竹中平蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
竹中 平蔵
たけなか へいぞう
Takenaka Heizo 1-1.jpg
生年月日 1951年3月3日(63歳)
出生地 和歌山県和歌山市
出身校 一橋大学
前職 政治家
慶應義塾大学教授
現職 慶應義塾大学総合政策学部教授/アカデミーヒルズ理事長
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長
パソナグループ取締役会長
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
産業競争力会議国家戦略特区諮問会議
公式サイト 竹中平蔵 公式ウェブサイト

日本の旗 第6代 総務大臣
内閣 第3次小泉改造内閣
任期 2005年10月31日 - 2006年9月26日

内閣 第1次小泉内閣
第1次小泉内閣第1次改造内閣
第1次小泉内閣第2次改造内閣
第2次小泉内閣
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
任期 2001年4月26日 - 2005年10月31日

日本の旗 内閣府特命担当大臣(金融担当
内閣 第2次小泉内閣
任期 2002年9月30日 - 2004年9月27日

選挙区 比例区
当選回数 1回
任期 2004年7月26日 - 2006年9月28日
テンプレートを表示

竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 ‐ )は、日本経済学者。元経済財政政策担当大臣、元金融担当大臣。現在、政府産業競争力会議(民間)議員、国家戦略特別区域諮問会議の(有識者)議員を務める。パソナグループ取締役会長。NPO法人万年野党アドバイザリーボード。慶應義塾大学総合政策学部教授/アカデミーヒルズ理事長、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長。専門は、経済政策

経歴[編集]

生い立ち[編集]

和歌山県和歌山市小松原通にある商店街の小さな履物小売[1]の次男として、1951年昭和26年)に生まれる[2]。実家は近所では比較的裕福な家庭で[1]、実兄の竹中宣雄は、後にミサワホーム社長となる人物であった。

和歌山市立吹上小学校、和歌山市立西和中学校和歌山県立桐蔭高等学校に進む。当時は社会の貧富の差に矛盾を感じ、高校の倫理社会の教師から「大学に行ける君たちは、行けない人の分まで勉強しなきゃいけないんだ」[3]と言われて強い印象を受けた他、同校2年在学中、1967年11月、和歌山市の「第4回全国高校生部落問題研究集会」に出席し、和歌山県の或る集落の出身者が過酷な就職差別を受けたという報告に接して怒りで顔を真っ赤にしたこともある[1]。1973年(昭和48年)に一橋大学経済学部を卒業[2]。大学では山澤逸平ゼミナールに所属していたが、当初は小島清ゼミナールへの参加を希望していたという。仁坂吉伸和歌山県知事とは高校の同級生である。

博士取得まで[編集]

日本開発銀行設備投資研究所で初代所長を務めていた下村治にあこがれ[4]1973年(昭和48年)、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に入行。1977年(昭和52年)、同設備投資研究所勤務、1981年(昭和56年)、ハーバード大学ペンシルベニア大学客員研究員。ハーバード大学留学中は設備投資に関する合理的期待の実証研究を行った。1982年(昭和57年)、大蔵省財政金融研究室(後の大蔵省財政金融研究所)に出向し、次席主任研究官となる。当初2年の予定だったが、行動力がありローレンス・サマーズジェフリー・サックスの知り合いだった竹中を気に入った長富祐一郎次長(のちに大蔵省関税局長)の希望で、5年間研究官を務めた。長富からは研究所への移籍をすすめられたが、これを断っている[2]。ちなみにこの時の部下の一人が高橋洋一であった。

同研究所在籍中の1984年(昭和59年)には留学中の研究成果をまとめた『開発研究と設備投資の経済学』(東洋経済新報社 1984年7月)と題す著作でサントリー学芸賞を受賞(ただし佐々木実『竹中平蔵 仮面の野望(前編)』(月刊現代2005年12月号)では当時の設備投資銀行の同僚の鈴木和志(現在明治大教授)や日本開発銀行での同僚高橋伸彰(現在立命館大教授)の実証分析の結果を無断で使用していた事実が指摘されている[5])。当時の同研究所には、次長の長富祐一郎や筆頭主任研究官の吉田和男がおり、同僚として植田和男高橋洋一がいた。

大阪大学経済学部教授を務めていた本間正明の誘いで[2]1987年大阪大学経済学部助教授に就任[6]。以降研究者としての道を歩む。しかし、母校の一橋大学に前述した論文『開発研究と設備投資の経済学』を提出し経済学博士の取得を試みたものの、「あまりに初歩的すぎる」などとの意見が出て教授会での審査に不合格となる。この教授会の決定について、竹中の指導教官だった山澤逸平は、一橋大の失態であると後年述べている[7]。1994年、大阪大学にて博士(経済学)を取得(論文名『日本経済の国際化と企業投資』)。

博士取得後[編集]

1989年平成元年)、日本開発銀行を退職、ハーバード大学教授を務めていたジェフリー・サックスの誘いでハーバード大学客員准教授及び国際経済研究所客員フェローに就任[6]1990年(平成2年)に慶應義塾大学総合政策学部教授を務めていた加藤寛に誘われ、慶應義塾大学総合政策学部助教授に就任[6]1993年(平成5年)にアメリカ合衆国に移住。コロンビア大学ビジネススクールにある「日本経営研究センター」(所長はパトリック・ヒュー教授)の客員研究員になる[8]1994年(平成6年)に大阪大学より博士号を取得。1996年(平成8年)に帰国、同年、慶應義塾大学教授に就任。

