちに最も首相となるに近い人物として世間から注目の的であった。そのうちに第6回総選挙は明治31年8月14日に行われ、憲政党は圧倒的に勝利したが内部抗争や猟官運動が露骨となり、星亨が大隈を攻撃するなど内閣は大揺れに揺れた。1898年(明治31年)8月22日、尾崎は帝国教育会からの依頼により神田一ツ橋の同会で演説したが、当時藩閥の御用新聞だった東京日日新聞に言葉尻をとらえられて、伊東巳代治らに旧自由党の人間も加わって攻撃され(共和演説事件[注釈 4])、文相を辞任し、尾崎は後任に星亨と江原素六を挙げていたが、その後任を巡って憲政党は分裂、隈板内閣も総辞職した。

第2次山縣内閣が発足すると、憲政本党の最高幹部に属していたが、伊藤博文を訪問して義和団の乱以来の日露関係を話し合い意気投合し、立憲政友会の創立に参加して憲政本党を離脱、政友会の総務委員の一人となり、尾崎は星亨と共に院内総務を任じられた。桂内閣が発足すると、党務執行の常務委員の5人に選ばれた(尾崎、原敬、星亨、片岡健吉大岡育造)が、まもなく星が暗殺され、党務の中心は尾崎と松田正久の2名に命じられた。しかし、その後伊藤とも対立して離党、片岡健吉や加藤高明もこれに倣い、同志研究会を組織し、その後猶興会などを経て政友会に復党とめまぐるしく所属政党を変遷する。

東京市長・憲政擁護運動[編集]

桂太郎弾劾演説、1913年(大正2年)2月5日(大正政変

1903年(明治36年)から1912年(明治45年)まで東京市長に就任。尾崎の東京市長在任中に、東京市が東京鉄道を買収し、東京市電気局を設置した。夫人の逝去を受けて尾崎三良の娘・テオドラ(日本名、英子。尾崎三良と英国人日本語教師ウイリアム・ウィルソンの娘との間に生まれた)と再婚したが、混血児との結婚は尾崎に対する種々の誤解を生じさせたようである。結婚後は軽井沢に別邸を設け、莫哀山荘は軽井沢の名所とさえなった。

1904年(明治37年)2月、日露戦争の開戦後に第1次西園寺内閣が発足、西園寺公望桂太郎の反撃を受けて総辞職し、第2次桂内閣が発足すると、1908年(明治41年)12月21日、尾崎は猶興会を改組して紅葉館で河野広中らと又新会を成立させるが、自身は西園寺総裁の下で再び政友会に復帰する。他方、犬養毅や大石らは立憲国民党を結成した。この時、幸徳秋水らの大逆事件南北正閏問題が起こり、桂内閣は西園寺を推薦して総辞職した。

陸軍大臣・上原勇作の声明で、西園寺公望が二個師団増設案で退陣に追い込まれ、長州軍閥による毒殺で桂園時代が終わると、桂太郎が宮中・府中の別をみだるものと難じ全国的な国民運動が巻き起こった。1912年大正元年)の憲政擁護運動では立憲政友会を代表して質問を行い、「玉座を胸壁とし詔勅を弾丸とするもの」と首相・桂を糾弾する演説を行って大正政変のきっかけとなった。これらの集会は全国で行われ、各地に咢堂会が生まれ、尾崎が壇上に立つと聴衆からは「脱帽々々」と喝采が鳴り止まず、しばしば口を開かせなかった。

第3次桂内閣退陣後、山本権兵衛が組閣すると、政変後に自党の利益を優先しようとする政友会の方針に反発して政友会を離党し、以後政友倶楽部亦楽会中正会憲政会革新倶楽部と移る。

第一次世界大戦後[編集]

憲政会最高幹部、左から尾崎行雄・加藤高明浜口雄幸
浪人会との立会演説会、新人会主催の時局講演会出席者。前列右から吉野作造・尾崎行雄・宮崎龍介

第1次山本内閣シーメンス事件で総辞職し、清浦奎吾が首相就任に失敗すると、大隈重信に再びお鉢がまわり(第2次大隈内閣)、尾崎は中正会を代表して司法大臣として入閣した。部下には平沼騏一郎鈴木喜三郎を置き、若槻蔵相・加藤外相・八代海相の3閣僚辞職後の内閣改造で活躍する。加藤高明を党首に担ぎ出し、憲政会を結成、最高幹部に就任する。

大隈重信が疲労などから辞職し、後を受けた寺内内閣シベリア出兵問題で早々に終焉するとついに原内閣が誕生した。尾崎はこれを好意に思い、第一次世界大戦後の欧州諸国の現状を見るために欧州視察の外遊に出る。当初は対外硬派として知られたタカ派であったが、このヨーロッパ視察で戦争の悲惨さを見聞して以後は、態度を変化させ一貫した軍縮論者となった。既に欧州の主流は反軍国主義であり、日本はこれに逆行しようとしていたからである。

