平将明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
平 将明
たいら まさあき
生年月日 1967年2月21日(47歳)
出生地 東京都
出身校 早稲田大学法学部
前職 山邦社員(代表取締役社長)
所属政党 自由民主党山崎派→無派閥)
称号 法学士
公式サイト 平将明公式Webサイト

選挙区 東京4区
当選回数 3回
任期 2005年9月11日 - 現職
所属委員会 決算行政監視委員会(理事)
経済産業委員会
災害対策特別委員会
議員会館 衆議院第1議員会館914号室
テンプレートを表示

平 将明(たいら まさあき、1967年2月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、自民党副幹事長第2次安倍内閣経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官を務めた。

略歴[編集]

東京都で生まれる。

早稲田実業学校中等部高等部を経て、1989年早稲田大学法学部を卒業。

サラリーマン生活を経て、1991年家業である大田区青果市場仲卸「山邦」に就職。1996年11月、同社の三代目社長となる。

2003年度東京青年会議所(東京JC)理事長に就任。

2005年9月11日に実施された第44回衆議院議員総選挙の自民党公認候補選考に応募し、東京4区から出馬、宇佐美登中西一善に完勝し初当選した。当選後は山崎派に所属し、83会伝統と創造の会に参加。自民党新人議員の勉強会「新世代アジア連携フォーラム」代表、自民党改革加速議連代表幹事、自民党東京都連合会TOKYO自民党政経塾運営委員を務める。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に自民党から出馬。公明党の推薦も受ける[1]。小選挙区では落選するも比例復活して2選。

2010年7月22日山崎派を脱会[2]

2012年、党情報調査局長に就任。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙に自民党から出馬し、3選。

日本振興銀行設立騒動[編集]

2003年2月12日、東京青年会議所第一ホテル東京で開催した例会で、パネリスト木村剛が「20億円集めれば銀行をすぐに作れる」と発言したことをきっかけに、東京JCメンバーとして出席していたノンバンク「オレガ」社長の落合伸治と東京JC理事長が、木村にアドバイスを受け「中小新興企業融資企画株式会社」を設立し、銀行設立準備に入った[3]

2003年度東京JC理事長の平も銀行設立計画に賛同し、さらにJC会員約90人から資金が集められた。同年8月20日に予備免許申請が金融庁に受理され、同日夕刻、落合、木村、平の3人が「日本振興銀行設立」記者会見を行った。以降、新聞雑誌など多くのメディアで、「東京JCが新銀行をつくる」と事実に反する報道がされることとなり、東京JC事務局にはOBからの苦情や一般からの問合せが殺到した。8月22日、平は「公益法人営利企業の設立はできない。個人の立場で記者会見に臨んだ」と東京JCメルマガを通じて見解を明らかにした[4]

経営破綻後も社外取締役を務めていたが、代わりの取締役が選任されたのを受け、2010年12月27日付で解任された。

2011年8月23日整理回収機構は木村剛と社外取締役であった小畠晴喜、平を含む旧経営陣7人に対して50億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した[5]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • バドミントンを中学校から大学まで嗜む。高校では部長を務め、大学時代は共立薬科大学バドミントン部のコーチにも携わった[要出典]
  • 普段の食事は、ラーメンを好んで食べるほか、なか卯を頻繁に利用する。本人によれば、「平の食生活はラーメンと‘なか卯’しかないのかと指摘される」こともある[7]。また、なか卯に関しては、同僚議員の赤沢亮正とのやりとりの中で「なか卯議連」なるものを立ち上げようと冗談を飛ばしていたり[8]河野太郎によれば、「なか卯で食べた時は、平将明代議士にツィッターで報告することになっている」(ただし真偽は不明)[9]
  • AKB48で誰が好きかとの自身のGREEブログ上での質問に対し、「こじはる(小嶋陽菜)です。」と答えている[10]
  • ガンダムエヴァンゲリオンが好きであると公言している[11]

献金[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『超現場主義-超現場主義中小企業金融論:役人、学者、銀行員…エリートにはわかるまい!』カナリア書房、2006年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆院選小選挙区 自民128人推薦 2009年8月7日公明新聞
  2. ^ http://gree.jp/taira_masaaki/mood/1509048 本人のウェブログより。
  3. ^ 『金融維新-日本振興銀行の挑戦』木村剛著(2003年9月1日、アスコム[1]
  4. ^ 「日本振興銀行に関して(経緯及び東京JCとの関わり)」『東京JCメールマガジン』(8月臨時号、2003年8月22日)[2]
  5. ^ 日本振興銀行役員責任追及訴訟について (PDF)”. 整理回収機構 (2011年8月23日). 2011年8月25日閲覧。
  6. ^ 全面広告画像
  7. ^ 2010年6月26日23時59分に平が投稿したツイート
  8. ^ 「平将明のひとこと」(2011年7月14日23時53分投稿) GREEに開設されている平のブログの記事。
  9. ^ 2011年8月31日17時14分に河野が投稿したツイート
  10. ^ 2012年4月20日18時2分更新『公式GREEブログ』
  11. ^ 2012年12月20日17時38分に平が投稿したツイート

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
岸本周平本多平直
日本の旗 経済産業大臣政務官
佐藤ゆかりと共同

2012年 -
次代:
(現職)
先代:
郡和子金子恵美稲見哲男岸本周平大野元裕本多平直高山智司
日本の旗 内閣府大臣政務官
山際大志郎亀岡偉民島尻安伊子北村茂男秋野公造佐藤正久と共同

2012年 -
次代:
(現職)