日本財団の交付金で設立された基本財産が397億円のシンクタンク東京財団の理事に1997年(平成9年)に就任、1998年(平成10年)、同常務理事、1999年(平成11年)、同理事長。1998年(平成10年)に東京財団内に設けられた「インテレクチュアル・キャビネット政策会議」には、総理に香西泰(後に政府税制調査会会長)、官房長官に島田晴雄(慶應大教授)と竹中、財政担当大臣に本間正明(大阪大教授、後に政府税制調査会会長)と吉田和男(京都大教授)、金融担当大臣に池尾和人(慶應大教授)と岩田一政(東京大教授、後に日本銀行副総裁)らが名を連ねた。これは実質竹中による政策会議で、自民党議員との交流会も頻繁に開かれ、竹中の紹介で小泉純一郎と会ったメンバーも多くいた[2]

また日本興業銀行経営アドバイザーや、フジタ未来経営研究所(日本マクドナルドシンクタンク)理事長、アサヒビール社外取締役等も務めた。

小渕政権[編集]

1998年(平成10年)7月、小渕内閣の経済戦略会議(議長:樋口廣太郎)の委員に就任。議長代理の中谷巌を中心とした学者グループの一員として、戦略会議の理論的支柱を形成した。この経験が、のちに竹中が経済財政諮問会議を切り回す土台となったとする説もある。

会議の結論としては、日本の短期経済政策には金融健全化と大胆な財政出動を伴う追加的景気政策が必要とし、内閣総理大臣小渕恵三に対し「10兆円を大きく上回る規模の追加的財政出動」などを提言した[9]。その後、「日本経済再生への戦略」と題した答申を発表した[10]

森政権[編集]

森内閣発足により設置されたIT戦略会議にて委員を務める。森内閣が推進するe-Japan構想に対しさまざまな提言を行った。

小泉政権[編集]

2001年(平成13年)の第1次小泉内閣と、2002年(平成14年)の第1次小泉内閣第1次改造内閣経済財政政策担当大臣金融担当大臣も兼任する。2003年(平成15年)、第1次小泉内閣第2次改造内閣においても留任、内閣府特命担当大臣として金融・経済財政政策を担当。2004年(平成16年)7月、第20回参議院議員通常選挙自民党比例代表で立候補し70万票を獲得しトップ当選(史上唯一人の現職民間人閣僚たる新人参院候補)。同年9月、第2次小泉改造内閣において、参議院議員として内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当に就任。小泉内閣の経済閣僚として、日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を標榜する。日本振興銀行に異例の速さで銀行業免許付与。2005年(平成17年)9月、 第3次小泉内閣においても役職はそのまま留任。同年10月、第3次小泉改造内閣においては総務大臣兼郵政民営化担当大臣に就任。NHKの完全民営化にも乗り出したが、首相の小泉純一郎が民営化に否定的な見解を示した為、頓挫する。2006年(平成18年)9月15日、任期を4年近く残し政界引退を表明。同年9月28日、参議院本会議で辞職許可(これに伴い神取忍が比例繰上当選)。同年11月1日、自民党党紀委員会において9月29日に提出していた離党届が了承された。さらに同日、慶應義塾大学に復帰することが明らかにされた。 国務大臣の在任期間1980日(2001年4月26日 - 2006年9月26日)は戦後の連続最長在任記録である。

小泉政権後[編集]

2009年1月28日、世界経済フォーラム年次総会にて南アフリカ共和国財務大臣トレヴァー・マニュエル(左)、『タイム編集者ミカエル・エリオット(右)と

小泉政権後は、慶應義塾大学総合政策学部の教授[11]のほか、日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、関西大学会計専門職大学院客員教授を務めている[12]河野太郎山本一太世耕弘成らが結成した勉強会「プロジェクト日本復活」では顧問に就任している。また、人材派遣業パソナにて特別顧問を務めたのち、同社の親会社であるパソナグループの特別顧問を経て取締役会長に就任した。

顧問団[編集]

2008年には韓国政府のアドバイザーとして顧問団に迎えられ、李明博という人物の颯爽と物事に対応する姿勢や前向きな政策論など、李明博が持つ並外れた強さに大いに感銘を受けたと語っている[13]

公募委員[編集]

2012年9月、日本維新の会が、2012年衆院選の候補者を、選定するための「公募委員会」委員長に起用された[14]

安倍政権[編集]

第2次安倍内閣では、2013年1月8日日本経済再生本部の「産業競争力会議」メンバーに内定[15]。現在は、民間議員という立場にある[16]

2014年1月からは、国家戦略特区の特区諮問会議メンバーとしても、活動をしている[17]

2014年1月6日田原総一朗宮内義彦ら共に、NPO法人万年野党を設立。5月31日、国家戦略特区のシンポジウム東京六本木で開催した[18]

政治家として[編集]

2009年6月18日に韓国ソウルで開かれた世界経済フォーラムにて

金融再生プログラム[編集]