また、ポピュリズム化を危惧して普通選挙の早期施行には消極的であったが、大正デモクラシーの進展とともに普通選挙運動に参加。同時に、次第に活発化していた婦人参政権運動を支持し、新婦人協会による治安警察法改正運動などを支援した。また軍縮推進運動、治安維持法反対運動など一貫して軍国化に抵抗する姿勢や、西尾末広反軍演説を行った斎藤隆夫の除名に反対の意思を示す(棄権など)など議会制民主主義を擁護する姿勢を示したが、政界では次第に孤立していった[注釈 5]

憲政会を離党すると、ついに無所属議員となりのち30年あまりを無所属で通した。無所属になったことは政界での尾崎の出世の妨げとなり、ついに二度平大臣となっただけで、総理大臣になることはできなかった。

政党政治から翼賛政治へ[編集]

国家主義国民主義的な観点から軍縮論者となっていた尾崎は、全国遊説の旅に出る。1924年(大正13年)、超然内閣である清浦内閣が成立すると、これに反対する第二次護憲運動が始まる。護憲三派が成立し衆議院総選挙の結果、護憲三派が勝利し、加藤高明内閣が成立する。

昭和に入り政党内閣が続き、1929年(昭和4年)には「政党内閣の頂点」と言われる立憲民政党の濱口内閣が成立する。だが1930年(昭和5年)に満州事変の勃発後、軍部の政治介入が相次ぎ、政党政治は危機に陥った。1932年(昭和7年)に5・15事件で犬養毅が暗殺されると政党内閣は終焉した。尾崎はこの現状を憂慮して「墓標に代えて」と題して遺言を執筆し、雑誌『改造』に掲載された。

二・二六事件の後の広田内閣が一年足らずで潰れ、林銑十郎が組閣すると1937年(昭和12年)2月17日、尾崎は議会で登壇し『正成が敵に臨める心もて我れは立つなり演壇の上』なる2時間におよぶ辞世を詠み、新聞は全面を埋めて尾崎の演説を掲げた。近衛内閣が誕生し日本が泥沼化へ入ると、西尾末広の演説に連座した事件で、議院の構内に尾崎の銅像を建設する計画も中止された。大政翼賛会結成や三国同盟を経て東條英機が内閣を組閣すると、尾崎は議会政治に見切りを付け山荘に篭り、もはやあまり上京もしなかった。1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)には非推薦出馬で当選。1943年(昭和18年)、前年の総選挙の際に田川大吉郎の応援演説で翼賛選挙批判を行った中に引用した川柳の「売家と唐様で書く三代目」が昭和天皇の治世を揶揄するものであるとされ不敬罪で起訴される(尾崎不敬事件。一審で懲役8か月執行猶予2年の判決、1944年(昭和19年)大審院で無罪確定)。

戦後[編集]

1953年

敗戦後、逗子市の風雲閣では訪問客に溢れ、宮中にも招かれた。尾崎は引退を決意していたが三重県民は引かず、無断で推薦し当選させ続けた。戦後の国会でも活躍して民主主義の復活と世界平和の確立のために尽力するが、1953年(昭和28年)のバカヤロー解散による総選挙(第26回衆議院議員総選挙)で落選して、政界を引退した。名誉議員の称号を贈られる。94歳まで衆議院議員を務めたのは日本史上最高齢記録であり、当選25回・議員勤続63年も同じく日本記録である(アメリカではストロム・サーモンドが連邦上院議員を100歳まで務めている)。

1954年(昭和29年)10月6日、直腸ガンによる栄養障害と老衰のため慶應病院で95歳にて死去。墓所は鎌倉円覚寺

人物[編集]

尾崎記念会館(現・憲政記念館)完成記念切手
  • 永年在職議員表彰第1号、衆議院名誉議員(50年以上の議員在職者。衆院の正面玄関に胸像を建立)第1号、東京都名誉都民第1号。
  • 相模原市緑区伊勢市に、それぞれ尾崎咢堂記念館がある。伊勢神宮に隣接する合格神社に祭神として祀られている。また、国会前庭の敷地内にある憲政記念館は尾崎の功績を称えて建設されたものであり、銅像も建立されている。
  • 東京市長在任中に高峰譲吉などと協力してアメリカ合衆国ソメイヨシノ2000本を贈り、ポトマック川に植樹された。だがこれらのソメイヨシノは虫害によって焼却されてしまい、後に3100本の桜が新たに植樹されている。その返礼としてアメリカよりハナミズキが贈られ、日本に初めてハナミズキをもたらした人物としても知られている。なお、この寄贈を記念して毎年全米桜祭りが行われている。
  • 9年にわたる東京市長在任は、政争が激しく短期の在任での交代が多かった東京市長の中で最も長いものである。
  • 金銭的にも清廉潔白で有名であった。もっとも戸川猪佐武によると、犬養毅に「そりゃ確かに君は清廉潔白で献金をもらわんかもしらんが、その代わり、我々に借金をするじゃないか。そしてその金を返さないじゃないか。借りた金を返さんのも清廉潔白のうちか。」とやりこめられて、さすがにぐうの音も出なかったという。戸川によると、尾崎は「原敬は金が欲しい議員には金をやって、ポストが欲しい議員にはポストをまわして、それで子分を増やしたのだ。」と言っていたということで、田中角栄シンパとして有名だった戸川は「そんなことを言っているから尾崎は政界で孤立したのだ。」と書いている。
  • のちに内閣総理大臣となる三木武夫は政界入りした当初、尾崎を政治上の恩師と仰いだ。30歳で初当選した三木は、議事堂で尾崎と同じ控室になった。最長老議員と最年少議員の組み合わせは新聞でもよく取り上げられ、隣り合わせで座っているとよく写真を撮られたと、三木は晩年回顧している。
  • 1950年(昭和25年)には英語国語化論を提唱したこともある。

