田村憲久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田村 憲久
たむら のりひさ
生年月日 1964年12月15日(49歳)
出生地 日本の旗 三重県松阪市
出身校 千葉大学法経学部経済学
前職 衆議院議員田村元秘書
所属政党 自由民主党(無派閥)
称号 経済学士
親族 伯父・田村元
祖父・田村稔
公式サイト 田村のりひさホームページ

内閣 第2次安倍内閣
任期 2012年12月26日 - 2014年9月3日
所属委員会 内閣委員会(理事)
憲法審査会
議員会館 衆議院第1議員会館902号室

選挙区 三重4区→)
比例東海ブロック→)
三重4区
当選回数 6回
任期 1996年10月21日 - 現職
テンプレートを表示

田村 憲久(たむら のりひさ、1964年(昭和39年)12月15日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)。

厚生労働大臣第2次安倍内閣)、総務副大臣第1次安倍内閣)、文部科学大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、厚生労働大臣政務官第1次小泉内閣)、衆議院厚生労働委員長、自民党副幹事長等を務めた。

伯父は労働大臣運輸大臣通商産業大臣衆議院議長を務めた元衆議院議員の田村元。祖父は元衆議院議員の田村稔。

来歴[編集]

三重県松阪市生まれ。三重県立松阪高等学校千葉大学法経学部経済学科卒業。大学卒業後の1987年(昭和62年)、生家のファミリー企業である日本土建に入社[1]1994年(平成6年)から伯父・田村元の秘書を務める。

1996年(平成8年)、引退する伯父・元の地盤を引き継ぎ、第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で三重4区から出馬し、初当選。

2002年(平成14年)に第1次小泉内閣厚生労働大臣政務官2003年(平成15年)に第1次小泉第2次改造内閣文部科学大臣政務官に任命。2003年から自民党三重県連会長を務める。2006年(平成18年)に発足した第1次安倍内閣では総務副大臣を務めた。

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では、三重4区で民主党森本哲生に敗れるが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し5選(惜敗率2位)。2010年(平成22年)9月に新設された自由民主党シャドウ・キャビネットで影の厚生労働大臣に就任[要出典]

2012年(平成24年)12月の第46回衆議院議員総選挙では、三重4区で前回敗れた森本を下し6選。選挙後に発足した第2次安倍内閣で厚生労働大臣に任命され、初入閣。2014年(平成26年)の内閣改造で退任。同年にそれまで所属していた額賀派を退会し無派閥となった[2]

政策・主張[編集]

活動・報道[編集]

徳洲会との関係[編集]

2013年5月17日頃、医療法人徳洲会グループの副理事長ら最高幹部4人と料亭で会食していたことが判明した。現職閣僚が監督業界に当たる医療法人の幹部らと料亭で会食するのは極めて異例[6]。この席では、自民党の園田修光が立候補した同年7月の参議院選挙運動の支援を要請していたことも判明。11月8日の厚生労働委員会で田村は「幹部と会ったかどうかは定かでない」と強調していたが、13日の同委では「同僚議員に誘われた酒席に徳洲会の方々がおられた」と認めた。田村は徳田毅陣営の選挙違反事件捜査に関わる話はしていないとしているが、産経新聞は徳洲会が病院職員らを使った選挙運動をしていることを田村が認識していた場合は、大臣の資格にかかわる問題になりそうだと指摘している[7]

料亭代金の支払いについて田村は自分が払ったとも徳洲会に払ってもらったともしていないが、もし徳洲会側が支払っていた場合、所管団体からの供応接待を禁じた大臣規範に抵触する可能性が高い。同年春頃には、徳洲会上層部が修復腎移植問題に関する陳情のために田村との接触を図っていたとの証言もあり、これが事実であれば「プライベートの席」という田村の説明は説得力を失う[8]

また、同年6月に園田とともに訪れた徳田の姉(同事件の公職選挙法違反容疑で逮捕)と大臣室で面会していたことについて、当初は徳田が姉に同行していたと説明したが、数分後に園田だったと訂正。面会の経緯については、「(徳田の姉は)通っている眼科医で、園田に付いてこられた」「たわいもない話をして帰られただけ」と説明したが、産経新聞が「苦しい釈明を繰り返した」と報じ[9]、民主党の大西健介は「選挙直前の多忙を極める時期にたわいもない話をしに来るはずがない」と批判した[8]

田村は徳洲会との関係について「そもそも『徳洲会』と私はつきあいがほとんどなく、政治献金を受けたりパーティー券を買ってもらったという記録は全くない」と述べているが[10]、2012年分の政治資金収支報告書によると徳洲会が田村の政治資金集めパーティー券2万円分を購入していたことが判明している[11]

パソナグループの接待施設訪問[編集]

2014年、しんぶん赤旗に、田村が厚生労働相として労働行政を所管するにもかかわらず、規制緩和利益をあげる人材派遣会社大手のパソナグループの接待施設「仁風林(にんぷうりん)」を訪れたことが判明し、田村も同年5月28日の衆議院厚生労働委員会においてこれについて認めた、と報道された[12]

人物[編集]

  • 自民党内では平成研究会の先輩である鳩山邦夫の側近として知られ、会食や勉強会を共にすることが多かったが、鳩山が自民党を離党した際は同調せず、自身は自民党に残留した(後に鳩山は自民党に復党)[要出典]
  • アベノミクスの名付け親である。[要出典]

所属団体・議員連盟[編集]

出演番組[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
三井辨雄
日本の旗 厚生労働大臣
第16代:2012年 -2014年
次代:
塩崎恭久
先代:
菅義偉
山崎力
日本の旗 総務副大臣
大野松茂と共同
2006年 - 2007年
次代:
佐藤勉
魚住裕一郎
議会
先代:
茂木敏充
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2008年 - 2009年
次代:
藤村修