金融再生プログラムは通称「竹中プラン」と呼ばれ、不良債権処理を推進すると就任時に演説した小泉総理の命を受け、経済財政政策担当大臣に着任、その後の内閣改造では金融担当大臣を兼務した。竹中の手により不良債権処理プログラムが作成され、銀行の資産査定についてDCF法を採用し厳格化すること、繰延税金資産の計上を適正化すること、自己資本比率の劣る銀行は公的資金を注入することなどの方針が定められた[19]

資産査定を厳格化した結果、りそな銀行の自己資本比率は基準を下回り[20]足利銀行債務超過であることが判明した[21]。これらの銀行は預金保険機構により公的資金注入を受け、また粉飾会計を行っていた経営陣は後に刑事告発され有罪判決を受けた。

研究開発費の一律費用処理[編集]

会計基準の見直しにより、繰延資産の「試験研究費」を廃止し、研究開発費の一律費用処理を求めた。これについて、田淵隆明はSAPジャパンのコラムや衆議院の消費税の公聴会などで、我が国の製造業の弱体化と人材の流出の元凶であるとして早期の是正を求めている[22]。研究開発の場合と同様、設備投資も失敗に終わることは珍しくなく、そうした場合は未償却部分を減損損失として処理する。設備投資では最悪の場合、埋没費用として処分のための新たな費用が発生することがあるが、設備投資より研究開発投資の方がリスクは高いとみるのが一般的である。しかし、設備投資に準じて扱うべき研究開発投資も多々存在することもまた事実である。

ところが、日本では単年度ベースでの一律費用処理を求めることとなったため、製造業の弱体化と人材の流出の元凶となっているというのが田淵の主張の主旨である。田淵によれば、G7では日本を除く英・仏・独・伊はもちろんのこと、米・加でも償却資産として資産計上することが可能となっている[22]。実務的には、多くの研究開発案件を抱える大企業は研究開発費用を経年で平準化させ得るが、対外的に収益性を重視せざるを得ない中小企業(近々の株式公開を目指していたり銀行融資に対する旺盛な資金需要を有する伸び盛りの企業等)では、研究開発費の一律費用処理はむしろ悩みの種となる。このためこの問題は現在でも論議を呼び起こしている。

郵政民営化[編集]

郵政解散後の第3次小泉内閣にて郵政民営化担当大臣に登用され、法案作成に携わった。これは郵貯・簡保の資金を外資に売り渡すためであったと批判されている[要出典]。 三ヶ月間の政府与党協議では特に徹底して罵詈雑言を浴びせられ[23]総務大臣麻生太郎とは激しく対立し麻生からは「あんたは霞ヶ関に嫌われている。あんたが言うから、皆反対に回る」[24]、また官邸閣議では参加者から「いつか仕返ししてやる」と吐き捨てられた[25]

当初、野党民主党は欠席戦術を敷いていたが、郵政解散後は審議に参加するようになった。(#郵政民営化広報チラシ問題#「アメリカ追従」批判[26]

税制[編集]

戦後日本の極端な累進課税制は“悪しき結果平等”の価値観を普及させたとして、資本・労働など生産要素に対する課税を大幅に低下させ、かつ税率をフラット化する「フロンティア型の税制」を推奨しており、各労働の潜在能力を積極的に発揮させる意味で、所得税の最高税率を引き下げることが緊急の課題であるとしている[27]。 サラリーマンのうち30%は所得税を一銭も払っておらず[28]、勤労意欲を失うような税制にすべきではない[29]、価値を産みだしている人を罰するつもりでないのなら、税にあまり差を付けない方がいい[30]としている。また、将来的には、収入に関係なく一律に課税する人頭税へ切り替えることを視野に入れた議論を行うことも必要だとしている[27]

格差問題[編集]

「改革で格差が広がったということはない」と発言している[31]OECDの統計では、構造改革期に格差が縮小したことが示されている[32]

今日の格差批判は「金持ちはけしからん」という社会主義的格差感であり[33]、「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになるわけではない」というマーガレット・サッチャーの言葉を引用して、高い所得を得ている人がいること自体は解決すべき問題ではなく、努力しても貧しい人たちに社会的救済が必要であると述べた。ゆえに格差論ではなく、貧困論を政策の対象にすべきとしている[34]。また、「格差ではなく、貧困の議論をすべきです。貧困が一定程度広がったら政策で対応しないといけませんが、社会的に解決しないといけない大問題としての貧困はこの国にはないと思います」[35]と述べた。ただし、政府として貧困調査をきちんとすべきであると発言している[36][37]

労働政策については、今日本に一番求められているのは積極的労働市場政策[38]だとし、「団塊の世代の中間管理職が失業すると仕事はない理由は簡単で、役に立たないからです」[38]としている。

非正規雇用については、正社員と非正社員の区別自体が妥当でない、オランダのように全員を正社員にするべきであると述べた[39][40]。そのとき正社員個人の所得は低下するが、日本では正社員のほとんどは必要以上の所得を得ていることを指摘した[33]。また、「問題は、今の正規雇用に関して、経営側に厳しすぎる解雇制約があることだ」と主張し、「解雇規制を緩和する、新たな法律を制定することが必要だ」と述べている[41]。「安倍晋三内閣同一労働同一賃金の法制化を行おうとしたが(労働ビッグバン)、既得権益を失う労働組合や、保険や年金の負担増を嫌う財界の反対で頓挫した」と述べ、経済的不平等の改善には改革が急務であると主張している[37]

