小杉隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小杉 隆
こすぎ たかし
生年月日 1935年9月25日(79歳)
出生地 東京都目黒区
出身校 東京大学
前職 東京放送社員
日本野鳥の会会長
帝京大学教授
現職 日本野鳥の会名誉顧問
所属政党 自由民主党→)
新自由クラブ→)
自由民主党
称号 衆議院永年在職議員
教育学士

日本の旗 第124代 文部大臣
内閣 第2次橋本内閣
任期 1996年11月7日 - 1997年9月11日

日本の旗 衆議院議員(2期目)
選挙区 比例東京ブロック→)
東京5区
当選回数 2回
任期 2003年11月10日 - 2009年7月21日

日本の旗 衆議院議員(1期目)
選挙区 旧東京3区→)
東京5区
当選回数 6回
任期 1980年6月23日 - 2000年6月2日

選挙区 目黒区選挙区
当選回数 4回
任期 1965年7月23日 - 1980年6月9日
テンプレートを表示

小杉 隆(こすぎ たかし、1935年9月25日 - )は、日本政治家衆議院議員(8期)、文部大臣第2次橋本内閣)、東京都議会議員(4期)を務めた。東京都目黒区出身。

来歴・人物[編集]

1959年東京大学教育学部を卒業し、ラジオ東京(現・東京放送ホールディングス)に入社。1965年、最年少で東京都議会議員に当選。1977年新自由クラブに入党。

1980年第36回衆議院議員総選挙旧東京3区に出馬し初当選(当選同期に古賀誠太田誠一川崎二郎久間章生平沼赳夫高村正彦柿沢弘治など)。新自由クラブでは国会対策委員長を務めた。1986年、新自由クラブの解党により自民党へ移る。1996年第2次橋本内閣文部大臣に就任。2000年第42回衆議院議員総選挙で落選。その後、帝京大学経済学部教授に就任。

2003年第43回衆議院議員総選挙で比例復活当選。2005年第44回衆議院議員総選挙で小選挙区で当選。2008年1月16日、第45回衆議院議員総選挙に出馬しない意向を表明。2009年7月21日、衆議院解散に伴い政界を引退した。

エピソード[編集]

国会までジョギングして登院したことがある。日朝国交正常化推進議員連盟に所属し、委員を務める。

環境政務次官、衆議院環境委員長を歴任し、1993年環境基本法成立に取り組む。日本野鳥の会会長を務め、その後、名誉顧問となる。1992年アル・ゴアの『地球の掟』を翻訳する。東京サイクリング協会会長を務める。

文部大臣在任の神戸連続児童殺傷事件につき「これからは心の教育が重要」と発言する。同じく文相時代に当時の教科書に掲載されていた「中国人を処刑する日本兵」につき「ほんとに教科書に載っているのか」と述べる[要出典]

不祥事[編集]

夫人の小杉敬子が後援会会員に対して借金をしていた金銭問題が報じられた後、政界を引退した。2010年に夫人は詐欺容疑で逮捕され[1]2012年2月に最高裁で懲役6年の実刑が確定した[2]

著書[編集]

訳著[編集]

  • アル・ゴア『地球の掟 - 文明と環境のバランスを求めて』ダイヤモンド社、1992年 ISBN 4478870268
  • アル・ゴア『地球の掟 新装版 - 文明と環境のバランスを求めて』ダイヤモンド社、2007年 ISBN 4478003688

脚注[編集]

[ヘルプ]
議会
先代:
戸塚進也
日本の旗 衆議院環境委員長
1991年 - 1993年
次代:
原田昇左右
公職
先代:
奥田幹生
日本の旗 文部大臣
第124代:1996年 - 1997年
次代:
町村信孝