佐藤勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
佐藤 勉
さとう つとむ
生年月日 1952年6月20日(62歳)
出生地 日本の旗栃木県下都賀郡壬生町
出身校 日本大学工学部
前職 間組従業員
所属政党 自由民主党谷垣グループ
称号 工学士(日本大学・1975年
公式サイト 衆議院議員 佐藤勉

選挙区 栃木4区→)
比例北関東ブロック→)
栃木4区
当選回数 6回
任期 1996年 - 現職
所属委員会 国家基本政策委員会(理事)
議員会館 衆議院第2議員会館902号室

内閣 麻生内閣
任期 2009年6月12日 - 2009年9月16日

内閣 麻生内閣
任期 2008年9月24日 - 2009年7月2日

当選回数 3回
任期 1987年 - 1996年
テンプレートを表示

佐藤 勉(さとう つとむ、1952年6月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自由民主党国会対策委員長(第55代)。

総務大臣第11代)・内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、国家公安委員会委員長第79代)・内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策防災)、総務副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、衆議院総務委員長栃木県議会議員(3期)等を歴任。

来歴[編集]

栃木県下都賀郡壬生町生まれ。日本大学工学部土木工学科卒業。1975年に日大を卒業し、間組に入社する。

栃木県議会議員を経て、1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で栃木4区から出馬。新進党山岡賢次らを破り、初当選。以後、栃木4区で連続4選。

党内派閥は宮澤派に所属するが、2000年加藤の乱加藤紘一と行動を共にして後は、小派閥に転落した旧加藤 - 小里 - 谷垣派に身を置き、谷垣派の解散に伴い古賀派に所属した。

2006年衆議院総務委員長に就任。2007年安倍改造内閣総務副大臣に就任し、福田康夫内閣でも再任された。

2008年麻生内閣国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策防災)に任命され、初入閣。翌2009年6月、日本郵政かんぽの宿売却問題をめぐり鳩山邦夫総務大臣が辞任したため、総務大臣・内閣府特命担当大臣(地方分権改革)を兼務する。7月の閣僚の補充人事により国家公安委員長に林幹雄が就任したため佐藤は退任し、9月まで総務大臣を務めた。

同年8月の第45回衆議院議員総選挙では、栃木4区で民主党の山岡賢次に敗北。重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、5選。なお小選挙区比例代表並立制導入以来、過去4回の選挙では栃木4区で佐藤が山岡を破り、第42回衆議院議員総選挙以降の3回は山岡が比例復活する構図が続いていたが[1]、この選挙では佐藤が初めて選挙区で落選した。

2012年10月、所属していた古賀派を退会し、自由民主党総裁を退任後間もない谷垣禎一を中心に逢沢一郎中谷元らが旗揚げした勉強会「有隣会」に参加。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、栃木4区で日本未来の党に移籍した山岡らを破り、6選。

2013年10月11日、体調不良のため辞任した鴨下一郎の後任として自由民主党国会対策委員長に就任した[2]

主張[編集]

  • 日本のTPP参加に反対[3]
  • 日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでないとしている[3]

不祥事[編集]

日本歯科医師連盟から迂回献金

2004年の東京地検特捜部が摘発した日歯連闇献金事件の捜査過程において、2001年11月に日本歯科医師連盟から自民党を経由して、当時、厚生労働政務官を務めていた佐藤に500万円が迂回献金として政治資金収支報告書に記載されずに渡っていた可能性が指摘された。民主党が佐藤を政治資金規正法違反容疑で告発し、特捜部は佐藤を収賄容疑で立件することも検討した[4]が、2004年12月、嫌疑不十分で不起訴処分とした[4][5]。その後、東京第1検察審査会による「不起訴不当」議決を受けて捜査を行ったが、2005年12月に再度不起訴処分とした[4]

佐藤は2008年の国家公安委員長就任時、献金は既に返金していると述べた[4][6]

事前選挙運動疑惑

2008年9月25日に汚染米の不正転売事件について「私も今、選挙運動ということで農家などを訪れる」と述べたが、この発言が公職選挙法で禁止されている「事前運動」に当たるとして問題視された。実際に佐藤陣営では、過去2回の衆院選で、買収や供応などを行っており、公職選挙法違反で摘発された過去があった[7]

談合6社から約1100万円献金

2009年6月25日の参議院総務委員会にて日本共産党山下芳生より、自身が支部長を勤める自民党栃木県第4選挙区支部が、宇都宮市発注の公共工事や国土交通省発注の橋梁工事で談合したとして排除勧告を受けたり、指名停止を受けたりした企業6社から献金を受けていたと批判された[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
鳩山邦夫
日本の旗 総務大臣
第11代:2009年
次代:
原口一博
先代:
鳩山邦夫
日本の旗 特命担当大臣地方分権改革
第5代:2009年
次代:
一時廃止 → 新藤義孝
先代:
林幹雄
日本の旗 国家公安委員会委員長
第79代:2008年 - 2009年
次代:
林幹雄
先代:
林幹雄
日本の旗 特命担当大臣防災
第13代:2008年 - 2009年
次代:
林幹雄
先代:
林幹雄
日本の旗 特命担当大臣沖縄及び北方対策
第12代:2008年 - 2009年
次代:
林幹雄
先代:
大野松茂
田村憲久
日本の旗 総務副大臣
魚住裕一郎谷口隆義と共同
2007年 - 2008年
次代:
石崎岳
倉田雅年
議会
先代:
中谷元
日本の旗 衆議院総務委員長
2006年 - 2007年
次代:
渡辺博道
党職
先代:
鴨下一郎
自由民主党国会対策委員長
第55代:2013年 -
次代:
現職