「格差が拡大する、それほど激しい競争は日本社会にはない」とし、「ほとんどが制度的な格差ですよ」と述べている[42]

「アメリカ追従」批判[編集]

郵政民営化など、竹中が進めた経済政策について、「アメリカのいいなりの経済政策を行っている」(対米従属)という批判に対し、竹中は「民間でできることは民間でやることが国民や国全体のためになるという思いでやっている」(官から民へ)、「アメリカのためにやるなどと考えたこともない」などと答弁した[43]。また、「規制緩和既得権を失う人たちが、私のことを憎いと思って、そういう感情的なレッテルを無理矢理貼っている。これは抵抗勢力の常套手段です」とも発言している[44]ノーベル賞経済学者ジョセフ・E・スティグリッツから寄せられた批判では、ワシントン・コンセンサスの実現によって「格差社会」が世界中に広がっているとされ、その中で竹中の経済政策も槍玉に挙げられた。

郵政民営化は小泉就任前の持論であっただが[45]、野党は米国政府からの「年次改革要望書」などで示されるアメリカの要望に基づいたものではないかと批判し、これに竹中は「だれがどうこう言ったからということではなくて、国民の経済厚生を高めるために改革を行うという点に基づいて私は改革を進めている」[46]、「郵政の問題について外国の方から直接要望を受けたことは一度もない」「報告書の内容をこれまで読んだことはなかった[45]」と言明した。民主党の櫻井充は、米国通商代表ロバート・ゼーリックから竹中へ宛てた再任祝いの手紙を公表し[45]、それに絡めて民営化された郵政会社がアメリカに買収される可能性を指摘し「拙速にこういう民営化など必要ない」と主張した[47]が、竹中が個人私信であるレターのコピーを何故持っているのかと切り返したところこれは撤回された[45]

また「新自由主義者」と呼ばれる事に対し、「郵政事業の民営化はオランダでもドイツでもイタリアでも実行されたが、だから新自由主義だなどと評された例はない。私のどこが新自由主義者なのか」「新自由主義だからウンヌンではなく、各論を論議すべき」と発言している[48]

発言[編集]

物価が下がることはよいことであるが、本来ならそれに応じて賃金も下がらなければならない。[編集]

2001年、当時経済財政担当大臣であった竹中は『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』(106頁)において、次のように述べている。「物価が下がることはよいことであるが、本来ならそれに応じて賃金も下がらなければならない。ところが、現実は賃金は下げられない。売り上げが下がっても賃金は下げられないため、企業収益に対する労働分配率が上がってしまった」

「ETFは絶対儲かる」発言[編集]

2003年(平成15年)2月7日、閣僚懇談会において、各閣僚に上場投資信託(ETF)を積極的に購入するよう要請した同日の記者会見において、記者からETFを買いますかと問われた際、絶対もうかると思うから買うという趣旨の発言をした。

この竹中の発言は、金融市場を監督する内閣府特命担当大臣(金融担当)であるにもかかわらず特定の金融商品の有利性を喧伝している、ETFは元本が保証されない金融商品であるのに「絶対儲かると思うので買う」と発言するのは問題があるなどと批判された。

第156回国会では野党を中心に批判が強まり、仮に証券外務員が顧客に対してこのような発言をすれば違法行為になる、金融のトップがお墨付きを与えたと受け取られるような発言が悪用される恐れがある、などと批判がなされた。まず衆議院財務金融委員会では、五十嵐文彦から「証券会社の営業マンが、絶対もうかるから買いなさいと言ったら、これは言ってはいけないこと」[49]と指摘がなされたうえで、証券会社の従業員が自ら発言せずとも竹中の発言を援用して金融商品を販売した場合、問題になるのではないかと質された[49]。同様に、衆議院本会議において、山花郁夫から「金融担当大臣としてこうした発言をすれば、どこかで悪用されることは十分にあり得る」[50]と批判され「仮に、証券会社の営業マンが、ホームページに掲げられていた旨を告げ、あるいは、そのホームページのコピーを示してETFの勧誘を行った、こういうケースの場合、証券取引法四十二条その他関係法律に違反する」[50]と指摘された。

竹中は当初、「絶対もうかるから買いなさいというような趣旨で言ったのではなく、(記者に)買いますかというふうに聞かれて、投資家として絶対もうかると思っており、買うと言ったのだから訂正云々という問題ではない」[49]としていた。同年2月14日の国会審議にて「誤解されかねない部分があったという面においては、必ずしも適切ではなかった」と自身の発言に問題があったことを認めた[50][51]。また、証券会社が竹中の発言を引用した場合の是非についても、竹中は「証券会社の外務員等が顧客にETF購入を勧誘する際、私の発言を引用し、悪用して、ETFの価格について断定的判断を提供して勧誘していると認められるような場合には、証券取引法に違反する」[50]と認め、誤解を招く可能性があったとして謝罪した。

一連の騒動について、内閣官房長官福田康夫は、「公の場での発言としては多少問題があった」との見解を示した[51]。同日、竹中は金融庁のウェブサイト[52]から該当発言を削除した[53]

なお、ETFの価格はこの発言から竹中が政界を引退する2006年までに概ね2倍以上に値上がりした[54][要検証 ]

