河野敏鎌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河野 敏鎌
Togama Kōno.jpg
生年月日 1844年11月29日
没年月日 1895年4月20日(満50歳没)
所属政党 立憲改進党
称号 子爵

内閣 第1次松方内閣
任期 1892年3月14日 - 同7月14日

日本の旗 第3代司法大臣
内閣 第1次松方内閣
任期 1892年6月23日 - 同8月8日

日本の旗 第9代内務大臣
内閣 第1次松方内閣
任期 1892年7月14日 - 同8月8日

日本の旗 第5代文部大臣
内閣 第2次伊藤内閣
任期 1892年8月8日 - 1893年3月7日

その他の職歴
日本の旗 第5代文部卿
1880年2月28日 - 1881年4月7日
日本の旗 初代農商務卿
(1881年4月7日 - 同10月20日
テンプレートを表示

河野 敏鎌(こうの とがま、天保15年10月20日1844年11月29日) - 明治28年(1895年4月20日)は、明治時代初期の藩閥政府政治家子爵。幼名は万寿弥(ますや、旧字体:萬壽彌)。

経歴[編集]

天保15年(1844年)10月、土佐藩郷士の河野通好の長男として高知に生まれる。安政5年(1858年)3月、江戸へ遊学して安井息軒の門下となり、文久元年(1861年)に帰国。土佐勤王党に加入して武市半平太坂本龍馬らと交友関係を持つ。文久2年(1862年)、五十人組に参加し京都と江戸の間を往来して国事に奔走した。ところが文久3年(1863年)に藩主・山内容堂佐幕派に鞍替えしたことから藩論が転換、このため投獄され6年間の獄中生活を送る。その際、厳しい拷問にも耐えて同志を守り通したと伝えられる。永牢の宣告を受けたが、河野は逆にこれを誇りにしたという。

慶応4年(1868)に江戸幕府が崩壊して明治維新がはじまると、罪を免じられて出獄。同藩の後藤象二郎の手引きで大坂に上り、江藤新平の知遇を得る。明治2年(1869年)4月に侍詔局出仕、のちに広島県大参事、司法大丞兼大検事となる。

明治7年(1874年)の佐賀の乱では大久保利通に従い、鎮定のため九州に赴いた。乱後の裁判ではかつての上司であった江藤新平を取り調べ、釈明の機会も十分に与えないまま死刑を宣告した。訊問に際し敏鎌は江藤を恫喝したが、江藤から逆に「敏鎌、それが恩人に対する言葉か!」と一喝され恐れおののき、それ以後自らは審理に加わらなかった。巷では大久保が金千円で敏鎌を買収して江藤を葬ったという風評が立ったが、敏鎌自身は晩年になって立憲改進党掌事の牟田口元学に自身の行動に関する弁明を試みている。

明治8年(1875年)に元老院議官、明治11年(1878年)には元老院副議長となる。明治13年(1880年)、文部卿として教育令改正の推進した。明治14年(1881年)、農商務省設立に伴って初代農商務卿に就任するが、明治十四年の政変大隈重信らに同調して下野した。明治15年(1882年)4月、大隈らとともに立憲改進党を結党して副総理(副党首)になる。明治21年(1888年)に枢密顧問官として憲法の審議にあたる。その後第1次松方内閣内務大臣司法大臣農商務大臣を歴任、第2次伊藤内閣では文部大臣に就任して文部行政の基礎を確立した。

明治26年(1893年)子爵を授爵して華族に列すが、明治28年(1895年)4月20日に死去、享年52。墓所は東京都港区青山墓地にある。

登場する作品[編集]

関連項目[編集]