小宮山洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小宮山 洋子
こみやま ようこ
生年月日 1948年9月17日(65歳)[1]
出生地 日本の旗 東京都[1]
出身校 成城大学文芸学部[1]
前職 NHK解説委員[1]
所属政党 民主党前原グループ
親族 祖父・青木一男(元参議院議員)
公式サイト 公式サイト

内閣 野田第1次改造内閣
野田第2次改造内閣
任期 2012年4月23日 - 2012年10月1日

内閣 野田内閣
野田第1次改造内閣
野田第2次改造内閣
任期 2011年9月2日 - 2012年10月1日

選挙区 東京6区
当選回数 4回、補選1回
任期 2003年4月 - 2012年11月16日

選挙区 比例区
当選回数 1回
任期 1998年7月26日 - 2003年4月
テンプレートを表示

小宮山 洋子(こみやま ようこ、本姓:加藤、1948年昭和23年)9月17日 - )は、日本の元政治家、元NHK解説委員アナウンサー[1]

衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(第14代)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)厚生労働副大臣菅第1次改造内閣)、民主党財務委員長、参議院議員(1期)を務めた。元東京大学総長加藤一郎は実父。

経歴[編集]

東京大学総長や成城学園学園長を歴任した加藤一郎の娘として東京都に生まれた。母方の祖父は大蔵大臣や初代大東亜大臣を務めた青木一男、父方の祖父は北海道銀行頭取を務めた加藤守一。愛媛県知事を務めた青木重臣は大叔父。

1972年成城大学文芸学部国文科を卒業後、NHKにアナウンサーとして入局[1](同期に橋本大二郎)。スタジオ102・1億人の経済ニュースセンター630のキャスター、NHKニュースワイド国会中継国会討論会・政治座談会などの番組制作を担当。1990年6月から1998年3月まで解説委員を務めた。

1998年3月にNHKを退職し[1]、同年7月の第18回参議院議員通常選挙民主党比例区から立候補し当選。1期務め、参議院環境委員長等を歴任した。

2003年4月、参議院議員を辞職し、石井紘基死去に伴う衆議院補欠選挙に「石井の遺志を受け継ぐ」と述べ、東京6区から立候補し当選。同年11月の第43回衆議院議員総選挙でも小選挙区勝利で再選。直後の菅直人を首班とするネクストキャビネット法務大臣、2004年5月代表や首班が岡田克也となっても留任。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、自民党新人の越智隆雄に小選挙区で敗れたが、比例東京ブロック比例復活した。その後、衆議院青少年特別委員会委員長、党東京都総支部連合会副会長・会長代行(政策担当)を務めた。

2007年4月の東京都知事選に候補者として一時名前が取りざたされたが、不出馬の意向を表明した。 同年7月の第21回参議院議員通常選挙では、東京都選挙区での民主党公認の、大河原雅子の選挙対策本部長を務め、大河原はトップ当選した。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙で、民主党公認・国民新党NTT労働組合(アピール21)の推薦を受け、小選挙区で越智を破り、4選。

2010年6月7日、民主党財務委員長に就任[2]。9月、菅第1次改造内閣厚生労働副大臣に就任[1]

2011年9月、野田内閣で第14代厚生労働大臣に就任。厚生労働省発足後、初の女性厚生労働大臣である(旧厚生省時代には、中山マサが厚相を務めている)。また、民主党政権の国務大臣では、初の女性衆議院議員である。

2012年4月、野田内閣 (第1次改造)特命担当大臣少子化対策担当)を兼務。12月16日投開票の第46回衆議院議員総選挙では、小選挙区で越智と4度目の対決となるが敗北、比例でも復活できず議席を失った[3]

2013年1月24日、自身のホームページで政界からの引退を表明した[4]

政策・主張[編集]