「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」発言[編集]

BS朝日・朝日ニュースター放送の番組『竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方』にて「民営化した日本郵政アメリカに出資せよ」との見解を語った。米国のバブル経済が崩壊し、サブプライムローンに端を発した問題が顕在化し始めていたさなかの2008年4月の番組にて提案している。

竹中は一連の問題を「サブプライムローンそのものが悪いわけではない、リスク管理が甘く慎重に審査して貸しつけていなかった、一義的には金融機関経営に失敗したということ、銀行としては証券化してリスク分散したはずが、結果的にリスクが社会中に広がってリスク拡散になってしまった。それが今回のサブプライム問題の本質。」「一番の責任者をグリーンスパンFRB議長が行ったことに問題があったという穿った見方も強いが、誰かに責任を着せるのではなく前向きに対処を考えていかなければいけない。問題は誰にも予想できなかったこと。」

と一連の問題を評した上で「民営化した郵政はアメリカに出資せよ」との見解を語った。

「そこで今回ニッポンの作り方として『民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ』と申し上げたい。ある国が政治的な意図をもってアメリカの金融機関を乗っ取ってしまったら、アメリカ経済が影響を受けるのではという懸念も出てきている。 日本郵政は民営化したので、今はSWFではない。だからアメリカから見ると安心して受け入れられる民間の資金。アメリカに対しても貢献できるし、アメリカの金融機関に出資することで新たなビジネスへの基礎もできる。」として郵政マネーをアメリカへ出資すべきとの見解を語った。[55]

「too big to fail」発言[編集]

ニューズウィーク2002年10月16日号で「四大銀行であっても、“too big to fail”(潰すには大き過ぎ)の考えはとらない」と発言し、日経平均株価を暴落させた。マスコミも「金融システムの安定に責任を持つ金融相の発言としては、軽率極まりない。片岡直温蔵相の失言が引き金になった昭和二年の金融恐慌を想起させる(読売新聞社説)」と批判し、国会で追及された。「誤解を招いたとしたら不徳の致すところだ」と陳謝しつつ、「そんな発言はしていない」と弁解。

その後、メガバンクを含む金融機関の再編が進み、竹中が政界を引退する2006年までに金融システムは安定化した[要検証 ]

日本経済は余命3年[編集]

書籍『日本経済 余命3年』の中で竹中は「日本経済は余命3年」との見解を示した。著書は池田信夫土居丈朗鈴木亘との共著で、2010年11月にPHP研究所により出版された。この中で「2012年-2013年までが最後のチャンスとし、政府の債務残高は今後2、3年で約1100兆円に達する見込みで、このまま家計の純資産1100兆円を上回る国債発行がなされると、国内貯蓄で政府債務を吸収できなくなり、債券安・株安・円安のトリプル安になり日本は財政破綻へ向かうであろう」との見解を語っている[56][57][58]

またこのまま2015年からは広義団塊の世代が年金受給年齢に入り、社会保障費が増大することも踏まえると、2012年-2013年までがこうした状況を見直す最後のチャンスであり、それを超えて今の状況が続くと何が起こるかわからない。国債に関して「最悪のシナリオとして、国債の暴落とそれに伴う金利上昇により、株価が下がり、日本経済のファンダメンタルズ全体に対する信頼の揺らぎから、通貨が売られ円安となり、債券安・株安・円安のいわゆるトリプル安となり日本は破綻するという可能性があり、これを防ぐためには、市場の期待値を保つことが重要である。」との見解を語っている。

不良債権は1.5倍に増え、失業率も急騰するけれども、その後に成長できる[編集]

2012年7月8日の投資家向けセミナー(当時は2007年7月の半値に日経平均株価が低迷していた)において、次のように発言。「(雇用調整給付金を止めれば)不良債権は1.5倍に増え、失業率も急騰するけれども、その後に成長できる。」[59]

若者には貧しくなる自由がある。そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな[編集]

東洋経済でのインタビューで次のように述べた。「(若い人に1つだけ言いたいのは)みなさんには貧しくなる自由がある」「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな。」[60]

トラブル[編集]

木村剛との関係[編集]

金融担当大臣時代に、自ら木村剛を選び金融庁顧問にした。その為、木村と深い連携関係にあり、互いを擁護する発言を続けていた。小泉・竹中・木村剛ラインと言われた。

  • 竹中が2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙に立候補した際は新橋で応援演説を行った。
  • 木村が理事長を務める『フィナンシャルクラブ』の最高顧問を竹中が務めていた。
  • 木村が立ち上げた日本振興銀行を推したのも竹中。
  • 高杉良の経済小説には、竹中・木村と竹中の側近であった岸博幸の3人が、日本の経済政策を誤った方向に導く人物として仮名でたびたび登場している。

住民税脱税疑惑[編集]

1993年から1996年の4年間にわたって住民票を米国に移動させることにより日本の住民税を免れていた(フリーライド)のは脱税ではないかとの疑惑を写真週刊誌フライデー』が2002年に報じた。この疑惑は国会で追及され、竹中はその期間に関しては米国に住居を所有し、一年のうち日本で活動する4月から7月までを除いて米国で家族とともに生活していたこと、主な所得は慶應義塾大学の助教授としての給与から得ていたことなどを明らかにした[8][61]。また、米国での所得は原則として得ていないものの、同国の地方税(住民税)は支払っていると主張したが、納税証明の提出については拒否した[62]

