森英介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 森英介
生年月日 1948年8月31日(65歳)
出身地 日本の旗 東京都千代田区
出身校 東北大学工学部
学位・資格 工学博士(名古屋大学
前職 川崎重工業株式会社従業員
所属委員会 原子力問題調査特別委員長
世襲 3世
祖父・森矗昶
父・森美秀
(伯父・森曉森清三木武夫
選出選挙区 旧千葉3区→)
千葉11区
当選回数 8回
所属党派 自由民主党麻生派
党役職 千葉県第11選挙区支部長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1210号室
ウェブサイト TOP of 衆議院議員 森 英介
テンプレートを表示

森 英介(もり えいすけ、1948年8月31日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)、原子力問題調査特別委員長法務大臣第82代)、厚生労働副大臣第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、衆議院厚生労働委員長等を務めた。

父は環境庁長官、衆議院議員を務めた森美秀三木武夫元首相の妻の三木睦子伯母にあたる。

来歴[編集]

東京都千代田区生まれ(本籍地は千葉県勝浦市)。1974年東北大学工学部を卒業し、川崎重工業に入社。その後、10年近くにわたりもんじゅの構造材料ならびに溶接施工法を選定するための共同研究の作業部会に参画し、時に幹事役も務める。1984年には原子力プラント(主に高速増殖炉の主冷却系配管)の溶接研究で名古屋大学から工学博士号を授与されている。

1990年、父・美秀の死去に伴い第39回衆議院議員総選挙旧千葉3区から出馬し、初当選。当選同期に岡田克也佐田玄一郎亀井久興中谷元福田康夫石原伸晃河村建夫小林興起塩谷立古屋圭司細田博之松岡利勝小坂憲次山本拓赤城徳彦村田吉隆簗瀬進山本有二らがいる。1993年第40回衆議院議員総選挙では、旧千葉3区でトップ当選。1994年村山内閣労働政務次官に就任。小選挙区比例代表並立制が導入された第41回衆議院議員総選挙以降は千葉11区から出馬し、小選挙区で5選。

1998年、それまで所属していた宏池会を退会し、河野洋平相沢英之麻生太郎らが結成した大勇会に入会。2003年自由民主党総裁選挙では、高村正彦外務大臣の推薦人に名を連ねる。直後に発足した第1次小泉再改造内閣厚生労働副大臣に任命され、第2次小泉内閣まで務める。2007年、自民党電源立地及び原子力等調査会の会長を務めた。

2008年麻生内閣法務大臣に任命され、初入閣。在任中は、9人の死刑囚死刑執行命令を発令した。2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、千葉11区で民主党金子健一を破り、7選(金子も比例復活)。麻生内閣総辞職により、2009年9月に法務大臣を退任。

2012年12月28日、裁判官訴追委員長に就任。2013年1月28日、衆議院に新設された原子力問題調査特別委員会の委員長に就任した。

人物[編集]

  • 2008年11月18日法務委員会にて、石関貴史民主党)との国籍法改正案についての審議の中で、同法案を批判する人々から送られた業務に支障が出る程の大量のFAXに対し、「ファックスが雨霰のように送られてくる手法というのは、相手の迷惑を顧みず、しかも、来たものを一々目を通していないが、内容はほとんど同じ。こういった手法は芳しくない。他の業務の妨げにもなるし、紙ももったいない。こういう手法をとる方は好ましからざる人物であると思う」という旨の発言をしている[1]。この発言が国籍法改正問題で改正反対派が抗議活動を強める契機の一つともなった[要出典]
  • 2009年3月29日投開票の千葉県知事選挙では、自民党系県議の大半が推す森田健作ではなく、いすみ鉄道前社長の吉田平を推したものの、吉田は森田に敗れた[要出典]
  • 死刑執行を命じた9人のうち、8人は死刑確定から2年半以内の執行であった。もっとも、前任の保岡興治も3人中2人は2年半以内であり、その前任の鳩山邦夫も、最後に執行した2人は2年5か月と2年8か月であり、この傾向が続いていた。
  • 森の次に法務大臣となった千葉景子東京学芸大学附属高等学校時代の同級生である[要出典]
  • 平成16年の年金制度改革により、「(年金制度は)百年後でも絶対大丈夫ということを申し上げます」と述べた[2]

親族[編集]

森英介の親族には、昭和電工昭和火薬など森コンツェルンの創設者で衆議院議員である祖父の森矗昶をはじめとして多くの政治家がいる。

父は第2次中曽根内閣環境庁長官を務めた森美秀であり、伯父に昭和電工社長、千葉工業大学理事長を務めた衆議院議員の森曉、佐藤栄作内閣で総理府総務長官を務めた森清がいる。

また、叔母の満江は実業家の安西正夫夫人である。安西正夫・満江夫妻は2男3女をもうけたが、長男孝之皇后美智子の妹・恵美子、次男・直之住友財閥創設家の住友友成(第16代住友家当主)の娘、長女は濱口雄幸の孫で大蔵官僚の大橋宗夫などいずれも名家・著名人と婚姻関係にある。

もう1人の伯母である睦子は第66代内閣総理大臣三木武夫夫人である。このため英介は三木の甥にあたる。他に元三重県知事、衆議院議員の田中覚も義理の叔父。

日本体育協会会長の安西孝之は従兄、元参議院議員の高橋紀世子は従姉、民主党所属元衆議院議員の松崎哲久は従弟。元参議院議員佐藤泰三、第5代勝浦市長の山口和彦[3][4]も遠縁の親族(はとこ)。

政策・主張[編集]

世襲[編集]

2008年頃に自民党内で議論されていた世襲政治家の立候補制限について、「世襲家に生まれただけで排除されるのは不合理である」として強く反対した[5]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
設置
日本の旗 衆議院原子力問題調査特別委員長
初代:2013年 -
次代:
現職
先代:
鈴木俊一
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2002年
次代:
坂井隆憲
公職
先代:
保岡興治
日本の旗 法務大臣
第82代:2008年 - 2009年
次代:
千葉景子
先代:
鴨下一郎
木村義雄
日本の旗 厚生労働副大臣
谷畑孝と共同
2003年 - 2004年
次代:
衛藤晟一
西博義