  • 1999年8月、参院本会議の国旗・国歌法に反対した[要出典]
  • 1999年、日本の戦争責任資料センター代表の荒井信一が主催する「恒久平和調査局設置を求める院内集会」に参加[5]
  • 在日外国人への参政権付与の推進者であり、民団中央本部アンケートによると、日本で外国人参政権が実現しない理由については「日本人日本国国民とは日本人のことという意識が強いため」と主張しており、2008年4月16日に開催された民団の外国人参政権推進集会に賛同した[要出典]
  • 2009年3月27日の党代議士会で、小沢一郎党代表が政治資金規正法違反疑惑後も代表続投を表明したことに対し、検察と裁判で戦うことは応援するとした上で「新しい体制をつくってほしいという人が圧倒的に多い」「代表の近くにいる人だけでなく、国民の声を聴いて自らご判断をいただきたい」と述べた[6][7]
  • 民主党が政権交代以前に策定していた「次の内閣」では、党代表の遷移毎に「ネクスト文部科学大臣」や「ネクスト子ども・男女共同参画・人権・消費者担当大臣」、「ネクスト法務大臣」、「ネクスト環境大臣」のポストに名前が挙げられていたが、政権交代後の実際の鳩山由紀夫内閣では小宮山の入閣は実現しなかった。小宮山は組閣が確定した2009年9月16日の「小宮山洋子の日誌」の記事にて、「各グループに配慮したと言われていて、わりと年輩の議員が並び、女性が社民の福島さんと民主の千葉さんと2人の参議院議員だけで、ちょっと寂しい感じです」と述べた[要出典]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に積極的な立場である[8]。「氏名は人格権ですから、長年使ってきたものを使い続けたい、あるいはアイデンティティーの尊重、姓を変えると自分が自分でなくなったように感じる状況は変えるべきである。通称利用等では十分対応できない」と述べている。なお、同制度導入を求める法制審議会の答申は小宮山の父加藤一郎が民法部会長としてまとめたものである[9]
  • 多重国籍に賛成[要出典]
  • 人権擁護法案を推進する人権侵害救済法PT副座長を務めた[要出典]

禁煙運動に関する活動[編集]

  • 嫌煙家として有名であり、禁煙行政に力を注いでいる[10]。超党派による禁煙推進議員連盟の事務局長を務めた。たばこ増税について、2010年9月のインタビューで「なるべく早く先進国並みの1箱600円まで値上げ」「1箱1000円くらいまでは値上げしてもいい」と語り、そのメリットとして健康促進・受動喫煙減少・医療費削減・未成年者の喫煙防止・寝たばこ火災抑制の5つを挙げている[11]。税収の増加分に関しては「健康や福祉に還元していきたい」としている[要出典]
  • 厚生労働大臣就任後の2011年平成23年)9月5日厚生労働省にて行われた定例記者会見で、たばこ税の増税に言及した[12]
  • 【記者】たばこ増税についてお聞きしたいのですが、来年度以降の増税については。
    • 【小宮山厚労大臣】それは、昨年も税調担当の副大臣として、今回行っている税調では初めて30~40分データをお示しして、たばこ価格の議論をいたしました。その中で私が申し上げたのが、毎年一定の金額を上げていくと。必ずたばこ価格を上げ続けるということが、今吸ってらっしゃる方の8~9割が本当は禁煙したいと言ってるんですね。その背中を押すような値上げをしてくれという声も大変多いんです実は。だから、そういう意味では1回きりだと思うと、まだ、500円玉1こで買えちゃうものですから、去年私が提言したのが100円ずつ毎年上げていきましょうと。例えばイギリスは毎年3%ずつ上げてるんです。今は世界の中でも高い価格になっていますが、日本はご承知のように非常に価格が低くて、世界の平均は600円台です。ただ、この政権に初めてなって、全体として5%上げました。それまでは1%しか上げたことが無かったのを上げたので、昨年は財務省の方からあれだけ大幅に上げたので税収が減るから様子を見させて欲しいと言われたのですが、元々税収を上げるためじゃなくて健康を守るためにやるんでしょという話をずっとしていまして、これはたばこ規制枠組み条約にも批准しているし、日本は国際条約に批准しながらそれを守らないという、世界で不思議な国になっています。私もここの責任者になりましたし、出来ればたばこ事業法で財源として財務省が持っているのが本当はおかしいわけなので、健康の法律として厚労省が持てるようになっていけばいいと、これは、厚労省というより禁煙の超党派の議連の最終目標がそういうことです。民主党政権もたばこ事業法見直しということは、マニフェストの中にも、政策集の中にも入れさせていただいてますので、その方向で関係者としっかり協議していきたいと思っています。
  • 【記者】では、来年上げようということですか。
    • 【小宮山厚労大臣】そうですね。色々なデータからすると700円台くらいまでは実は税収も減らないんです。ですから、少なくともそこまではたどり着きたいと思っています。

厚生労働大臣 小宮山洋子

と記者に対して答弁した[12]。たばこ税の所管官庁は財務省であり、同じNHK出身の安住淳財務大臣は、小宮山の発言に不快感を示した[10]

国会答弁[編集]