2003年、竹中は疑惑を報じた『フライデー』を発行する講談社に対し、名誉毀損を理由に損害賠償等請求訴訟を東京地方裁判所に起こした。裁判は2004年9月に「登録移転は脱税目的ではない」として講談社に200万円の賠償を命じる判決が出され、竹中が勝訴する。これに対し、講談社は直ちに東京高等裁判所に控訴するが、高裁は「脱税の事実が証明されていない」として地裁判決を支持したうえで、賠償額を120万円に減額して控訴を棄却した。講談社はさらに最高裁判所上告するが、2006年2月23日、最高裁は上告を退け講談社側の敗訴が確定した[63]

これらの判決によって、疑惑報道が十分な裏付けのないものであったことが認められたが、主に構造改革路線に反対する立場の格好の標的となり、様々な批判が浴びせられている[64][65]

郵政民営化広報チラシ問題[編集]

内閣府政府広報室が頒布した郵政民営化を広報する新聞折り込み広告について、野党は以下の点を追求した[66]

  • 竹中の政策秘書の『知り合いの人物が経営する会社』に発注したこと[66]
  • その契約が随意契約であること[66]
  • 竹中もしくは秘書官が『圧力』をかけたのではないかということ[66]

また、契約も配布先も決まっていない段階で仕事が進められていたことや、登記簿を調べないで契約していたことなどが明らかにされた[67]。また、広報の作成並びに契約等々の経緯についての政府参考人の答弁や説明において意図的な資料の改ざんがあったのではという指摘をうけたことに対し、政府広報室を管轄する内閣官房長官の細田博之が遺憾の意を示した。竹中も大臣として謝罪を求められたが、個別の契約行為は自分の所管外だと答弁している。竹中は会社社長と名刺交換したことはあるが、食事をしたこともなく特別な関係はないとしている[66]。また、「随意契約の場合、契約書の締結が必要」との会計法の定めを発注担当者が順守していないため同法違反だという指摘に対しても、内閣府政府広報室の業務については所管外であり「答弁する資格がない」と回答している[66][68]。また、契約についての想定問答集やIQ(知能指数)の低い層にターゲットを絞った広報戦略を示した同社の資料についても承知していないと述べた[68]

ミサワホーム売却問題[編集]

ミサワホーム産業再生機構を経てトヨタ自動車に売却される過程で、竹中らによる「公権濫用」があったとミサワホーム元会長が告訴(訴追には至らず)。

2004年(平成16年)12月28日、ミサワホームが経営不振から産業再生機構の管理下におかれ、翌年3月31日、トヨタ自動車がミサワホームのスポンサーになることが決定した。このミサワホーム売却を巡り、ミサワホーム創業者の三澤千代治側が竹中を警視庁に刑事告発した。

2002年(平成14年)5月、兄・宣雄(当時ミサワホーム東京社長)が「弟の平蔵と話しているのだが、(産業)再生機構を活用したらどうか」と三澤(当時ミサワホーム会長)に提案した。三澤はその提案を拒否したが、その後ミサワホームの経営状況は悪化の一途を辿り、不良債権化の懸念が強まった。2003年(平成15年)10月、竹中宣雄が「弟から電話があった。トヨタの奥田会長と会ってほしい」と三澤に再度要請した。くわえて、会談の前日には平蔵自らが三澤に日時の確認を行っていた。

これらの行為に対し、三澤は「国務大臣としての職務を逸脱した一企業への圧力であり、職権濫用にあたる」と主張し、刑法193条に基づき「公務員職権濫用罪」容疑で警視庁に刑事告発した。竹中側は「適正な職務執行であり、職権濫用ではない」と反論しており、三澤の主張を否定している。国会審議でも竹中の言動について取り上げられたが[69]、竹中自身は指摘された事実はないとして、三澤側の主張に反論している[70]。結局、訴追には至っていない。

共同研究の無断販売[編集]

2005年(平成17年)、『月刊現代』は竹中の処女作『開発研究と設備投資の経済学』(東洋経済新報社 1984年7月)の内容は「設備投資研究所」時代の同僚・鈴木和志(現在明治大教授)や日本開発銀行での同僚高橋伸彰(現在立命館大教授)との共同研究の成果であり、その同僚は自分単独の名前で発表したいとの竹中からの申し出を断っていたのに、勝手に竹中の単独の著書として出版されたことにショックを受けたことなどを報じた[5]

業務停止命令の金融会社の広告塔[編集]

2013年10月、金融商品取引法違反で業務停止命令を受けたアブラハム・プライベートバンク[71]の関連メディアのゆかしメディアにたびたび出演し、日銀副総裁に就任する前の岩田規久男とともに広告塔として活躍していた[72]。なお、岩田は自身については「謝礼などは一切受け取っていない」「インタビュー以外の関係はない」と説明している[73]

サクセス・コーチの広告塔[編集]

成功哲学自己啓発の双方の要素をあわせ持つサクセス・コーチの第一人者、アンソニー・ロビンズが2014年4月に初来日したときのセミナー講師陣のひとりとして講演を行った[74]。トラブルとはならなかったが、見識が疑われた[要出典]

不祥事[編集]