栄典[編集]

親族[編集]

主な著書(昭和期)[編集]

  • 『咢堂漫談』(日本評論社、1929年)
  • 『外遊断想』(中央公論社、1934年)
  • 『政戦六十年』(日本評論社、1935年)
  • 『咢堂自傳』(同刊行会、1937年/大阪時事新報社、1947年)
  • 『日本憲政史を語る (上下)』(モナス、1938年)
  • 『戦時回想』(朋文堂、1946年)
  • 『随想録』(紀元社、1946年)
  • 『咢堂清談』(未來社、1947年)
  • 『明日の日本のために』(萬世書房、1947年)
  • 『回顧漫録』(岩波書店、1947年)
  • 『狂瀾の中に立ちて』(中部民論社、1947年)
  • 『日本國民に告ぐ』(香柏書房、1947年)
  • 『咢堂回顧録 (上下)』(雄鶏社、1951年)
  • 『民権闘争七十年』(読売新聞社、1952年)
  • 『尾崎咢堂全集 (全12巻)』 同編纂委員会編(公論社、1955-56年)
  • 『近代快傑録』(中央公論新社中公クラシックス〉、2014年2月)。千倉書房、1934年/大空社(復刻版)、1995年
  • 『民主政治読本』(石田尊昭解説・編、世論時報社、2013年10月)。元版日本評論社、1925年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 戸籍上は翌6年の旧暦11月20日
  2. ^ 1870年(明治3年)までは津久井県と称し、同年に津久井郡と改称した。
  3. ^ なお、1888年(明治21年)7月、滞在先のロンドンで、ドイツ留学を終えて帰国の途についていた森鴎外と会っており、鴎外から詩を4首おくられた。山﨑(2007)。
  4. ^ 尾崎は、絶対にありえない仮定の話だとことわったうえで「仮に日本に共和政治がおこなわれるならば、三井三菱大統領の有力候補となるだろう」と述べた。これは、当時の国政における金権体質に対する批判を真意としたものであったが、枢密院貴族院などを中心に反発の声が高く、与党であった旧自由党の一部からも批判の声があがった。
  5. ^ 牧野伸顕日記1931年(昭和6年)2月17日条によると、内大臣牧野伸顕大久保利通の息子)が尾崎と会ったときにその口から「我々は青年時代に薩長政府を悪み英国流の議会政治に如くものはなしと思込、多年奮闘し来りたるが、事志と違ひ今日の現状に直面して慙愧に堪へず抔、薩長政府は国家を念頭に置き働きたるが、今日は議会抔に国家を思ふもの一人もなし」という言葉を聞いて深刻に受け止めた事を書き記している。この時期の尾崎の失意の心情を伺わせる。

参照[編集]

  1. ^ 尾崎行雄とは(年譜) - NPO法人咢堂香風ホームページ 2010年10月15日閲覧。
  2. ^ 合格神社
  3. ^ 守部喜雅『聖書を読んだサムライたち』いのちのことば社(2010年),141頁
  4. ^ 慶應義塾の伝統②憲政の神様尾崎行雄
  5. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ IC役員名簿

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 横田順彌『[天狗倶楽部]快傑伝 元気と正義の男たち』朝日ソノラマ、1993年。
  • 相馬雪香/富田信男/青木一能編著『咢堂尾崎行雄』UP選書慶應義塾大学出版会、2000年。
  • 伊佐秀雄『尾崎行雄』新装版人物叢書・吉川弘文館1987年。
  • 山﨑國紀『評伝 森鴎外』大修館書店、2007年。

外部リンク[編集]

先代:
松田秀雄
東京市長
第2-3代: 1903年-1912年
次代:
阪谷芳郎
先代:
外山正一
文部大臣
第14代:1898年
次代:
犬養毅
先代:
奥田義人
司法大臣
第20代:1914年 - 1916年
次代:
松室致