自民党の三原じゅん子は、2012年2月7日の予算委員会において、小宮山が子宮頸癌のワクチン接種に関する費用負担に関して「虚偽答弁」をしていたとして、「女性の命を軽視している。女性の敵だ」と非難した[13]。3月12日、参議院予算委員会にて小宮山は「正しくは、定期接種の自己負担については一類、二類疾病とも市町村の判断によります。また、疾病区分はまだ決定していませんが、仮に二類疾病になれば健康被害救済の水準は現在よりも下がります。以上、訂正するとともに、委員の質問の趣旨を的確に理解せず審議を混乱させたことをおわび申し上げます。」と発言した[14]

人物[編集]

  • 「傍聴席から見下ろすと、紺やグレーの背広を着た男性議員ばかりの議場は「ドブネズミ色」に見える」[15]と発言したことがある。
  • 成城学園高校時代の同期生に歌手の森山良子と作家の筒井ともみがおり、3人揃ってのTV共演歴もある[16]
  • 2008年、選挙カーのガソリン代の不正請求をTBSニュースに報じられた。選挙カーおよび伴走車の分を含めて、概算で請求をしていたことを認め、不適切であったとし公費負担分を返還した[17]
  • 2011年東北地方太平洋沖地震に対する不完全な政府の対応について「初めてのことであったから」と発言している[18]
  • 前原グループの幹部だが、前原誠司2011年民主党代表選挙への出馬には慎重論を唱えた[8]
  • ZAKZAKによると、「プリペイドカードを買うと10円引き」という広告が出ていた議員会館内のコーヒー店でコーヒーを買った際にカードなしで10円引きにならないかと店員に求め、断られると「そうなの。ひどいのね。あなたにそんな権限はないのでしょうけど」と言ったという[19]
  • 2度の結婚、離婚歴があり戸籍上の姓は加藤だが本人は1人目の夫の姓である小宮山を名乗っている[20]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h (プレスリリース) 
  2. ^ “【両院議員総会】新役員人事承認、参院選勝利誓う 幹事長に枝野、国対委員長に樽床、政調会長に玄葉各衆院議員” (プレスリリース), 民主党, (2010年6月7日), http://www.dpj.or.jp/news/?num=18317 2010年9月17日閲覧。 
  3. ^ 小宮山元厚労相、比例復活ならず…東京6区読売新聞2012年12月17日
  4. ^ “小宮山洋子元厚労相が政界引退…衆院選で落選”. 読売新聞. (2013年1月25日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20130125-OYT1T00080.htm 2013年1月25日閲覧。 
  5. ^ 「恒久平和調査局設置を求める院内集会」開催 -1999年11月16日衆議院第2議員会館第1会議室-
  6. ^ 日テレNEWS242009年3月27日
  7. ^ 共同通信2009年3月27日
  8. ^ a b 日本経済新聞 2011年9月3日朝刊
  9. ^ http://blogos.com/article/66098/
  10. ^ a b 産経新聞. (2011年9月7日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110907/fnc11090710270007-n1.htm 2011年12月19日閲覧。 
  11. ^ bloomberg2010年9月13日
  12. ^ a b “小宮山大臣共同記者会見概要” (プレスリリース), 厚生労働省, (2011年9月5日), http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/2r9852000001nymg.html 2011年12月19日閲覧。 
  13. ^ 今度は小宮山大臣!“ウソ答弁”に三原じゅん子が激怒「女性の敵」
  14. ^ http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0014/18003120014006a.html 参議院
  15. ^ 2007年7月31日 東京新聞
  16. ^ 2008年8月17日放送のフジテレビボクらの時代
  17. ^ 2008年5月18日放送 TBSニュース
  18. ^ 2011年3月20日放送のBSフジプライムニュース
  19. ^ ZAKZAK2011年12月5日[リンク切れ]
  20. ^ http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110915/plt1109150836000-n1.htm ZAKZAK2011年9月15日[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
武正公一
日本の旗 衆議院総務委員長
2012年
次代:
北側一雄
先代:
堀利和
日本の旗 参議院環境委員長
2002年 - 2003年
次代:
海野徹
公職
先代:
中川正春
日本の旗 特命担当大臣少子化対策
第12代:2012年
次代:
中塚一宏
先代:
細川律夫
日本の旗 厚生労働大臣
第14代 : 2011年 - 2012年
次代:
三井辨雄
先代:
細川律夫長浜博行
日本の旗 厚生労働副大臣
2010年 - 2011年
藤村修大塚耕平と共同
次代:
牧義夫辻泰弘