国民年金保険料の未納[編集]

2004年(平成16年)4月28日国民年金の保険料を支払っていなかったことが発覚した。一般市民により国民年金法違反容疑で大阪地方検察庁堺支部に告発されている。

役職[編集]

人物[編集]

  • 国公立大学大学院教職にあるものの兼業規定を廃止することを声高に主張した。学が政・官・財の癒着構造を促進し、結節点となり始めているという批判がある[誰?]
  • 下村治に憧れ経済学者となったとしている[75]
  • 野球観戦や音楽鑑賞とともに「構造改革」を趣味の一つとして挙げている。
  • フォークグループのアリス、およびメンバー谷村新司のファン。また鉄道ファンでもある[76]

受賞歴[編集]

  • サントリー学芸賞: 受賞作『研究開発と設備投資の経済学-』
  • エコノミスト賞: 受賞作『対外不均衡のマクロ分析』

出演[編集]

テレビ[編集]

ビデオ[編集]

ラジオ[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

編纂[編集]

監修[編集]

  • 東京財団編『「日本再生」へのトータルプラン――決定版――政策課題2001』朝日新聞社、2001年。ISBN 402257657X

翻訳[編集]

寄稿[編集]

  • 竹中平蔵稿「J・A・シュンペーター――経済発展の本質をとらえる」日本経済新聞社編『現代経済学の巨人たち――20世紀の人・時代・思想』日本経済新聞社、1994年。ISBN 4532142652
  • 竹中平蔵稿「デジタル革命と21世紀の日本社会」手嶋彩子編『デジタルエコノミー2001――日本とアメリカ』フジタ未来経営研究所、2001年。ISBN 4901322001

評伝[編集]

  • 佐々木実 『市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』 講談社、2013年。ISBN 4062184230

関連項目[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『リベラルタイム』2005年10月号「売国奴か?改革者か?「竹中平蔵」の研究」 p.22-23
  2. ^ a b c d e 『文藝春秋』2003年11月号
  3. ^ 経済ってそういうことだったのか会議 2000, p. 339.
  4. ^ 日本経済新聞2009/06/18
  5. ^ a b 佐々木実「竹中平蔵 仮面の野望(前編)」講談社月刊現代』(2005年12月号)
  6. ^ a b c 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006.
  7. ^ 塩田潮「竹中平蔵の挑戦…政治を目指した学者の軌跡」『論座』2005年
  8. ^ a b 第153回国会 衆議院 内閣委員会第3号 平成13年(2001年)11月28日(議事録
  9. ^ 経済戦略会議『短期経済政策への緊急提言1998年10月14日
  10. ^ 経済戦略会議「日本経済再生への戦略」『経済戦略会議答申1999年2月26日。
  11. ^ 慶應大学HP 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 教員プロフィール
  12. ^ 関西大学 会計専門職大学院HP教員教育顧問紹介>客員教授
  13. ^ 新潮文庫 波 2008年10月号 不屈の指導者のドラマティック人生
  14. ^ 維新の衆院選候補者選定、委員長に竹中平蔵氏”. 日本経済新聞 (2012年9月27日). 2012年12月29日閲覧。
  15. ^ 諮問会議、民間議員に伊藤元重氏ら起用へ 競争力会議は竹中・三木谷氏ら”. 日本経済新聞 (2012年12月28日). 2012年12月29日閲覧。
  16. ^ 政府、特区諮問会議の民間議員に竹中氏ら内定 官房長官が発表”. 日本経済新聞 (2012年12月28日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月14日閲覧。
  17. ^ 「岩盤規制」の突破口となる国家戦略特区、その生命線はスピード感”. 日経BP (2014年1月27日). 2014年4月13日閲覧。
  18. ^ 【万年野党】田原総一朗ら登壇 国家戦略特区シンポジウム開催”. ガジェット通信 (2014年5月31日). 2014年6月15日閲覧。
  19. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 75.
  20. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 113.
  21. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 129.
  22. ^ a b エッセイ:IFRS再開の動きとシステム監査 - 日本システム監査人協会近畿支部
  23. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 186.
  24. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 191.
  25. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 193.
  26. ^ 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 210.
  27. ^ a b 文藝春秋(編)『日本の論点’99』文藝春秋 1998年11月 ISBN 4-16-501500-8
  28. ^ 経済ってそういうことだったのか会議 2000, pp. 94-95.
  29. ^ 経済ってそういうことだったのか会議 2000, pp. 76-77.
  30. ^ 経済ってそういうことだったのか会議 2000, p. 86.
  31. ^ 【金曜討論】小泉構造改革 慶大教授・竹中平蔵氏、作家・高杉良氏 (1-5ページ) 産経新聞2009年3月6日
  32. ^ OECD (2008), Growing Unequal? : Income Distribution and Poverty in OECD Countries (Report). OECD. (2008-08-21). doi:10.1787/9789264044197-en. http://www.oecd.org/dataoecd/45/58/41527388.pdf. 
  33. ^ a b アサヒ芸能』(2007年2月8日号)
  34. ^ 【竹中平蔵】将来のために今、正すべき問題点から目をそらすな
  35. ^ 『朝日新聞』2006年6月16日
  36. ^ 竹中平蔵氏 第4話:「社会主義を目指して改革を進めているのではない」 言論NPO
  37. ^ a b 『勝間和代のお金の学校』
  38. ^ a b 経済ってそういうことだったのか会議 2000, pp. 322-324.
  39. ^ 【竹中平蔵】"日本版オランダ革命"に取り組め/同一労働同一賃金 ポリシーウォッチ
  40. ^ 「改革の配当」を活用して持続可能な経済システムの構築を 慶応大学湘南藤沢キャンパスSFC FORUM
  41. ^ 『竹中平蔵のポリシー・スクール』2009年2月1日 「雇用は健全な三権分立から」 日本経済研究センター
  42. ^ 田原総一朗×竹中平蔵対談 最終回「日本企業がサムスンに勝つために」 現代ビジネス
  43. ^ 第161回国会 衆議院 予算委員会 第3号 平成16年(2004年)10月19日(議事録
  44. ^ 「日本人よ、格差を恐れるな」( 『文藝春秋』 ) 2006年5月号
  45. ^ a b c d 構造改革の真実 2006, p. 220.
  46. ^ 第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会 第9号 平成17年(2005年)6月7日 (議事録
  47. ^ 第162回国会 参議院 郵政民営化に関する特別委員会 第12号 平成17年(2005年)8月2日(議事録
  48. ^ 『中央公論』2008年11月号
  49. ^ a b c 「第156回国会――財務金融委員会――第3号」『衆議院会議録情報 第156回国会 財務金融委員会 第3号国立国会図書館2003年2月12日
  50. ^ a b c d 「第156回国会――本会議――第8号」『衆議院会議録情報 第156回国会 本会議 第8号国立国会図書館2003年2月14日
  51. ^ a b 第156回国会 衆議院 予算委員会第11号 平成15(2003年)年2月14日(議事録
  52. ^ 竹中大臣記者会見要旨」2003年2月7日(金融庁公式ウェブサイト
  53. ^ 竹中大臣記者会見要旨」2003年2月18日(金融庁公式ウェブサイト)
  54. ^ 日経225連動型上場投資信託の場合、8,000円前後から16,000円程度まで値上がりしている
  55. ^ [1]サブプライム危機の真実 
民営化した郵政はアメリカに出資せよ
  56. ^ 経済の死角 激論vol.1「日本の財政破綻は本当に起きるのか」 エコノミスト、論客たちが徹底討論「2011年 どうなる日本経済」vol.1現代ビジネス 2011年1月20日
  57. ^ ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2010年6月8日 Peter Stein
  58. ^ 『日本経済「余命3年」』PHP研究所
  59. ^ 竹中平蔵氏講演“楽には生きられない日本”で戦う術教えます。楽天セミナー 2012年7月9日
  60. ^ 竹中平蔵(下)「リーダーは若者から生まれる」東洋経済 2012年11月30日
  61. ^ 第154回国会 衆議院 予算委員会 第11号 平成14年(2002年)2月15日(議事録
  62. ^ 住民税脱税犯における偽計行為
  63. ^ ご報告竹中平蔵公式ウェブサイト
  64. ^ 「竹中大臣は住民税を払っていない?8年で4回の『米国移住』『住民票の移動』は節税対策か」『文芸春秋』2002年5月号など
  65. ^ 「これでいいのか!?安倍政権の経済政策」チャンネル桜 2014年7月5日 上村シーラ千賀子氏による発言
  66. ^ a b c d e f 構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌 2006, p. 211.
  67. ^ 第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会第20号 平成17年(2005年)6月29日(議事録
  68. ^ a b 第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会 第19号 平成17年(2005年)6月23日(議事録
  69. ^ 第162回国会 予算委員会第七分科会 第1号議事録
  70. ^ 第164回国会 予算委員会 第5号 平成十八年三月六日(月曜日)議事録
  71. ^ アブラハムに業務停止命令6カ月間、金融庁方針朝日新聞デジタル 2013年10月11日
  72. ^ 「いつかはゆかし」の化けの皮FACTA online BUSINESS 2013年4月号
  73. ^ 日銀副総裁、謝礼受領を否定=アブラハムサイトに記事掲載時事ドットコム 2013年10月4日
  74. ^ セミナーズフェスタ2014 Spring - 世界的指導者たちのメンター アンソニー・ロビンズ
  75. ^ 竹中平蔵 『竹中教授の14歳からの経済学』 東京書籍、2009年、34頁。
  76. ^ トクベツキカク - SmaSTATION-5
  77. ^ 『週刊東洋経済』平成14年11月9日号「「経世済民」を志した和歌山の少年時代」

外部リンク[編集]

公職
先代:
麻生太郎
日本の旗 総務大臣
第6代:2005年 - 2006年
次代:
菅義偉
先代:
名称変更
日本の旗 特命担当大臣経済財政政策
第4・5・6代:2003年 - 2005年
次代:
与謝野馨
先代:
名称変更
日本の旗 特命担当大臣金融
第4・5代:2003年 - 2004年
次代:
伊藤達也
先代:
柳澤伯夫
日本の旗 金融担当大臣
第3代:2002年 - 2003年
次代:
名称変更
先代:
麻生太郎
日本の旗 経済財政政策担当大臣
第3代:2001年 - 2003年
次代:
名称変更
ビジネス
先代:
新設
パソナグループ会長
初代:2009年 -
次代:
現職